DOGはGODからの贈り物~僧帽弁閉鎖不全症のチワワ・チャーリー君の闘病記録~

12歳と9ヶ月の時に心臓病が判り治療をはじめました。天国からお迎えが来るまで元気で苦しまずにいられますように。

おバカな飼い主

2017年04月21日 21時56分52秒 | 闘病記録
4月19日火曜日のことだった。
前日の夜、ここのところずっとしないかった咳をしているのに気付いた。
悪化したのだろうかと心配になった。

翌朝になって、立て続けにずっと咳が出ているではないか。
これはただことではない。なぜ、急に悪くなったのか考えた。
娘も心配し、病院に連れて行こうと思っていたところ、
娘が「水がないよ。一滴もない!」
「え~?!ホントだ。」
我家はにゃんことわんこそれぞれのケージ内に
大きめの容器に水を入れている。にゃんこがなぜだかチャーリーの水を
わざわざ飲みに来ることが多いので、早く減ってしまう。

毎日かえているつもりでも、時々忘れることがある。
すっからかんになるまで、気が付かなかったことはなかったのに
してはいけない重大なミスを犯してしまった。前の晩にはなかったのかも。

そんなこともあるかもしれないと思い、ペットボトル式の舐めて滴る
水飲み容器もケージにつけてあるのだが、忘れてしまっているのか
飲めていないようだった。

体内の水分が少なくて血が濃くなると心臓に負担がかかって
うまく排出されなくなり、肺に水分が貯まる。その結果ゆえの咳だった。
大急ぎで好きなヨーグルトドリンクと水を与え、同時に備蓄してある
利尿剤をひとかけ与えた。

不思議なことにしばらくすると咳が治まった。たまに咳が出るが
今は以前と同じように元気で過ごすことができている。庭も駆け回ることが
できるし、よく食べ、よく寝るたっしゃなおじいちゃん犬にもどってくれて
本当に良かった。本当にダメ親ですまないと思っている。

鼻の毛も少し生えてきて、はげることはなさそうだね。↓




母ちゃん、お水替えるの、絶対忘れないでね。by チャーリー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 調子いいですが | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。