日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

今年の漢字(^^♪「金」はリオ五輪で金メダル連発、政治資金問題、PPAPのピコ太郎も金色などの反映

2016年12月13日 13時50分42秒 | 歳時記
寒~い寒い冷たい雨の朝、雨 時々 曇り、北の風やや強く、最高気温11℃(+1)、洗濯指数は30室内に干すか、乾燥機がお勧め、傘指数は100かならず傘をお持ちください、との予報。
朝からの冷たい雨は本降りになったり小降りになったりで気温が上がらず、寒い一日となった大阪。

朝一、かかりつけ医院で定期検診、朝ドラ見て出たら4番、でも今日は順調だったので10時に帰れました。
近くのスーパーに買い物のお付き合いして後はゆっくりの休養日。今のところ歩数は5000歩。

今日の1枚の写真は、昨日の2016年今年の漢字の発表風景をテレビから撮ったものです。

その年の世相を漢字一文字で表す師走恒例の「今年の漢字」が昨日12日に発表され、「金」に決まりました。
この日午後2時過ぎ、京都・清水寺で森清範貫主が縦150センチ、横130センチの越前和紙に広島県産の熊野筆で力強く揮毫(きごう)しました。

「金」は2000年のシドニー五輪、12年のロンドン五輪の年に続き今年で3度目となりました。
投票で決まる「今年の漢字」は1995年に始まり、今年で22回目。
2位は「選」、3位「変」、4位「震」、5位「驚」、6位「米」、7位「輪」、8位「不」、9位「倫」、10位「乱」だったそうです。

公募で集まった15万3562票から最も多い漢字を選定。
司会者は「金」が選ばれた背景について、今年はリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックで多くの日本人選手が金メダルを獲得したこと、米大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏が金髪やお金持ちであること、「PPAP」が大ヒットしたピコ太郎さんが全身金色の衣装であることなどをあげました。

「どんどん輝く年になって欲しいという願いも込められているのではないでしょうか」とも。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

明日12月14日(庚午 かのえうま 友引)
●「赤穂浪士討ち入りの日【四十七士討ち入りの日・忠臣蔵の日】 」
 「忠臣蔵」で有名な、大石内蔵助良雄(おおいしくらのすけよしたか)以下、四十七士が、主君の仇を討つために綿密に計画を練り、1702(元禄15)年12月14日寅の上刻(午前3時ごろ)、本所の堀部安兵衛宅に集まり、そこから吉良上野介邸に討ち入りした日です。
 2時間の戦いの末、浪士側は一人の死者を出さずに吉良の首を取ることができました。
 世論は武士の本懐を遂げた赤穂浪士たちに味方し、幕府は最終的に一同切腹という処置をとりました。
 この事件を題材として、歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』など100種にものぼる作品が作られ、現在まで語り継がれています。
 また江戸本所松坂町にあった吉良邸の一部は現在松坂公園となり、毎年この日は元禄市で賑います。

●「南極の日」
 1911(明治44)年12月14日、ノルウェーの探検家・アムンゼンと4人の隊員が人類で初めて南極点に到達しました。
 ライバルであったイギリスの探検家スコットよりはわずか35日先んじていました。犬ぞりを使い、帰りはその犬を食糧にしたとか…。
 この日とは別に、1月29日も「南極の日」となっています。
 ところで、南極と北極、どちらが寒いかご存じですか。答えは「南極」だそうです。
 北極は、海に浮いている永久流氷で、海水(冷たくても0度)に暖められますが、南極は、南極大陸の上に氷や雪が降り積もっているからです。
 冬は、氷点下40度までさがる南極も、南半球なのでこれから夏。氷点下6度くらいまで、暖かく?なるそうです。
 一面氷の大地で、ペンギンの子育ての季節です。

●兵庫県赤穂市で「赤穂義士祭」が行われます。
 「忠臣蔵」の本拠地で、全市をあげて催される祭。
 2013年で第110回となる赤穂義士祭では、大石神社の祭典、花岳寺の法要、呼び物の忠臣蔵パレードをメインとする市中パレードなどが盛大に行われます。
 パレードは昼前に赤穂城跡を出発し、約1.3kmの沿道を練り歩き、観客を元禄の世界へ誘います。
 13日に花岳寺、大石神社で義士追慕の前夜祭が開催されます。
 赤穂城跡ほか赤穂市、駅前通り、お城通り周辺 電話:0791-42-2602(赤穂市観光協会)

●京都市山科区の大石神社で「義士討入記念祭」が行われます。
 大石神社(おおいしじんじゃ)は、1935(昭和10)年、大石内蔵助の義挙を顕彰するため、その隠棲地に創建された社です。宝物殿に内蔵助の書など、ゆかりの品を展示しています。12月14日には義士祭が行われます。
 47人の赤穂浪士が主君・浅野長矩のあだ討ちをした14の日に因んで毎年開催されます。
 まつりの当日は「連判状改め」や「刃傷松の廊下」「切腹」などの芝居が行われたり、討入り当時を再現する 「義士行列」は山科全域より四十七士が選ばれ、大石内蔵助をはじめとする表門隊、裏門隊、また、幼稚園児による四十七義士、遥泉院をはじめとする女人列、祇園一力亭でのようすを再現する大石内蔵助、元禄女人列、義士旗、音楽隊、そして清水一学など総勢三百人の奉仕による大行列が山科を行進し最終目的地の大石神社へ参拝します。
 境内においても義挙大祭がとりおこなわれ、献茶、献花、浪曲、剣舞、剣道など、この一日は義士一色に全国よりの参拝者で賑わいます。
 大石神社(おおいしじんじゃ) 京都市山科区西野山桜ノ馬場町116 電話075-581-5645


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ 「にほんブログ村」ランキング参加中です。
今回は3676
話です。「よかった!」と思われたら「季節・四季」ボタンをポチッとお願いします。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンホールアートシリーズ(^^... | トップ | 門真のええとこ(^^♪門真の歴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歳時記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。