goo

おくりびと


監督 滝田洋二郎
出演 本木雅弘 広末涼子 山崎努 吉行和子 余貴美子 笹野高史

 チェロ奏者だった小林は、所属するオーケストラが解散。故郷の山形へ妻とともに帰る。山形で職探しした小林は、「旅のお手伝い」をする「NKエージェント」なる会社に採用される。
 その会社の仕事は納棺。遺体に化粧し、きれいな状態にして棺桶に納める仕事。その仕事は遺体の尊厳、遺族の感情に最大限に配慮しながら、きれいで安らかな故人の彼岸への旅立ちをお手伝いする仕事だ。
 きれいな遺体ばかりではない。また、いら立つ遺族もいる。小林は社長について納棺の仕事を覚えていく。そして一人前の納棺師となり、彼にとって大切な人の納棺を行う。
 様々な遺体が出てくる。その遺体1体1体に人生があり、その遺体には、その人の人生が封じ込められている。映画の中で火葬場の職員がいっていた。
「死は門だ。いったんここで終わって、次へ行くのだ」その「次へ行く」という最も大切な場を取り仕切るのが納棺師というわけだ。
 映画では納棺作業が克明に描かれるが、それは様式美の世界。荘厳で厳か。死という人生の終着点に立ち合う者としての、プロの納棺師のプライドが感じられる。小林は妻を始め、この仕事に対するいわれなき誤解を受けるが、納棺作業を見ると、ある種、美を演出する芸術家といえるかも知れない。
 主演の本木の表情がいい。遺体への作業をすべて終わり、きれいに化粧された遺体の顔を、本木がじっと見つめる。慈しむような、慈愛に満ちた表情で遺体を見つめる。あたかも菩薩のような表情を本木が何度もする。この時の本木の表情が、この映画のいわんとすることをすべて表現している。
 この映画の欠点は一つだけ。妻役の広末がヘタ。本木のうまさとバランスが取れていない。いまだにアイドルの演技をしている。別の女優がいなかったのかな。宮沢りえとか。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 2 )
« タコのラグー... 3月24日(火)... »
 
コメント
 
 
 
これ良い映画! (アブダビ)
2015-12-22 03:11:17
私が鍼灸学校に通うため病院を去るとき、
婦長さんがくれたDVDでした。
私が看護学校を中退した時も責めなかった上司です。学校の指定実習校であったから、上司の彼女は責めを受けたはずですが、
おくびにも出さなかったです。
ブロークバッグマウンテンでコメントした
隊長と供に尊敬している上司です。

婦長さんは、私がアウトソーシングで来る
鎮痛治療の鍼の先生に感銘を受けて、鍼師の道を歩こうとしているのを理解してくれてました。
末期のモルヒネも効果が薄れた患者に、鍼で痛みを止める名人でした。
彼は持てる技術を「治す事」には使わない。痛みを止めて、残りの日々を穏やかに過ごさせる事に命をかけている。
治す事を最優先する院内においては、外様といえ異端の存在です。
でも、可能性の少ない治療の道ではなく、
安楽に死を迎えさせる医療…に惹かれた。
私がブラックジャックよりも、Drキリコに
感情移入するからかもしれません。
そのせいか、婦長さんは、
「これから君が目指す道は、治し癒す道ではなく、見送る道なのよ、それを承知で辞めるのだから、一度は観なさい」
それで観ました。

本木氏の演技すごい!
完全に納棺師になりきってますね。鬼気迫る熱演。病院に出入りする葬儀屋さんが認めてましたから。
本当に良い映画でした!

日本の今のダメな所は、死を隠そうとするところなのでないですか?
望月みきや氏のワイルド7の前に、「夜明けのマッキー」という戦場カメラマンを描いた作品がありました。あれも無惨な死が一杯の作品でしたが(そのせいか再版されないな)、死を観るのは何故か?
そういう根源を追求していた。子供の頃に衝撃を受けました。

私も管理人さんも冒険小説が好きですね。
功労者である田中光二先生は語ってます。
死とは誰もが持つ究極の真実であり、そこに肉薄して、生とは何かを問うのが冒険小説である!

