goo

包まないオムライス


 この時もいったが、卵料理は奥が深く難しい。私はいまだ満足のいくゆで卵ひとつ作ったことがない。だから、いろんな料理の素材でも、卵はプロとアマの差がよく出るのではないだろうか。
 ポムの樹のオムライスはオムライスそのものは小生のほうがうまいが、卵の処理は負けている。カツ丼にしても、神戸の代表的なカツ丼屋吉兵衛、とんかつそのものは小生のほうが勝っている。ところがカツ丼としての総合的には吉兵衛の勝ち。どこが違うのか。卵のあつかいである。小生は吉兵衛のような卵のとじ方はできない。
 小生は料理のアマである。卵はプロには負る。で、プロに対抗できるオムライスがこれである。オムライスで一番難しいのは卵の包み方。卵を薄く、それでいてふんわりと包むのはたいへんに難しい。だったら卵で包まないオムライスにすればいいのである。
 玉ねぎを炒め、合いびき肉も炒め合わせる。マッシュルームも刻んで入れよう。これにご飯を加える。季節のモノだからうすいも入れよう。これに溶いた卵を入れ、かきまぜて、フライパンの上でアーモンド型の形を整える。皿に盛りつけてケチャップをかければできあがり。うん、これはうまい。そして卵が切腹するといった失敗もない。オムライスが上手くできない人は一度お試しあれ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 麻婆パスタ 巡洋戦闘艦タ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。