goo

とつぜんSFノート 第90回

 ショートショート研究家の高井信さんが「日本ショートショート出版史~星新一とその時代~」を自費出版した。早速、注文して入手した。パラパラとめくったたが、書影も非常に豊富で、星新一がデビューしてからの日本のショートショートの出版史を、ていねいに紹介、記述してあり、たいへんな労作といえよう。これから、じっくりと読み、このブログで紹介したいと思う。
 今年は星新一がデビューして60年。日本のショートショート誕生が、星新一のデビューとするならば、今年は日本のショートショート還暦となるとのこと。
 小生もアマチュアながらショートショートを書き始めて、かなり時間がたった。つらつら遠い記憶をたどってみると、小生が生まれて初めてショートショートなるモノを書いて、外部に出したのはもう50年ほど昔だ。
「ボーイズライフ」という少年向け雑誌があった。その雑誌に「1000字コント」というページがあって読者の作品を募集していた。それに応募したのが、小生が生まれて初めて書いたショートショートである。この雑誌、1963年から1969年まで発行されているから、もう50年ほど昔である。どんな作品を書いたのかは、さすがに忘れた。
 そして1970年。大阪の毎日放送で深夜番組「チャチャヤング」が始る。ここで眉村卓さんがパーソナリティをやっていて、SF作家の眉村さんがパーソナリティということで、リスナーからショートショートが送られてくるようになった。それを眉村さんが、ていねいに評価し細かくランク付けして、優秀作は朗読される。小生も2度ほどか朗読してもらったことがある。朗読された投稿者には、眉村さんからサイン入りの著書が送っていただける。小生の蔵書の早川銀背の「時のオデュセウス」と日本SFシリーズ「かれらの中の海」の2冊は著者サイン入りだが、この時もらったもの。このショートショートのコーナーは番組の企画として定着し、人気コーナーとなった。
 そのうち和田宜久(海野久実)、SA(深田亨)、南山鳥27、妹尾俊之(西秋生)、小野霧宥、寺方民倶(岡本俊弥)柊たんぽぽ、といった常連が出てきた。谷甲州も甲州というペンネームで投稿していた。小生も、この常連の末席に加えていただいた。
 眉村さんに紹介されるのがうれしく、それがはげみとなって、せっせと投稿していた。あのころは週に1本はショートショートを書いていた。上記の人たちとは今も親交があり、40年以上交流が続いている。
 その後、小生はSF同人誌「星群」に所属して、ショートショートを書いている。そして、今は、ご存知のように、このブログに月に2回、ショートショートを書いている。思えば、もう50年近くショートショートを書き続けているわけだ。昔は、週に1本書いていたが、今は月に2本書くのが精一杯。ずいぶん長くショートショートを書いてきた。たぶん、これからも、ずっと書き続けると思う。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« トラキチ酒場... 7月になりました »
 
コメント
 
 
 
Unknown (悠々遊)
2017-07-01 09:51:46
継続は力。
これからも長く続けてください。
 
 
 
悠々遊さん (雫石鉄也)
2017-07-01 17:25:16
もちろんです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。