toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

南の花嫁さんと今日のニュース

2017-07-14 19:01:16 | 歌・コンサートなど


この春、某所でのコンサートに、「南の花嫁さん」を歌ったことがある。
これが、この歌を取り上げた最初だったのだが、

なんとも後に残るメロディーで、
気がつくと、鼻歌で歌っている。

山吹の里のコーラスでもとりあげたことがあり、
勤め先でも、その歌詞を使って、
何回か歌った。

藤浦洸作詞とある。

私の秘密というクイズ番組で、
肘を張り上げた独特のおじぎをしていたのが
目に浮かぶ作詞家だ。

そして、編曲は古賀政男とある。

元歌は、中国の任光という人の作曲とあった。
戦時中なのに、いやに明るく感じる歌だと思いつつ、
曲の説明を探していたら、

この曲が、中国人のノーベル賞受賞の際に
バイオリンの演奏で流れて、

南の花嫁さんと思っていた日本人が
中国人の作曲と知ったというブログを見つけた。

ところで、中国人のノーベル賞受賞者って
どのくらいいるのかと、調べてみたら
中国籍の人は3人しかいないという。

1.劉暁波、平和賞、2010年
2.莫言、文学賞、2012年
3.屠呦呦、生理学・医学賞、2015年

そして、南の花嫁さんと日本人が思っていたメロディーが流れたのは
2010年とあったから、

今日、逝去の報が流れた劉暁波氏の出席できなかった受賞式の行事で
流れたのかと、思い至った。(と、現時点では考えている)


先日、ハレルヤ会で老人施設を訪問した際、
銀座カンカン娘が好評で、

この類の歌の候補を考えてほしいと宿題がでて、
昨夜、南の花嫁さんを候補の一つにあげておいたのだが、

それが、今日のニュースにつながるとは思ってもいなかった。

天安門事件から、中国の民主化を願って活動を続けていた
人物につながる歌だとは…、である。


人気ブログランキングへ
南の花嫁さんと今日のニュース! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Sir Duke | トップ | 日野原さん逝去 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL