goo

Windowsが新しくなるたんびに、いらん出費がかかる

 パソコンを新調した。いままで使ってたWindows7がおしゃかになった。Windows10を購入したのだが、費用はパソコン本体だけにとどまらなかった。
 住所録は筆王を使っていた。小生はPC-8801以来パソコンはずっとNECだ。富士通や東芝に浮気したことはない。今回のWindows10もNECだ。以前のNECのパソコンには筆王が最初からインスツールされていた。そういうわけで筆王を使っていたのだが、最近のNECのパソコンには筆ぐるめが入っている。NECが筆王とケンカしたんかいな。だから、Windows7を買った時に筆王の最新版を買って入れたわけ。そのお皿はちゃんと残してある。で、今回もそのお皿を新しいWindows10に入れれば、筆王が使えるかというと、これが使えないとのこと。住所を筆ぐるめに入力してやればいいが、たくさんあるので、そんなめんどうくさいことできるか。最新版の筆王を買った。
 被害は筆王だけではない。小生ワープロはワードと一太郎を使っている。ワードはオフィスの最新版が入っているからいい。問題は一太郎だ。小生の持っている一太郎は一太郎13。この一太郎はWindows10では使えないとのこと。一太郎も最新版を買った。
 しかし、パソコンを買い換えるたんびにソフトも買い替えなければならない。旧バージョンは使えない。捨てるしかない。なんとももったいないことである。マイクロソフトがWindowsをいじくるたんびにユーザーは余計な出費を強いられるのである。やい、こらマイクロソフトどないかせえ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前立腺肥大手術 Windows10を初... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。