山ばか夫婦の山歩

高所恐怖症の爺さんと方向音痴の婆さんが・・・
馬鹿馬鹿しい山のエピソードです。

檜原城山449m(東京都史跡)-1

2017-03-15 12:05:30 | 山行の旅
最近、身の回りにおいて、寺・住職・経・宗教・・・など身近に感じざるを得ない
事柄があり、がらに無く悩んでおります。(私は無神論者ですが)
まぁそろそろ終活も考えねばと思うこの頃、この城址(新ハイ)が気になり
出かけました。相棒は「花より団子」ですのでスルー・・・
テレビで近日、城山トレッキングなるものが流行りとか?歴史・城を感じながら
歩くのも良いのではと思い。

戦国時代1590年豊臣軍により小田原侵攻の際、落城、それまで北条氏の支配下に
あったこの城の麓に臨済宗(建長寺派)の吉祥寺がある。一三仏に順に手を合わせ
頂上を目指します。仏の写真が数多いので興味の無い方はスルーして下さい。

標高差190mの登りですので2時間強で下山できますので、帰りに暫く見てない
払沢の滝に寄るつもりで出かけました。


武蔵五日市駅からバスで・・・・

本宿役場前で下車、バス停の前に檜原城主・吉野家の後裔を名乗る
お屋敷があります。


前には檜原城山が見え左にはそびえる城ヶ峰が見えます。

臨済宗・吉祥寺の門前に・・・

参道の桜の蕾も、もうすぐ開きそうです。

境内には小田原・北条氏のミツウロコの紋章が金色に光っています。

六地蔵の脇を通って・・・

墓地を通り・・・山道に

ここからは13仏の始まりですので、興味の無い方はスルーして下さい。
一番は不動明王がにらみを利かせます。


山道には数多くの羅漢さんが鎮座します。つづく・・・

にほんブログ村← 興味のある方はココをクリックして下さい・コメントは右下をクリックして下さい
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相州アルプスを歩く-終 | トップ | 檜原城山(東京都史跡)-2 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nousagi)
2017-03-16 21:14:33
私も城跡と名のつくところ好きです。
歴史好きというわけではありませんが
古の名残が残っていて興味深いです。
そんなところに、梅や桜が咲く様は趣がありますね。
Unknown (MorosawA)
2017-03-17 07:34:01
山ばか夫婦の山歩さん、こんにちは。

また随分渋いコースを見つけましたね。

毎回毎回新しいコースを見つける山バカさんに脱帽です。

そろそろ道沿いに野の花も目立ち出しましたか?
おはようございます♪ (nanekobi5963)
2017-03-17 07:39:42
山ばか夫婦の山歩様も やはり渋い山歩きをされますね

私も若かりし頃の山歩きとは違って
亀歩きになって 目につくもの、視点が違ってくるようになり
城跡やお寺などを巡って歩くのもまた
楽しみになってきました

お山とお寺…歴史に紐解くかかわりに
興味を抱くのも歳の所為でしょうか(笑)

渋い山歩き 捨てたものではありませんよね
いつも 愉しませて頂いております

そろそろ もう春本番に向けて
野山は目覚めていくのでしょうね♪
nousagiさんへ (山ばか夫婦の山歩)
2017-03-17 09:32:02
地図を見ても山名だけで、どんな処か全く皆無でした。
ただ、短時間で行かれそうなので、気楽に出かけました。
城址の跡が・・とのことで、興味を持ちましたが、山屋の
気持ちからすると、少しずれていました。
MorosawAさんへ (山ばか夫婦の山歩)
2017-03-17 09:38:42
今回はただただ13仏に会いに行ったようなもの
でした。
それプラス山城の痕跡が東京教育委員会の史跡指定
ということで、興味がありました。
花とは縁遠い山歩でした(笑)
nanekobi5963さんへ (山ばか夫婦の山歩)
2017-03-17 09:50:02
だんだん年をとるにつれて、体力減少の傾向は、しかたの
ないことと、あきらめていますが・・・
気力だけはそのままの状態を維持したいものと思っています。
山も若い頃とは違い休憩時間の長さがだんだん多くなりました。
これからは、暖かい日が多くなりますので、気持ちのいい
山旅を楽しみにしてます。

コメントを投稿

山行の旅」カテゴリの最新記事