やさしい気持ちで創るやきもの 陶芸 京都 吉田正和 ブログ

京都で陶芸・やきものを学び、その魅力を多くの人へ
朝日焼陶芸教室南船場講師
卜深庵(官休庵)にて茶の湯を学んでいます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

つまみ細工体験

2013-12-15 13:20:07 | 京都・旅

いつもはサポートする側ですが、ひさびさ自分でつくる時間を楽しみに行ってきました。
ほぼ1周年になる新町五条のつくるビルで開催されております、つくるビル・マルシェ。

今回はつまみ細工に挑戦。
七五三や舞妓さんなんかの髪飾りで拝見することがあるかな?という感じ。
男には無縁でしょうが、モノをつくる楽しさは同じ。

とても細かな作業。
まずは素材を知ることから始まります。
素材がもつ特性。
元に戻ろうとするところをしっかりと折りたたみ、そして固める。
花びらの角をピンとなるように意識してみる。
そして糊が乾くのを少し待ち、
用意した花びらを順に付けていきます。

自然に咲く、お花ってすごいもんですね。
そんなことを考えながら、くっつけて作業終了。
つくったものをすぐに持ち帰れるというのは、やきものにはないことなので
これもまた良し。

知らなかったことを知る楽しさ。
とても素敵な時間でした。


つまみ細工のワークショップ in つくるビル・マルシェ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鑑定士と顔のない依頼人 | トップ | 京都伝統工芸大学校 卒業・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。