goo

マルタのやさしい刺繍


監督 ベティナ・オベルリ
出演 シュテファニー・グラーザー、アンネマリー・デューリンガー 

 珍しやスイス映画である。長年映画を観ているがスイス映画を観るのは初めて。
 スイスの山あいの小さな村に住む、マルタは夫に先立たれた80歳の女性。刺繍、裁縫が得意。夫が経営していた小さな雑貨店を引き継いでいるが、商売はパッとしない。ある日、村の合唱団の旗の修理を依頼される。それが、彼女にスイッチを入れた。マルタが若いころ持っていた、下着専門店をオープンさせるという夢のスイッチを。マルタは年寄り友だち3人の協力を得て、念願の下着専門店をオープンする。
 マルタの店をオープンさせるために協力する3人の友人たち。それぞれの事情を抱えながらも、年寄りとは思えない行動力で、夢実現に向けて動く。齢80を越えて、自動車の運転を覚える。下着のネット販売をするために、インターネットの勉強をする。
 マルタを含めた4人の老婆(一人は中年だが)が実に、バイタリティがあってエネルギッシュ。下着専門店という店の性質からか、いわれなき偏見をもたれるが、臆せず立ち向かう。
 若いもん(といっても中年のおっさんだが)の方が、保守的で伝統を振りかざす。年寄りの方が進取の気性に飛んでいる。マルタが息子をやりこめるところは痛快。チャーミングなおばあさんを楽しむ映画。敬老の日の夜に鑑賞するにはぴったり。お勧め。 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 4 )
« 昭和の喫茶店... 阪神油断。天... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
マルタのやさしい刺繍 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『縫い残した未来が 輝きはじめる』  コチラの「マルタのやさしい刺繍」は、多くの公用語が存在し、映画がヒットしにくい国らしいスイスで、動員数No.1のヒットとなり、2007年アカデミー賞ではスイス代表になった、遅咲きの乙女たちが贈る最高にチャーミングなハー...
 
 
 
『マルタのやさしい刺繍』 2009-No5 (映画館で観ましょ♪)
元気なおばあちゃん4人組み。 ほのぼのと。 でも力強くて。 ちいさなちいさな村におばあちゃんがオープンさせた下着屋さん...
 
 
 
マルタのやさしい刺繍(DVD) (ひるめし。)
縫い残した未来が輝きはじめる
 
 
 
「マルタのやさしい刺繍」 DIE HERBSTZEITLOSEN (俺の明日はどっちだ)
夫に先立たれ意気消沈していたおばあちゃんが世間体を気にする保守的な村でランジェリーショップを開業させるというかつての夢を実現するべく友人の協力を得て奮闘する姿を描いたスイス映画。 話そのものは実は決して目新しいものではなく、その展開もほぼ予想通りに進ん...