goo

Windows10を初めて使った

 先週の土曜日に星電社で買ったパソコン2台がきのう届いた。小生はパソコンはあまりくわしくないので、インターネットの設定、データや「お気に入り」メールのアドレス帳の移しかえ、その他いろいろ面倒なことはぜんぶ業者にやってもらった。パソコン本体の代金のほかに、このいろいろ代がけっこうかかった。2台のパソコンの設定に2時間ほどかかっていた。もしできたとしても、小生がやったら、もっと時間がかかっていただろう。金はかかったが、いたしかたないか。
 で、Windows10を初めて使ったのだが、Windows7を使い慣れた目でみると、なんだかごじゃごじゃしている印象を受けた。いらん機能がいっぱいついているみたい。WindowsはやっぱりXPがシンプルで一番使いやすかった。
 小生、パソコンに限らず、なんでも余計な機能やオートだとか自動とかいうモノは大嫌い。いまは車を持ってないが、小生、オートマチック車は持ったことはない。一番長いあいだ乗ったインテグラももちろんマニュアル車。ラジオのアンテナは窓から手を出して伸ばす。窓ガラスはくるくる手でハンドルを回して上げ下げする。こういう小生が会社のフォークリフトの管理責任者であるからして、とうぜんわが社のフォークリフトはマニュアル車。「雫石さん、次のフォークはオートマチックにしような」なんてことをいうヤツがいるが、小生がフォークの責任者であるかぎり会社のフォークはマニュアル車だ。
 機械は人間が使うものだ。人間が機械に使われてはいかん。機械は人間の手で扱い支配するものだ。自動だオートだなんていって機械に頼るのは邪道である。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« Windowsが新し... とつぜん対談... »
 
コメント
 
 
 
あはは (アブダビ)
2016-10-13 23:51:50
バージョンアップで金を稼ぐのがソフトウェア業界であるのは解るのですが、実は新バージョンは機能が安定してなくて、実用には前世代を使いたがる人は、ビジネス用途では少なくありません。
新機種には実用に用いる方ほど疑問をもつ。

さて、機械は使うもの…この意見が月村了衛氏の言葉に似ていて少し笑う。実は氏は機龍警察の作者なのにメカ音痴で、携帯もパソコンも仕事に導入するのは遅かったそうです。
暗黒市場で、新型キモノの反射速度に驚いた姿警部が、AIによる「先読み機能」なのに気がつき、ナイフでジャグリングして、相手のAIの判断をオーバーフローさせて打ち負かすシーンがあります。
そもそも機龍兵のアイディア自体が人とマシンを一体化するもので、実は発想はアナログなんてすよね。根っこの所で、管理人さんに似る気がします。
 
 
 
何だかねえ… (アブダビ)
2016-10-14 03:16:44
中国の戦闘爆撃機編隊が、我が国の領海を横断した直後に、F35戦闘機の我国におけるライセンス生産が決まった。
従来型の防空は冷戦期のイーグル(F15)とバッジシステムで賄われてきました。アジアではそれでいて充分でした。だが…

