goo

前立腺肥大手術

かかりつけの泌尿器の先生に、前立腺の手術をすすめられていた。手術することにした。私の前立腺はかなり肥大していて、膀胱にも負担をかけている。手術が必要とのこと。それに導尿をしなくてもいいようになりたい。最近は膀胱が少し元気になってきたのか、自然排尿ができるようになったが、導尿しないと膀胱にかなりの量の尿が残る。
 それに、なんといってもお酒が飲みたい。5月からずっと5ヶ月禁酒だ。別に願掛けがあって酒断ちをしているわけではない。大傑作のSFをぶっ書いて、大ベストセラー金満長者となり、英訳されてアメリカでも出版され、日本人初のヒューゴー賞受賞者になり、余勢をかってSFで初めてノーベル文学賞(カート・ボネガットがSF初のノーベル文学賞の可能性があったらしい)受賞。それまで酒断ち、というわけではない。医者に止められてただけ。
 手術は、かかりつけ医の紹介で神鋼病院でやってもらう。この病院は前立腺肥大の手術の実績では兵庫県では2番目
神鋼病院に行って、手術前診察を受けてきた。ひととおり検査診断を受けた。手術は最新のレーザーを使った手術ということ。レーザーで前立腺の大きくなった部分を切り取る。私の身体もNCマシンと同じということか。六甲アイランド病院入院中はあっちこっちコードやカテーテル、チューブをくっつけてサイボーグみたいになっていたが、今度はレーザー加工のNCマシンか、いよいよ私もSFになってしまった。で、手術は11月22日の予定となった。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )
« 海峡 Windowsが新し... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (悠々遊)
2016-10-11 16:29:45
SF者がSFもんになる、これほどめでたいことはない。
手術の体験談をSF仕立てにして、ぜひノーベル文学賞を狙いましょう。
受賞パーティの際はぜひ呼んでくださいよ。
 
 
 
悠々遊さん (雫石鉄也)
2016-10-11 19:55:05
そうですね。ひとつレーザー手術の体験を、サイバーパンクにでも書いて、まず、直木賞、ヒューゴー賞、そしてノーベル賞と順々にとっていきますか。
受賞パーティーにはぜひおいでください。
 
 
 
Unknown (hori)
2016-10-11 21:04:46
手術入院は「ある日とつぜん非日常的世界に入り込む」典型的なSFパターンですから、精密に記録するだけでもかなりの傑作になりまっせ。
わし、初めてCTスキャン体験した時、超伝導量子干渉計ってこれがモデルかと実感しましたもの。
期待しております。
 
 
 
horiさん (雫石鉄也)
2016-10-11 21:38:54
う~ん。horiさんにまで期待されて、困りましたね。
でも、レーザーを使った手術は興味あります。
とりあえずメモを書いておこうと思います。それをもとになんとかカタチにできれば、と思っております。
 
 
 
チャンスですね! (せぷ)
2016-10-11 22:27:06
傑作を物にするチャンスですね!
期待しています。
 
 
 
早く治って酒をお飲みになれますように。 (アブダビ)
2016-10-12 00:27:13
Opeなんかせんで済むならしない方が良いものですが、それで管理人さんが酒を嗜めるように戻るのならば…と思います。
大変ですが、後の楽しみを考えて頑張ってください。早く全て治ると良いですね。お祈り申し上げます。
 
 
 
せぷさん (雫石鉄也)
2016-10-12 10:52:41
うわっ、せぷさんまで。プレッシャーをかけないでくださいよ。
 
 
 
アブダビさん (雫石鉄也)
2016-10-12 10:55:07
ありがとうございます。
実は親戚に、前立腺肥大で手術した人がいまして、その人は手術して良かったといってます。
私も、ほんとは手術なんてしたくないんですが、しかたありません。
 
 
 
Unknown (りんさん)
2016-10-12 14:48:45
レーザー手術だったら、そんなに大変ではないですよね。
述語も楽だと聞きました。
早く良くなって、お酒が飲めるようになるといいですね。
サイボーグでもSFでも、楽しく生きていける方がいいですよ。
無事に手術が終わることをお祈りしています。
 
 
 
りんさんさん (雫石鉄也)
2016-10-12 14:55:16
そうなんです。手術といっても開腹しません。内視鏡でレーザーを照射するそうです。この方法だと、痛みも出血も少ないそうです。
ありがとうございます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。