日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

春の訪れ…(^^♪仲冬のこの季節に、一面に広がるとはいかないけど珍しい「菜の花」が

2016年12月23日 14時13分18秒 | 歳時記

昨日の雨も上がり寒さも緩んだ冬の朝、晴れ 時々 曇り、西の風やや強く(強風注意報発令中)最高気温15℃(-6)、洗濯指数は70残念!厚手のものは乾きにくい、傘指数は40折りたたみ傘がいいでしょう、との予報。
時々陽射しはあるのですが、今にも降り出しそうな黒い雲に覆われたり、少し寒めの一日となった大阪。

ウォーキングは、昨日からの絶不調の体調を考えて、西国街道、安威川、西河原公園の短縮コースで、7500歩。
朝で薬が終わり、今回は2週間の休薬期間に入るのですが、しばらくでも体調が戻ってくれることを願っています。

今日の1枚の写真は、富田の旧街道筋で見つけた、この時期では珍しい「菜の花」です。


 菜の花や 月は東に日は西に 与謝蕪村(1716-1783年)

春、一面に広がる菜の花畑は壮観で、代表的な春の風物詩でもあります。
菜の花は俳句の季語で、季節は晩春。
現代の日本では、菜種油採取用のアブラナ畑はあまり見られなくなりましたが、以前中国で仕事の移動途中で見た菜の花畑は走れども走れども一面黄色、壮大だったことを鮮明に覚えています。

「菜の花」は、春によく見かける黄色い花の総称として使われますが、ふつう見かけるのは「西洋油菜(せいようあぶらな)」なので「西洋油菜」のことを「菜の花」と呼ぶことが多いようです。
菜の花(なのはな)は、アブラナまたは西洋油菜(セイヨウアブラナ)の別名のほか、アブラナ科アブラナ属の花を指します。
食用、観賞用、修景用に用いられます。

花言葉は「豊かさ」、「財産」です。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

明日12月24日(庚辰 かのえたつ 赤口)
●「クリスマスイブ」
 イエス・キリストの生誕を祝う、キリスト降誕祭前日がクリスマスイブです。
 キリスト教の教会では、前夜祭として、クリスマス当日にかけて深夜ミサが行われます。
 教会では賛美歌を歌い、キリスト誕生の話が語られます。
 キリスト教の祭礼のひとつですが、日本では宗教とは関係なく年中行事のようになっています。
 この日が近づくとデパートや商店街、一般家庭でもクリスマスツリーを飾ったり、クリスマスプレゼントを用意したり、クリスマスムードが一気に盛りあがります。

●「クリスマス寒波」
 1年のうちで、ある特定の天気が現れやすい日のことを特異日といいますが、12月24日~25日頃の寒波を「ク リスマス寒波」と言います。
 クリスマスの頃は、発達した低気圧の影響で天気が荒れ模様になりやすいのです。この低気圧が過ぎたあとにやってくる寒波のことを、俗に「クリスマス寒波」といいます。
 又、年末近くにも発達した低気圧が過ぎることが多く、このころの寒波を「年末寒波」と呼びます。

●「NORAD(ノーラッド)のサンタ追跡サイト」
 北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が,毎年クリスマスイブに北極から出発するサンタさんを,北米に設置されたレーダー,静止衛星,サンタカム,戦闘機で追尾し,サンタさんの最新情報を提供するというものです。
 NORADとは、ミサイル攻撃や空襲に備えて空を監視する、アメリカ合衆国とカナダの2カ国連合の軍事組織ですが、そんな国家防衛機関が驚くべきことに毎年クリスマスイヴの夜が近づくと、世界中を旅するサンタクロースを追跡するという“夢に満ちた”サービスを行っているんです。
 このサンタ追跡プログラムは1955年、地元紙の『サンタ・ホットライン』に、ある店が特別のホットラインで「サンタさんとお話ができる」と宣伝し、広告に間違った電話番号を載せてしまったのです。間違い電話の先は、なんとノーラッドへ繋がりました。
 NORADの前身にあたる中央防衛空軍基地(CONAD)ホットラインの番号が誤って掲載されたのがきっかけです。子どもからの電話を受けたのは、司令官のハリー・シャウプ大佐、機転をきかせて「サンタは北極点から南に向かったらしい」と答え、以後、毎年サンタの追跡が行なわれるようになったのを、1958年に設立されたNORADも引き継いだそうです。

●「納めの地蔵」
 地蔵信仰は、苦を代わって受ける身代わり地蔵信仰、子供を守り救う子安地蔵信仰など中世から民間に広まりました。
 毎月24日はお地蔵さんの縁日です。12月24日は1年で最後のお地蔵さんの縁日として「納めの地蔵」と呼ばれます。

●「伊勢大神楽(いせだいかぐら)」
 伊勢神宮に参拝できない人の代わりに神楽を奉納する神事で、市内の伊勢大神楽講社の人々によって受け継がれています。
 普段は全国を回っていますが、12月24日には増田神社境内で全曲奉納されます。
 豪壮な獅子舞に加え、皿回しや軽業といった曲芸などもあり、境内は大勢の見物客でにぎわいます。 伊勢大神楽は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
 増田神社 三重県桑名市大字太夫155 TEL0594-23-2498 


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ 「にほんブログ村」ランキング参加中です。
今回は3687
話です。「よかった!」と思われたら「季節・四季」ボタンをポチッとお願いします。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初冬の北摂の朝(^^♪自然が魅... | トップ | クリスマスイブ(^^♪サンタさ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歳時記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。