goo

前立腺風雲録 第7回

 2008年7月18日。芦屋の吉田泌尿器科で前立腺の針生検の結果を聞いた。異常なし。とりあえず前立腺癌の心配は去った。前回の最後に「心は快晴であった」と書いたが、実は快晴は半分だけで、もう半分は黒雲がたちこめていたのである。
 前立腺針生検の結果が出るこの日の日中、先般受けた会社の健康診断の結果がかえってきていた。小生もサラリーマン生活が長いから、会社の健康診断は長年受けてきた。若いころはとくだん異変はなかった。健康診断は、仕事の手が休められる息抜き程度の認識であった。少々肥満ぎみであったが別に気をつける必要はなかった。さすがにトシを取る従い、血圧や中性脂肪、尿酸値、血糖値などの数値はBやCランクとなり、気をつけるべき状態になった。それらの項目は数値を気にするようになったが、気にもとめない項目もあった。
 胸部X線検査。こんな項目異常との判定が出たこともない。気にもしなかった。ところがこの時の、この項目には見慣れない文言が書いてあった。「腫瘤状影」ドキッとした。肺癌?!
 小生、若いころは確かにヘビースモーカであった。日に40本は吸っていただろうか。ところが20年前に禁煙。それから1本もタバコは吸ってない。
 前立腺癌は癌の中でも進行も遅く、比較的タチの良いモノだと聞いていた。ところが肺癌である。冗談ごとではない。
 とりあえず、二つの心配事は一つになった。大急ぎで近くの呼吸器科でレントゲンを取ってもらう。
「あなたの肺はきれいなもんです。だいじょうぶです」とのこと。
 会社の健康診断のような集団検診の場合、少しでも疑問点があれば、異常ということにするとのこと。
「心配いりません。よくあることですよ。はははは」
 これで、心は100パーセント快晴になった。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 巡洋戦闘艦タ... スペシャルエ... »
 
コメント
 
 
 
本当に良かったです (はる)
2017-04-06 19:26:13
100%快晴、おめでとうございます。
肺癌なんて不安ですよね。ホット出来ましたね。
近くなら乾杯するところですよね。(^_-)-☆

ところで、お願いですが「深海の怪物」を朗読させて
頂きたいのですが、よろしくお願いいたします。<(_ _)>
 
 
 
はるさん (雫石鉄也)
2017-04-06 21:35:15
ありがとうございます。
「深海の怪物」朗読OKです。
楽しみにしてます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。