日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

「春惜しむ」を実感させる花(^^♪淡い紫色の花を咲かせている「ミツバツツジ」or「コバノミツバツツジ」

2017年04月25日 18時08分21秒 | 歳時記

春の心地よい朝、晴れ 時々 曇り、最高気温23℃(-1)、洗濯指数は90バスタオルでも十分に乾きそう、との予報。
朝から薄日も射し、風はあったのですが、穏やかな春の陽気も午後には西風が強く、少し寒さも感じるような一日となった北摂。

今日は朝一から高槻の医大化学療法センターの検診と点滴に…。
診察の待ち時間が1時間以上、点滴の待ち時間が30分、点滴3時間で、パンとコーヒーで昼食取りながら、会計がまた時間がかかり、帰宅は5時前、一日仕事、とっつあん自身は何もしないのだけど、疲れました。


今が快い季節!快適気温
4月も後半になると、ヤマブキやつつじ、藤など初夏の花が咲き始めます。
季語も「春惜しむ」「夏近し」など、春から夏へと移りゆきます。
ところで日本人の「快適気温」は、20度から25度と言われています。
ちょうど今頃です。

と言うことで、今日の1枚の写真は、とっつあんには区別がつかないのですが神峯山寺の山で咲いていた淡い紫色の「ミツバツツジ」or「コバノミツバツツジ」です。

「ミツバツツジ(三葉躑躅)」は、葉が出る前に花を咲かせるツツジ科ツツジ属の落葉広葉低木です。
菱形をした緑色の葉が枝先に3枚輪状に付くのが特徴です。
枝が細くすんなり上に伸びます。
ミツバツツジ類は、4~5月頃に咲く紅紫色・淡紫色の花が多数咲きの花が美しいです。
花が終わってから葉が出てきます。
枝先に三枚の葉がつくことからこの名がついたそうです。
最も早く咲くツツジの1つで、主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育します。

「コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)」は高さ数mになる落葉の低木で、ほぼ落葉し、早春、新葉の展開に先だって紫から淡紫色の花を咲かせる、春の訪れを実感させるツツジです。

名前の由来は「小葉の三つ葉つつじ」の意味です。
菱形をした緑色の葉が枝先に3枚輪状に付くのが特徴です。
ミツバツツジの仲間にはたくさんの種類がありますが、そのなかでも小さな葉を持つとの命名です。

中部地方から関東地方に分布するミツバツツジに比べて、葉が多少小さいためこの名があるようです。
関西では、西宮市の廣田神社のコバノミツバツツジ群落が有名です。

廣田神社のコバノミツバツツジ群落は、西宮市の象徴甲山の南々東の山麗廣田山にあり廣田神社の外苑内約2万平方メートルに亘り十数カ所に分かれて大きな群落を形成し、総株数は約2万株にのぼると推定され、昭和44年兵庫県指定天然記念物に指定されています。

どちらも同じ花言葉は、「節制」「抑制のきいた生活」「平和」です。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

明日4月26日(癸未 みずのとひつじ 仏滅) 
●「よい風呂の日・ふろの日」
 「よい(4)ふ(2)ろ(6)」の語呂合せから、東京ガスが1985(昭和60)年5月に制定した記念日です。
 親子でお風呂に入って親子の対話を深めたり、家族同士ふれあいを促すことを目的にしています。
 た、「2(ふ)6(ろ)」の語呂合わせで、毎月26日は風呂の日です。

●「世界知的所有権の日」
 世界知的所有権機関(WIPO)が2000年に制定。
 1970年4月26日に「世界知的所有権機関を設立する条約」が発効しました。
 知的財産の役割とその貢献を強調するとともに、人間の試み・努力に対する意識及び理解の向上を図ることを目的としています。

●「リメンバー・チェルノブイリ・デー」
 1986(昭和61)年のこの日、ソ連ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で、大爆発事故が発生しました。
 周辺の地域に大量の放射能が撒き散らされ、史上最悪の原発事故となりました。
 今でも周辺地域には後遺症に苦しむ人たちがたくさんいます。
 チェルノブイリの悲劇を忘れないで、放射能による環境汚染も含め、その安全性にたえず警告を発していく日です。

●「七人の侍の日」
 1954年(昭和29年)のこの日、黒澤明監督の「七人の侍」が公開されたことに因みます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ 「にほんブログ村」ランキング参加中です。
今回は3811
です。「よかった!」と思われたら「季節

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北摂の遅咲きの桜だより(^^♪... | トップ | 高槻 まちかど遺産北部地区(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歳時記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。