日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

夏の海辺をイメージする花(^^♪夏を鮮やかに彩る豪華な花「サンパラソル」

2017年08月13日 15時38分52秒 | 歳時記
サラッとひんやり、少し気持ちのいい熱帯夜の朝、晴れ 時々 曇り、最高気温34℃(+1)、洗濯指数70残念!厚手のものは乾きにくい、との予報。

朝から薄日が射す感じで湿気も今までより少なめ、風もいい感じで吹いて、夏らしいからっとした暑い日になった北摂。

手足のしびれがひどく体調はまだ冴えないのですが、冷房の効いた近くのスーパーを3軒も回って5000歩、今日もこんな感じで…。

適当な肉を買ってきたので、午後はチャーシュー作り、酒粕を鍋で水に溶かし馴染ませて甘酒の準備を…。

今日の1枚の写真は、富田の駅への道の途中の家に咲いていた真紅の花「サンパラソル」です。

「サンパラソル」は、原産地は南米(ボリビア、エクアドル)で、キョウチクトウ科・マンデビラ属に分類される植物の総称です。
世界中で人気の夏を鮮やかに彩る豪華な花で温暖な地域に生息する明るくて力強い印象があります。

「サンパラソル」は、サントリーフラワーズが開発したマンデビラ(旧学名:ディプロデニア)の品種名であり、マンデビラは、熱帯アメリカ原産の蔓性植物、100種類ほどが分布しています。

自然の中では樹木などに絡みついて伸び、葉は倒卵形で光沢があります。
大きな漏斗形の白色やピンク、ローズピンク色などの花を咲かせます。

花言葉は、「固い友情」「固い約束」「情熱」「危険な恋」です。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

明日8月14日(癸酉 みずのととり 仏滅) 
●「お盆・盂蘭盆会」
 「お盆」は正確には、盂蘭盆会(ぼんえ)といわれ、「ウランバナ」といって、餓鬼道におちた亡者の苦しみを救うという意味の梵語から出たものです。
 釈迦の教えの、「毎年7月15日〈安居が終わる日〉に、施しものを供え、仏、法、僧に供養すれば、寿命をのばし、過去7世の父母の父母は、餓鬼の苦をまぬがれられる」に始まり、わが国では奈良時代に、各寺院で供養の行事を営んだものが最初とされています。
 一般に仏教の行事と認識されていますが、仏教の教義ではどうしても説明できない部分も多く、日本在来の民俗行事に仏教行事の盂蘭盆が習合して現在の形が出来たと考えられています。

●「専売特許の日」
 1885(明治18)年のこの日、日本で最初の専売特許が交付されたことに因みます。
 7月に施行された「専売特許条例」に基くもので、特許第1号は、堀田瑞松の錆止め塗料とその塗り方ほか7件が認められました。
 特許制度は、発明者の権利を守るだけでなく、社会的技術水準の向上にもつながります。

●「裸足(はだし)の記念日」
 身体と心の専門家「ボディマイスター」の養成スクールとして知られる一般社団法人「日本スポーツ&ボディ・マイスター協会」が、8(は)1(だ)4(し)の語呂合わせから制定しました。
 裸足で生活したり、裸足でランニングすることで人間本来の感覚を取り戻し、健康になってもらう活動を広めるのが目的です。
 裸足ウォーキングなどのイベント、講座を開催します。

●「国民皆泳の日」
 日本水泳連盟が1953(昭和28)年に制定した記念日です。
 国民皆泳で体力の増進を狙いとしています。
 同連盟のホームページ(http://www.swim.or.jp/)では、水泳競技に関した情報や試合日程、日本古来から伝わる向井流水法などを紹介しています。

●四天王寺さん「盂蘭盆会万灯供養法要」
 先祖供養の為に行われる万灯供養は、8月9日から16日の期間中の夕刻より約1万本のご先祖の霊名が記された万灯ローソク(特製大ローソク)に火が灯され、幻想的なムードのなか、般若心経の読経のなか、僧侶が伽藍内(五重塔・金堂・講堂の周辺)を練り歩きます。
 亀井堂の霊水は金堂の地下より、湧き出る白石玉出の水で、六時堂・金堂・北鐘堂にて 回向(供養)を済ませた経木を流せば極楽往生が叶うといわれています。
 四天王寺では、塔婆の形をした経木(薄い木の札)に亡くなられた人の法名(戒名・俗名)を書いて回向をしてもらいます。

●「平戸ジャンガラ念仏(ひらどじゃんがらねんぶつ)8月14日 ~ 8月18日」
 旧平戸藩領内に伝わる念仏踊りです。五穀豊穣を願った農民の踊りで、菅笠を造花で飾り、ふちには幕を垂れ、腰の小太鼓を両撥で打ちます。
 「ジャン」は鉦(かね)の音、「グワラ」は小太鼓の縁を打つ音が語源だそうです。江戸時代には、歴代藩主の保護を受け、民俗芸能として保存状態がよく、今日まで伝えられています。
 志々伎神社の氏子、神田地区の領民が豊年祈願の踊りとして神社仏閣に奉納したのに始まると伝えられます。現在、市内では平戸・中野・宝亀・紐差・根獅子・中津良・津吉・大志々伎・野子の9地区に伝承されています。
 念仏踊りの一つですが、お盆の先祖供養としての意義よりは、それを迎える人々は芸能としての見方が強くなっています。
 平戸市内9地区(亀岡神社など) 長崎県平戸市 0950-22-4111(平戸市観光商工課)


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ 「にほんブログ村」ランキング参加中です。
今回は3920
です。「よかった!」と思われたらポチっとお願いします。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の暑さを涼しく…(^^♪とっつ... | トップ | お盆に想う 日本では七福神... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歳時記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。