goo

クロマグロは本当はどうなのか?

 中東ドーハで開催されていた、ワシントン条約締結国会議において、モナコが提案していた大西洋、地中海産クロマグロの国際商業取引禁止案が反対多数で否決された。日本、韓国の主張に中国が同調、これをアフリカ諸国が支持したためとのこと。
 日本の漁業水産関係者並びに、回転すしチェーンなどマグロを大量消費する業界はとりあえず、ホッとひと安心というところだろう。小生もマグロは好きなのでうれしいニュースだ。
 しかし、各マスコミで報道されているのは、各国の利害と経済的な側面だけで今回の結論がなされているように見える。日本はクロマグロの世界1の消費国である。今回議題となった海域で漁獲されるクロマグロも大多数が日本に輸出されている。日本の主張に賛成した国の多くが、クロマグロを日本に輸出して外貨を稼いでいる。こういう経済面の思惑で上記の結果が出たわけだ。
 では、大西洋、地中海のクロマグロは本当に絶滅の危機にあるのだろうか。経済学ではなく、海洋生物学の議論がなされたのであろうか。なされたけれども報道されなかったのか、はたまた利害の、お金のからむ問題だけが議論されたのかわからぬが。
 提案国のモナコはカジノとF1レースとグレース・ケリーだけの国とお思いの方が多いだろう。モナコはそれだけの国ではない。海洋研究にかけては世界のトップクラスのレベルである。そのモナコの海の生き物に関する研究の実力を発揮すれば、各国を説得できるだけクロマグロのデータをプレゼンテーションできたはず。日本もまた、モナコに負けない海洋研究の実力を有していることはご承知の通り。日本もモナコに負けないデータを提示できたはずだ。
 参加各国が客観的なデータを持ち寄って、クロマグロは生物学的に見てどうなのか。そういう議論をすべきだったのではないか。議論がなされたのなら報道すべきだった。もし、クロマグロが本当に絶滅の危機にあるのならば、日本人もクロマグロを食べるのをがまんしなければなるまい。この会議は生物の会議であって経済の会議ではないのだから。場所がドーハだけに「今度は日本が勝った」なんて喜んでいるムキもいるが、勝ち負けの問題ではないだろう。要はクロマグロが本当はどういう状況か、ということなのだ。
 これを機に日本人は少々反省しなければいけないのではないか。本来、江戸の鮨は江戸前といって、江戸の前の海で獲れた魚だけで握った鮨であった。それが江戸の海だけでは足らず、日本国中の魚が築地に集まる。それでも足らず世界中の水産物が日本に集まる。イカ、エビ、マグロ、タコ、カニ、これらの水産物は世界の水揚げの多くを日本人が食べている。いずれも世界1の消費量だ。少々貪欲すぎるのではないか。理想をいえば、日本人は日本の海で獲れた魚だけ食べて満足すべきかも知れない。
 そういう意味からもクロマグロの完全養殖のより一層の研究が待たれる。

 星群ホームページ連載「SFマガジン思い出帳」が更新されました。よろしければご覧になってください。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 10 )