toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

中村哲医師ー武器ではなく命の水を

2016-09-18 20:45:41 | 日常のあれこれ
Facebookにシェアして書いたのだが、
ここだけ見ている方に、お知らせしたくて、書いておきます。

「FaceBookで信用できる方が紹介している記事は、気にかけているのだが、
今回、この記事が妙に気にかかり、17日の再放送をみることができた。

知ることがなかったら、見ないで終わったかもしれないが、
志を持つことの尊さを実感した。

世の中には、こういう人がいて、
これだけの成果をあげていることを、もっと皆が知っていいと思う。

何しろ、昨夜から頭の中は、昨夜見た番組のことで、いっぱいだ。」

シェアした内容は、以下のお知らせ。

http://www.dailymotion.com/video/x4sva35

ETV特集「武器ではなく 命の水を~医師・中村哲とアフガニスタン~」
2016年9月10日(土) 午後11時00分(60分)
2016年9月17日(土) 午前0時00分(60分)

ETV特集「武器ではなく 命の水を~医師・中村哲とアフガニスタン~」
アメリカ同時多発テロから15年。

今も戦乱の続くアフガニスタンで干ばつと闘う日本人がいる。
医師・中村哲(69)。

「武器や戦車では解決しない。農業復活こそがアフガン復興の礎だ」。
中村は白衣を脱ぎ、用水路の建設に乗り出した。

15年たったいま、干ばつの大地には緑がよみがえり、
人々の平穏な営みが再び始まろうとしている。

戦乱の地アフガニスタンに必要な支援とは何か。
15年にわたる中村の不屈の歩みを通して考える。

出演者ほか

【出演】医師…中村哲,【語り】中里雅子,【朗読】長谷川勝彦


番組スタッフから
【番組の見どころは?】
長い戦乱状態にあるアフガニスタンで、
戦火以上に人々を苦しめているのが「干ばつ」です。

いまでも国民の3分の1の760万人が食料不足に苦しんでいると言われています。

医師・中村哲さんは用水路を建設し、
乾いた大地を農地に復活させようと奮闘しています。

数々の苦難を乗り越え用水路に水が流れ始めると、
奇跡のような光景が現れます。

乾いた大地が広大な農地へと蘇り、人々の穏やかな暮らしが戻り始めます。
武器や鉄砲でな無く水が取り戻した平和を見ていただければと思います。

【この番組を企画したきっかけは?】
私が初めて中村哲医師の取材をしたのが1998年、以来18年間、
断続的に現地取材を続けてきました。

干ばつの酷さ、用水路建設の困難、甦る緑の大地などを記録し続けてきました。
911から15年目の今年、悲劇の記録ではなく希望の映像記録を残したいと思い企画をしました。

【心に残ったもの、あるいは心に残るものは?】
用水路建設は中村医師一人の力で行ったものではなく、
アフガン農民の力がなければ出来ませんでした。

彼らは用水路の建設を自分たちの村を再生させる活動だと信じ、
雨の日も酷暑の日も中村医師と共に水路を掘り続けました。

その姿には同じ人間として共感、尊敬できるものでした。
巷間言われる怖いアフガン人のイメージは微塵もありません。

【見てくださる方に一言】
泥沼化するアフガン問題に対処するために
国際社会は軍隊の派遣や様々な支援を行ってきました。

しかし、アフガン和平はいまだ実現していません。
そんな中、中村医師の用水路の水が小さな地域ですが、穏やか暮らしを取り戻しました。

戦乱と干ばつの地に真の平和をもたらす物は何なのか、
静かに問いかける15年の記録をご覧ください。

(日本電波ニュース社 プロデューサー&カメラマン 谷津賢二)


出てくる中村医師の顔を、新聞やネットでみたことはあるし、
そのペシャワール会の名も聞いたことはあるが、
詳しく知ることはなかった。

その活動の核心を知ることができたのもよかったし、
こういう長いスパンでの取材をしている人がいることも感銘を受けた。

こういう番組こそ、多くの人に知ってもらいたい。また、中村医師のこと、
著作等もあるようで、もっと知りたいと思った。




中村哲医師ー武器ではなく命の水を! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブリン・ターフェル | トップ | 介護認定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常のあれこれ」カテゴリの最新記事