F35は別物です!
従来型のイーグルとバッジシステムでは、中国の殲20に敵わない!
「自衛隊はこんなに強い!」てな本が書店に並ぶけど、それは嘘っぱち!
それでF35をアメリカは日本にライセンス生産を許した訳です。
F35は戦闘機としての性能は、ステルス機能が上手な事を外せば、F35と変わらない。ハードウェアーとしては。
ただし背後にある電子システムが違う。
F35は、アメリカの軍事偵察衛星からの情報をアメリカ空母ななどに通信し、その不鮮明な所を無人偵察機で埋める。その情報はリアルタイムに自衛隊のF35にリレーされ、パイロットは
ヘルメットのバイザーに設置された敵機位置へ
ミサイルを発射する。
結果として、敵国機のレーダーの索敵範囲の外から、ミサイルをロックオンできる。
敵機はレーダーの索敵範囲の外から射撃され、
気がつく前に撃墜される。アメリカが世界最強の軍事力を誇るシステムな訳です。
それを日本に肝心のシステムはブラックボックスなままといえ、ライセンス生産を許すのは、
明らかに中国を仮想敵国として日米がみなしたという事ですよ。
何故か日本のマスコミはきちんと報道をしない。理由は簡単てす。
彼らは不勉強だから!
リベラルを名乗り、反日姿勢を売りにするマスコミは、何でもかんでも軍事には反対の姿勢を売りにしていて、故に軍事に対する勉強が足らなすぎる!
だから、F35のライセンス生産が、日本政府と
米国が「本気で中国との戦闘を覚悟した」という事実を報道が出来ない!
バカだから!
ても、私は保守だけど、こうした水面下で進む日米の戦略を、きちんと国民に知らさずに進める事には反対の立場です!
本来ならば、きちんとマスコミが国民に知らしめるべきなのですが、朝日を中心にマスコミ大手は、何でもかんでも軍事に反対すれば由とする不勉強家の集団なので
いま沖縄にF35配備される事の意味が解ってない!
それは明らかに中国と一戦を構わぬと覚悟した配備座席なのに、報道をしない!
自らの歪んだ政治思想と、軍事嫌いの不勉強から、国民の知らないうちに、日米が勝手に中国との戦端を開く用意をしている事に気がつかない!
何の為のマスコミだよ?
結果として自分たちの主張に逆する事に手を貸しているじゃんか!
テクノロジーは実は政治と不可欠に繋がるものであり、そこに目を瞑るのは、右翼左翼を問わず、国民を益するものではありません。
左翼の朝日でも右翼の産経でも、基本的にテクノロジーや科学に対してナィーブ(幼稚)過ぎると思いますね。
この点では、紙媒体のマスコミは「鉄腕アトム」のレベルでとどまっており、Webに負けてると思いますね。
 
 
 
アブダビさん (雫石鉄也)
2016-10-14 10:31:12
私も月村氏のファンなので、似ているいわれればうれしいです。
私は軍事防衛は素人なのでよく判りませんが、日本の本音は、F35ではなくF22がほしかったのではないでしょうか。さすがにF22はアメリカが許しませんでしたね。
しかし、現代において、F35やF22のような、高性能の戦闘機が必要でしょうか。高性能の戦闘機同士が空中戦を繰り広げるということは、もうないのではないでしょうか。だから、対戦闘機の空戦性能に特化した戦闘機よりも、対地攻撃能力も持った、攻撃機あるいは戦闘攻撃機の方がひつようではないでしょうか。
 
 
 
そりゃ日本が狭いからでは? (アブダビ)
2016-10-15 03:05:19
水際で叩く。それには戦闘機で撃墜して、制空権を維持する訳です。
今夏に話題で楽しませてくれたシンゴジラですが、一つだけ不思議だったのは海上自衛隊が出てこない事でした。
映画の上映時間からあれしか選択肢がなかったのでしょうけど。大陸国家と違って、内陸に敵を呼び込んで、縦深陣を設定して迎え撃つのは、狭い国土では無理があります。
精密爆撃の技術が無ければ、沖縄戦みたいな悲劇を生みます。
F35配備はそうした意味があるのでは?
陸上戦はどこの国でもやりたかなきでしょうし。 日本も中国もアメリカも。
実際に行われたら、無人機やドローンやロボット兵器が米軍から投入されて、えらい悲惨な戦闘になるでしょうね。
 
 
 
ちなみに (アブダビ)
2016-10-16 03:24:33
空戦とステルス能力はF22が上ですが、対地攻撃能力はF35が上みたいですよ。
搭載できるミサイルなどの数と種類が上回ります。派生型を入れれば垂直離着陸能力を持つものすらあります。
どっちにせよ…話は険呑ですよ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。