goo

今年の阪神タイガースは?

 元阪神で他の球団に移籍した選手で、ぜひとも戻ってきてもらいたい選手が二人いる。井川と赤松だ。要するにシーズン通してローテーションを守れる先発ピッチャーと俊足の野手。この二つのポジションをどうにかしないことには、今年の阪神の優勝は絶対にない。
 抜けた戦力、ウィリアムス、アッチソン、藤本、今岡、赤星。入った戦力、城島、フォサム、メッセンジャー、マートン。新戦力で実力が確認できているのが城島のみ。抜けた戦力では、ウィリアムス故障、藤本守備位置なし、今岡長期不振で、2009年は戦力として計算できなかったが、赤星、アッチソンの抜けた穴は大きい。阿蘇のカルデラかツングースカ隕石の穴クラスのでっかい穴が二つも開いてしまった。
 ウィリアムス+アッチソン+藤本+今岡+赤星=城島+フォサム+メッセンジャー+マートンとは決してならない。と、なると不等式となるわけだが、<なんてことはならないことはだれの目で見ても明らか。どう見ても>だ。大幅な戦力ダウンだ。
 今年の開幕予想先発オーダーを見てみよう。まあ、普通に考えてこんなところではないだろうか

1番 センター   マートン
2番 2塁     平野
3番 ショート   鳥谷
4番 レフト    金本
5番 3塁     新井
6番 キャッチャー 城島
7番 1塁     ブラゼル
8番 ライト    桜井
9番 ピッチャー  安藤

 こうして見ると確かに凄い打線に見える。特に下位打線にこれだけ一発のある打者が並ぶと、相手にとって恐いだろう。しかし、それは長打が連続して打たれた場合。1発づつであれば、ホームランでも1点。今の阪神のピッチャーを考えると、1点や2点はすぐひっくり返されそうだ。
 先発ピッチャー陣は崩壊しているといっていいだろう。頼りになりそうなのは能見だけ。岩田は故障。安藤は炎上。下柳は年寄。福原は福原。フォサムはハズレ。二神は新人で故障。え~とあとだれがおったかな。久保、上園?どうもJFKに頼りすぎて先発ピッチャーの育成を怠った岡田時代のツケがまわってきたか。
 うしろのピッチャーも不安いっぱい。藤川は藤川でいいが、彼の前に大穴が空いてしまった。筒井、渡辺、金村暁らで埋まるのか。久保田が中継ぎに復帰するらしい。ウィリアムスを呼び戻そうという話も出ているそうな。ウィリアムスは好きなピッチャーだから小生はうれしいが、37歳のジェフの左腕に以前の威力があるのか不安。久保田に負担がかかるだろう。福原を先発から中継ぎに回したらどうか。
 それにしても赤星の抜けた穴は大きい。選手会長としてのチームのまとめ役もさることながら、センターに赤星がいることによって、守備での衰えが目立つ金本、定着しないライト、これらのカバーを赤星がどれだけやってきたことか。マートンでは絶対に赤星の代役は無理。こんな未知数の外国人を引っ張ってくるぐらいなら、浅井、新人の藤川俊、狩野の外野コンバートの方がよほど良いと思うが。
 近年の阪神の大きな得点源は赤星の足だった。粘って出塁。すかさず盗塁。1安打で赤星ホームイン。これで先取点。あとはJFKで逃げ切り。これが阪神の勝ちパターンだった。勝ち星を計算するには「足」は不可欠ではないか。長打はみずもの足はアテにできるのである。城島も来た事だし、狩野の俊足を生かさない手はないだろう。狩野の外野コンバートをぜひ検討してもらいたい。
 今年の阪神は10点以上の大差をつけて大勝して、翌日には1対0で負ける、ということが多いのではないか。たまたま先発ピッチャーの調子がよく、何かの偶然で完投するか、7回までリードを保って、久保田が劇場を開演せず藤川までつなげば、完封勝ちもあるかもしれないが、今年の阪神も完封は少ないだろう。
 先発ピッチャーの不安は今にはじまったことではないし、赤星の首ヘルニアも昨日今日のことではない。わかっているにの、なんら手を打たなかったフロントの先を見る目のなさをファンとして嘆く。いまになって先発要員として新外国人選手を検討するとか。泥縄もいいところだ。で、今年のセリーグ順位予想だが・・・・。

1位 読売ジャイアンツ
2位 中日ドラゴンズ
3位 ヤクルトスワローズ
4位 広島カープ
5位 阪神タイガース
6位 横浜ベイスターズ

 Aクラスはこれで間違いないだろう。広島はようわからんブラウンにかわって野村新監督になった。ベースを投げない監督だから選手もやりやすかろう。ヤクルトの先発ピッチャーが計算違いだと広島Aクラスになるかも。
 横浜も新監督である程度の補強をした。阪神の打線が爆発しなければ、阪神最下位もありうる。困ったもんだ。まったく。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 5 )