goo

麻酔と入院手術の説明をうける

 午後から半日休暇をとって、神鋼病院へ。11月22日の手術にそなえて、麻酔医の説明と、手術入院についての説明を受ける。
 手術は「経尿道的前立腺レーザー切除術(HoLEP)」という手術。麻酔は半身麻酔。脊髄くも膜下麻酔という麻酔だそうだ。背骨に注射して、下半身を数時間麻痺させる。なんか痛そう。手術が長引いたり、途中で半身麻酔が切れたら全身麻酔をほどこすこともあるとのこと。
 副作用として、手術後、頭痛、知覚異常、脱力、筋力低下などが起こるそうな。ごくまれ、何万件に1件の割合で重大な副作用が起こることもある。ご承知おきください、とおどされる。
 麻酔の説明の後、手術と入院中のだんどりについて説明を受ける。手術前日の11月21日の午前中に入院。術前準備を行う。主治医から手術の説明。この日は夕食が出て入浴もできる。
 手術は11月22日の午前9時からの予定。朝から点滴。手術時間は前立腺の大きさしだいだから、手術にかかってみないと判らない。手術後はベッドで安静。テレビを観たり本を読むことぐらいはできるとのこと。点滴、心電図モニター、留置導尿カテーテル、と、またサイボーグ状態。術後7日ぐらいで留置導尿カテーテルは外される。1週間ぐらいで退院できる。退院後は1日に1000ccの水を飲むべし。
 小生、これで生涯で6回目の入院だが、こんな説明を受けて入院するのは初めて。今までは胃や大腸からの出血で緊急入院ばかりだった。入院なんてもんはできたらせんほうがええ。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 文学とはなんぞや とつぜん上方... »
 
コメント
 
 
 
できる限りに早い全快をお祈り申し上げます (アブダビ)
2016-10-20 02:09:35
入院なとしないで済むのなら…と思います。
早く済んで元気にお酒のめるようなる事を祈ります。
 
 
 
アブダビさん (雫石鉄也)
2016-10-20 09:45:20
ありがとうございます。
手術の日、早く来てほしいような、来てほしくないような。
 
 
 
最後の手術に (もぐら)
2016-10-20 22:16:16
この手術が最後の手術になりますように。
そして入院もこれで卒業となりますように。

雫石さんの体調がよくなって早くお酒が解禁になりますように。
日常生活が元に戻りますように。

思い切ってはるさんに会いに北海道に行ってきました。
そして飛行機から見た北海道の大地、自然に思わず雫石さんのことをお願いしました。
神さんなんて信じないけど北海道の大地はなんだか力強くて。

そしてまたまたお願いです。
「も、いいんじゃない」という作品を朗読させていただきたいのです。
どうぞよろしくお願いいたします。

そしてそしてご相談なのですが、今年もはるさんとクリスマスパーティをするつもりなのです。
去年と同じやり方でやろうかと話し合っています。
雫石さんの手術や体調が許していただけるならご参加いただきたいのですがいかがでしょうか。
「今年は聞く側にしますよ」でもはるさんも私も嬉しいのですから。
また時期が来ましたら招待状をお送りいたします。
 
 
 
もぐらさん (雫石鉄也)
2016-10-21 09:21:02
ありがとうございます。
はるさんと、お会いになったとのこと。様子ははるさんのブログで聞きました。楽しそうですね。
「も、いいんじゃない」朗読OKです。楽しみにしてます。
「クリスマス企画」参加させていただきます。11月中には退院するつもりですので、なにか書けると思います。入院中にネタくりをしておきます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。