日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

大晦日(^^♪今年一年の最後の夜を締めくくり、暮れゆく年を惜しむ「除夜の鐘」

2016年12月31日 14時14分27秒 | 歳時記
冷え込んでいる寒~い寒い大晦日の朝、晴れ、最高気温12℃(+3)、洗濯指数は60乾きは遅いけどじっくり干そう、との予報。
凄く穏やかな年末、陽射しが暖かく、気持ちよく、過ごしやすい一日となった大阪。

朝から、ベーグルと昨日のあん使ってあんパン焼いて、ホームベーカリーで餅搗いて、あとは昨日の栗の甘露煮使って栗ようかんつくったら、年越しそば食べて、除夜の鐘聞いて、今年一年も幕を下ろすことに…、まあまあ頑張ったかなあ!

今日は12月31日、大晦日の夜を1年の日ごよみを除く夜と言う事で除夜と言うそうです。
と言うことで今日の1枚の写真は、わが家にも除夜の鐘の音が聞こえてくる西国22番札所総持寺の鐘楼です。

除夜の鐘は、1年の最後の夜を締めくくり、暮れゆく年を惜しむ、日本仏教で年末年始に行われる年中行事の一つです。
12月31日の除夜(大晦日の夜)の深夜0時を挟む時間帯に、寺院の梵鐘を撞くことを言います。

除夜の鐘は108回撞かれます。
この「108」という数の由来については次のような複数の説があります。
 1. 煩悩の数を表す
 眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)の六根のそれぞれに好(こう:気持ちが好い)・悪(あく:気持ちが悪い)・平(へい:どうでもよい)があって18類、この18類それぞれに浄(じょう:きれい)・染(せん:きたない)の2類があって36類、この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、人間の煩悩の数を表します。

 2. 一年間を表す
 月の数の12、二十四節気の数の24、七十二候の数の72を足した数が108となり、1年間を表します。

 3. 四苦八苦を表す
 四苦八苦を取り払うということで、4×9+8×9=108をかけたとも言われています。

 鐘を鳴らすことは中国の宋の時代に起こったものでその打ち方は『勅修清規』に「慢(よわく)十八声、緊(はやく)十八声、三緊三慢共一百八声」と記されています。
 除夜の鐘を聞きながら1年を振り返り、良い年をお迎え下さい。

今年一年ご訪問ありがとうございました。
新年は1月1日より発進します。
来年も頑張りますので、変わらずよろしくお願いします。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

明日1月1日元日(戊子 つちのえね 先負)
●「元日」
 1948(昭和23)年7月公布・施行の祝日法によって「新しい希望と決意とを持って新しい年の始めを祝う」ための国民の祝日に制定されました。
 元日は古来から宮中行事でもあり、「四方拝」(しほうはい)として重要な儀式とされていました。1月15日の「小正月」に対して「大正月」ともいいます。
 最も大切な年中行事であるお正月は、元日に門松で年神様を迎え、井戸から若水を汲んで供え、雑煮やおせち料理を食べて祝います。
 なお、「元日」は1月1日のこと。「旦」とは朝という意味で、元日の朝を「元旦」(がんたん)と言います。

●「初詣」
 年が明けてから、初めて神社仏閣に参拝することです。
 氏神様やその年の恵方に当る方角の社寺にお参りをして、その年の無事と平安を祈ります。
 「恵方」とは、その年の福徳を司る神「歳徳神[さいとくじん]」の所在する方角のことで、何事をするにも最も良いとされる方角のことです。
 昔は大晦日の夜に社寺にお参りして一度家に戻り、元日の朝になって再び参詣していましたが、今では大晦日の夜から出かけて行って、社寺の境内で元旦を迎えるという形もみられます。

●「鉄腕アトムの日」
 1963(昭和38)年、フジテレビではじめての国産アニメとして『鉄腕アトム』のテレビ放映が開始されました。

●「少年法施行の日」
 法務省刑事局が実施。
 1949(昭和24)年、前年7月15日に公布された「少年法」が施行されました。
 20歳未満の少年の健全な育成を目的としています。

●「神戸港記念日」

●毎月1日は「あずきの日」
 「古事記」の穀物起源神話にも書かれているほど古くから食べられていたあずき。毎月1日と15日には小豆ご飯を食べる習慣もあったあずき。
 利尿作用、便通、乳の出にも効果的とされるあずきを食べて健康になってもらえたらと、あずきの製品を扱う井村屋製菓株式会社が制定しました。
 日付は毎月1日にあずきを食す習慣を広めたいとの願いからだそうです。

●毎月1日は「資格チャレンジの日」
 行政書士、社会保険労務士などの資格取得の通信講座で知られる株式会社フォーサイトがしました。
 自己啓発、転職、就職などで重要な資格とその取得について、毎月の初日である1日に考え、資格取得に挑戦してより良き人生を目指してもらうのが目的です。

●茨木神社の「えとくぐり」
 1100余年の歴史を持つ古社です。旧茨木村、そして中条村の氏神として広く古の昔から人々の崇敬を集めています。本殿に建速素盞鳴尊(たけはやすさのおのみこと)を祀り、境内神社は10社を数えます。奥宮には天手力男命(あめのたぢからおのみこと)を祀る天石門別神社があります。天石門別神社は、927年に編纂された延喜式神名帳にも嶋下郡17座の一つとして名を連ねています。
 茨木神社では古来「えとくぐり」と称する神事があります。
 新年にその歳の「干支(えと)」を掲げた祝門をくぐって参拝することにより今年中の開運厄除け繁栄守護のご神徳を得る行事です。
 茨木神社 茨木市元町4番3号


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ 「にほんブログ村」ランキング参加中です。
今回は3695
話です。「よかった!」と思われたら「季節・四季」ボタンをポチッとお願いします。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歳の瀬もおしせまり…(^^♪のん... | トップ | 春のおとずれ(^^♪笑う門には... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歳時記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。