死は人として嫌悪したいものです。
だからこそ、向き合わなければダメなんですよ。逃げたらいけない!
誰もが必ず死ぬのだから!
それを避けるから、「人を殺しては何故いけないんですか?」とか言う馬鹿者が生まれてくる歪んだ社会を育てる。

もう何年も昔の事です。
害獣駆除で参加した狩りに、一匹の雄鹿が立ち向かってきました。
彼は険しい道に立ち塞がり、子供と女房を
逃がそうと立っていました。
散弾を何発も受けて、割けた腹からは腸が
はみ出していました。それでも彼は向かってきました。無数の銃弾に蜂の巣にされながら。鳴き声を一声吠えると、それまで待っていた子供も妻もダッと逃げ出した。
彼が倒れた後、害獣駆除をする者として、
再試をしゃさつすべきだった、だった!
でも…誰も撃てませんでした。撃てなかった。私も歴戦のハンターも。
それから私は銃を捨てました。

末期の患者さんに元ヤクザ(愚連隊?)がいました。医者も看護師も介護も、皆が認めた勇者でした。
余命幾ばくもなく、家族にはすてられ、しかし、長期の入院患者が押し掛けて面会を求める人気者!
死ぬ直前まで「アブダビくんは熱血漢だか、慌て過ぎる。もっとゆっくりと動いてみなさい」と教訓を与えてくれました。
死を直視する者、それは勇者なり!
 
 
 
管理人さんへ (アブダビ)
2015-12-22 03:38:06
友達も癌で死んだり、自殺したりの報を聞く年齢となりました。
道を誤ったか…思うことが有ります。
鍼よりマッサージが好きで、客が来て、私の施術に喜んでくれると嬉しく金にもなる。だんだん鍼で末期の…とか思わなくなってきてます。医療でなくても良いじゃん!
そこまで劣化してきてます。
うむ…日よったのか?
でも…単純に、そーですね、ラーメン屋の親父が、客が満足の吐息を出すと嬉しいように、嬉しいんですね。それで金になり、
充実するなら…と思う。
やはり死ぬの生きるの重いのですよ。
単純に俺の技で楽になって、元気に帰る客がいて、銭になれば幸せなんかなって。
墜落してるんですかね?
人生の先輩として一言頂ければ幸いてす。
 
 
 
アブダビさん (雫石鉄也)
2015-12-22 10:23:00
私は、人にアドバイスできるような、できたにんげんではありません。
アブダビさんの仕事で、元気になる客がいて、お金になれば、なによりではありませんか。
仕事で人が喜ぶ、しかもお金になる。まったく堕落ではありません。
私も、リストラもされたし、けっこう職は変わったほうですが、自分の仕事で人の笑顔が見れる仕事はなかなかないですよ。
 
 
 
管理人さんへ (アブダビ)
2015-12-23 01:43:20
ありがとうございました。
少しほっとしました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
おくりびと (朝を抱きしめて)
観たい映画が、並ばずに、いい席で、確実に取れる 総評:★★★★★++A おくりびと公式サイト>> 監督:滝田洋二郎 主なキャスト 小林大悟(本木雅弘) 小林美香(広末涼子) 佐々木生栄(山崎 努) アカデミー受賞したということで、記念に特別上映さ...
 
 
 
[【プログラム】メモリアル・サービス]これもまた『おくりびと』 ( 『QM』~NPO法人アカーWEBマガジン)
遅ればせながら、観てきました。『おくりびと』。 3月14日、故・井田真木子さんの命日にあたる日に。 「本木雅弘主演の『おくりびと』だから…」そんな井田さんのお告げが降ってきたからではないです。2001年から毎年行っている恒例の井田真木子さんのお墓参りは、新宿・...