山ばか夫婦の山歩

高所恐怖症の爺さんと方向音痴の婆さんが・・・
馬鹿馬鹿しい山のエピソードです。

檜原城山(東京都史跡)-終

2017-03-21 17:07:06 | 山行の旅

檜原城山本丸跡に地蔵堂がありました。
僅か20m四方の場所だが南北の秋川の合流地点でもあり山全体が城の
要領を得てる。


檜原城山山頂449m

この先は浅間尾根に続いていたが、今は掘削で行かれない。

荒れていてこの先の山道も崩れているので、ここまでで引き返した。

山頂は確かに人の手で平らにされた痕跡があった。

急坂を気を付けながら下る。

春日神社を過ぎ、暫く行ってない日本の滝、百選に入る払沢の滝を見に行く。

沢沿いを進むと・・

水量の少ない時期の払沢の滝が現れました。やはりこの時期は迫力がありません。

入口まで戻り「ちとせ屋」に立ち寄り・・・

名物「うの花ドーナツ」を買い湯豆腐を食べ帰路につきました。
人に説明しても、「どこが面白いの」と言われるのが、おちですが、
こんな地味なコースでも楽しくなるのが山屋ですかねぇ。
終わり・・・


にほんブログ村← 興味のある方はココをクリックして下さい・コメントは右下をクリックして下さい
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 檜原城山(東京都史跡)-3 | トップ |   
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nousagi)
2017-03-22 20:34:04
>人に説明しても、「どこが面白いの」と言われるのが、おちですが、
こんな地味なコースでも楽しくなるのが山屋ですかねぇ。

そのとおりです。(笑)
地味でも、味がある、
それが楽しい、
そんな山歩きありますね。
nousagiさんへ (山ばか夫婦の山歩)
2017-03-23 14:20:04
自分でも、登っている時には辛さが先に立ち
なんで登るのかと問いかけながら進んで行く自分が
不思議に思います。
未踏のコースを歩く時のワクワクさは山屋以外には
解りませんよね。(笑)
こんにちわ♪ (nanekobi5963)
2017-03-24 11:36:21
地味なコースに山の魅力が隠されてることに
私もこの年になって気づき始めています

小さな山や里山
気づかなかった魅力を発見して歩くのもまた楽しい(^^♪

私も だんだん味のある山を求めるようになりました
人のあまり歩かない低山に
山…本来の魅力を感じています
歳ですかね~(笑)
nanekobi5963さんへ (山ばか夫婦の山歩)
2017-03-24 14:36:13
あまり同じ山には登らず新しいコースを探して
きましたが、なかなか近くに無くなりました。
かといって、若い時と違いロングコースはきつくまりました
ので、地図に載ってない山を探してます。
同じくこの山も藪山で誰一人会う人はいませんでした。
でも、何が出てくるか?楽しいですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む