goo

手こね寿司


 今日のお昼はてこね寿司です。伊勢志摩地方の郷土料理です。もともとは漁師料理で、漁師たちが、忙しい漁のあいまに獲れた魚で手早く作って、手早く食べていたお寿司です。
 地元では、具の魚はカツオを使うことが多いようですが、今回はマグロを使いました。寿司飯は普通の寿司飯の要領で炊いておきます。私は、少しかたい目が好きです。
 マグロはヅケにしておきます。サクに切ったマグロを、漬け汁に漬けます。漬け汁は醤油、砂糖、酒、すりゴマを合わせます。お好みで砂糖を抜いてもいいですね。漬け時間は、そうですね、10分ぐらいでいいでしょう。
 ご飯に酢をうちます。その前に、漬け汁でご飯に味をつけてもおいしいです。
炊き上がったご飯を飯台にあけ、酢をうっていきます。酢のあんばいですが、飯が2合なら、酢大さじ2杯と2分の1、砂糖大さじ1杯、塩少々、といったところでしょうか。甘さを押さえたかったら砂糖を少なくします。ゆずの汁などのかんきつ類の汁を加えてもさわやかです。うちわであおぎながら、しゃもじで酢をご飯にまんべんなく混ぜます。
 マグロを酢飯に混ぜ込み、しそ、三つ葉、海苔をパラパラして出来上がりです。おいしいですよ。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 1 )
« うずめめし 扉をたたく人 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (totto)
2009-12-20 20:20:54
はじめまして♪

私の持ち寄りパーティーにご参加くださいまして有り難うございます。 kaz様のブログのコメントでお名前は拝見しておりました。

てこね寿司、普段鮪のお刺身を食べない娘もこれならパクパクいけちゃいます。 柑橘の絞り汁を加えるというのも、なるほどと思いました。持ち寄りにも大変喜ばれる一品で大感激です。
 
 
 
tottoさん (雫石鉄也)
2009-12-20 21:48:35
ようこそお越しくださいました。
私も、tottoさんのお名前は、kazさんのブログでいつも拝見しておりました。きれいなお写真で感心しております。
この手こね寿司もそうですが、ちらし寿司、混ぜ寿司は手早く出来て、失敗がないのがいいですね。
いちど握り鮨をやって大失敗しました。
握り鮨は、やっぱり、お鮨屋さんで食べるものですね。その点、ちらし寿司はいいですね。
 
 
 
お世話になります (だんな)
2009-12-21 07:30:48
手こね寿司ですか!

名古屋から伊勢まで1時間あまりで行けるので、
すぐにでも食べに行きたい気分です。

我が家も正月はこれにすることに…。
でも、メニューの意思決定は嫁がするので、
だんなが小沢氏のように言っても、
鳩山氏と名前が同じだからといって、嫁が言う事を聞くかどうか。

食べたくなってしまいました。
 
 
 
だんなさん (雫石鉄也)
2009-12-21 08:36:29
おいしいですよ。
伊勢まで近いのでしたら、伊勢には伊勢うどんという、少し変ったうどんがあります。太めで腰が強く、真っ黒なつゆがかかったうどんです。これもおいしいです。

ウチは私が料理が趣味なもんで、土日のメニューは私が決めてます。
よろしければ、一度奥様に言って作られたらどうでしょう。そう、むつかしくありません。
 
 
 
伊勢うどん (だんな)
2009-12-21 11:38:13
食べたことありますよ。
伊勢神宮外宮の前の店に入りましたが、うまかったです。
おみやげ用のもあるのですが、やはり伊勢で食べないと…。

うどんを食べた後は松阪牛というのはどうでしょうか?
一升びんってご存じですか?
 
 
 
だんなさん (雫石鉄也)
2009-12-21 13:29:27
>一升びんってご存じですか?
 知りません。酒びんのことではないですね。
何でしょう。
 
 
 
一升びん (だんな)
2009-12-23 09:08:38
松阪牛で有名な店なんです。
本店は松阪の、それも場末の飲み屋のような店なんですが、
そこがうまいんですよ!
 
 
 
だんなさん (雫石鉄也)
2009-12-23 10:18:34
松阪の店というと「和田金」ぐらいしか知りません。私ら貧乏人には無縁のお店ですが。
お教えいただいた「一升びん」だと、私でも行けそうですね。松阪には親戚がおりまして、松阪に行く機会があれば「一升びん」にも立ち寄りたいと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
三重県志摩市の絶品!『てこね寿司』 由来 (☆三重県伊勢志摩の『志摩』へようこそ☆)
志摩地方で最も有名な郷土料理のひとつ『てこね寿司』は もともと志摩のカツオ1本釣り船の漁船が沖に出ている際、 忙しい仕事の合間の食事...