やさしい気持ちで創るやきもの 陶芸 京都 吉田正和 ブログ

京都で陶芸・やきものを学び、その魅力を多くの人へ
朝日焼陶芸教室南船場講師
卜深庵(官休庵)にて茶の湯を学んでいます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライジング・ドラゴン

2013-04-15 19:00:04 | 映画、舞台、本


4/13(土)20:10 MOVIX京都 シアター4 M-1,M-2

映画を見た後もすっかり更新せぬままのブログ。
久しぶりにメモ。

ジャッキーチェン最後のアクション大作と言われる作品。
パンフレットも年表が書いてあったのですが、振り返ると1983年のキャノンボール2から
映画館で見ていたことを思い出すと30年にもなるんだと、あらためて。
いい映画をたくさん見せてもらいました。

ドキドキする映画はもちろん他にもあるのですが、
ジャッキーチェンの作品はジェットコースターのドキドキ感に近いような、
足の先まで動いてしまいそうなリアルな感覚がやはり素晴らしい。

エンドロールでのNG集も変わらずで、
変わらないままいつまでも見ていた気もするし、
リアルなアクションがゆえにそうはいかないのもわかるし。

とにかく、ドキドキ感とそれに必ずといっていいほどの笑いがくっついたりするあたりがさすが。

CGでなんとかしがちな今の映画にはない、良さがここに。


-----------------------------------

【 製作年 】 2012年
【 製作国 】 香港
【 配給 】 角川映画
【 スタッフ 】
監督・製作・脚本: ジャッキー・チェン
【 キャスト 】
ジャッキー・チェン
クォン・サンウ
ジャン・ランシン
ヤオ・シントン
リアオ・ファン
ローラ・ワイスベッカー
オリヴァー・プラット

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最終目的地 | トップ | 麗しのサブリナ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。