goo

とつぜん対談 第76回 マッチとの対談

 きょうの対談相手はマッチさんです。昔はよくお世話になりましたが、最近はごぶさたです。ごぶさたではありますが、家の中にはたいていどこかにおられます。きょうは台所の引き出しの奥におられました。

雫石
 ひさしぶりです。

マッチ
 ひさしぶり。

雫石
 昔は、マッチさんはいつもポケットにいましたね。

マッチ
 あんたは昔はタバコ吸ってたからな。

雫石
 はい。ヘビースモーカーでした。一日3箱は吸ってましたね。火をつけるのは百円ライターを使ってましたが、マッチもよく使いましたね。

マッチ
 ああ、マッチは喫茶店なんかで、あんた、よくもらってたな。

雫石
 わたし、ほんとはライターよりマッチでタバコに火をつける方が好きでした。
シュッと軸を箱の横でこすって、ポッと小さな炎を見ると、なんか心がなごみました。それでタバコに火をつけて、ホーと煙をくゆらせる。ホッとする一時でした。そんな時はやっぱりマッチでないと。

マッチ
 ところが最近はごぶさただな。

雫石 
 そうですね。わたし、タバコ吸わなくなって久しいですし。日常生活でもマッチを使いません。

マッチ
 そうなんだ。ワシはさみしいぞ。

雫石
 しかたないですね。ガス器具はほとんど自動点火だし、そうでないのはチャッカマンなんての使うし。

マッチ
 最近、ワシを使うことってあるのか。

雫石
 あります。

マッチ
 どんな時だ。

雫石
 彼岸の墓参りの時です。墓苑の入り口の花屋で、花と線香を買うのですが、線香といっしょマッチもくれます。今は、マッチで火をつけるのはこの時ぐらいですね。

マッチ
 そうだなあ。昔は徳用のでっかいマッチがどの家の台所にあって、おくどさんに火をつけてお釜でご飯を炊いたもんだ。

雫石
 いつの時代の話ですか。でも、そうやって炊いたご飯はおいしいでしょうね。

マッチ
 うまいぞ。あんたの家の台所には徳用マッチはあるか。

雫石 
 徳用ではありませんがマッチはありますよ。

マッチ
 どんなマッチだ。

雫石
 新婚旅行で泊まったロスアンゼルスのビルトモアホテルのマッチが記念にとってあります。

マッチ
 ふ~ん。ずいぶん長い間台所にあるんだな。

雫石
 昔はよく焚き火もしましたが。今は公共の場では禁止されてるでしょう。

マッチ
 そうだな。昔はよくワシで遊んだろう。

雫石
 マッチの頭の薬を削って鉛筆のキャップに詰めて、ロケットやといって火をつけて飛ばしたりしてました。それにマッチ棒はパズルにも使えましたし。

マッチ
 そうだなあ。ワシの出番は少なくなる一方だな。

雫石 
 ここ神戸はマッチ製造が盛んでしたよ。

マッチ
 そうだな。実はワシも神戸生まれなんだ。

雫石
 神戸の私立高校でときどき甲子園に出る某高校の創立者は、神戸のマッチ屋さんなんですって。

マッチ
 しっとるよ。ワシはワシで便利なんだがな。

雫石
 そうですね。耳がかゆいとき、ライターではかけませんが、マッチなら耳の中をかけますね。

マッチ
 そんなことすると耳を傷つけるぞ。

雫石
 はい。
 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 打てば勝てる 阪神、いっと... »
 
コメント
 
 
 
お願いです (もぐら)
2015-04-18 23:45:15
こちらの対談 はるさんと朗読させていただきたいのです。
すみません。遅くなってしまいました。

明日 日曜日にはるさんの朗読の部屋とさとる文庫で公開させていただきたいのです。
事後報告になってしまって申し訳ありません。
もしなにかありましたらご連絡ください。
すぐに対処いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
もぐらさん (雫石鉄也)
2015-04-19 08:57:36
わかりました。
お二人の朗読、楽しみにしてます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。