goo

マッドマックス2


監督 ジョージ・ミラー
出演 メル・ギブスン、ブルース・スペンス、ケル・ニルソン

 アクション映画のシナリオは2種類ある。まず設定ありき。まずアクションありき。こういう設定だから必然的にこういうアクションになる。こういうアクションを描きたいからこういう設定にする。この映画は典型的な後者ではないか。荒野を舞台に思いっきりカーアクションをくりひろげたい。この目的は充分に達せられた。小生、この手の理屈抜きのアクション映画が大好きだから、この映画は大満足である。実は、封切り時、映画館で観ている。その時は物理的な圧迫感を感じるほどの、緊迫感と爽快感を味わった。映画が終った瞬間、どっと疲れて、席を立った時、少し足がふらついたほどだった。この映画のアクションシーンはそれほど凄かった。今回DVDで自宅のモニターで観たわけだが、さすがに映画館で最初に観た時ほどの衝撃はなかったが、やはりこの映画のアクションは一級品だ。
 大戦争が勃発した。石油が極端に不足。文明は崩壊。石油は貴重品。こういう設定の世界。マックスは愛車インターセプターに乗って荒野をさまよう。ジャイロコプターのパイロット、ジャイロ・キャプテンと知り合い、集落があり、そこでは石油を採取して精製もしていることを教わる。
 集落は石油を狙う凶悪な暴走族に襲撃される。集落の人々はこの地を離れ3200キロ離れた「楽園」に移住したがっている。そのため貯蓄している石油をタンクローリーで運搬する必要がある。マックスは集落のリーダー、パッパガーロにタンクローリーの運転を頼まれる。一度は断って集落を出たマックスは族に教われインターセプターを失い集落に戻り、タンクローリーの運転を引き受ける。
 マックスの運転する巨大なタンクローリーに、ヒューマンガスを頭目とする暴走族が襲いかかる。
 このヒューマンガスを始めとする族どものファッションは、後のエンターティメントに多大な影響を与えた。漫画「北斗の拳」プロレスのギミック(ロードウォリアーズなんか)、パンクロックの化粧や衣装。今となっては滑稽と観るムキもいるが、小生はヒールの一つの典型を作ったと評価する。
 ともかく、理屈はいらん、ただただ純粋にアクションを楽しみたい人には2重丸でお勧め。カーアクションは単調で嫌いだ、という人は観ない方がいいかも。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )