日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

しろあと歴史館 企画展(^^♪〈高槻の村と町〉「津之江 江戸の暮らしと今に伝わる行事」

2017年01月04日 14時33分41秒 | 歳時記
寒~い寒い冬の朝、晴れ のち時々 曇り、最高気温14℃(-1)、洗濯指数:40夕方までにはなんとか乾きそう、との予報。
午前は穏やかな気持ちの良い気候、午後には薄曇りとなり少し冷たい風も吹き、肌寒い感じになった大阪。

今日のウォーキングは、高槻市のハニワ工場公園から中の池、上の池公園方面、阿武山の丘陵なので少しアップダウンもあって良い感じのコース、12000歩。

中の池の渡り鳥も随分慣れてきて、池の畔を歩いているとずっと付いて来てくれて愛嬌たっぷり。
楽しいウォーキングになりました。

今日の1枚の写真は、今日から開催される高槻市立しろあと歴史館の企画展〈高槻の村と町〉「津之江 江戸の暮らしと今に伝わる行事」の案内です。


しろあと歴史館HPより紹介します。

津之江は、芥川中流域の右岸に位置し、村のあけぼのは、旧石器時代にさかのぼります。
弥生時代から鎌倉時代にかけての住居や墓が確認されており、古くから人びとの営みがあったことを物語ります。

江戸時代には、庄屋が世話役として村人の日常生活に深く関わりました。
津之江には、庄屋が書き残した膨大な庄屋文書が伝来し、村の暮らしの諸相を読み解くこができます。
また、村には筑紫津神社をはじめ、通称「アジャリの森」と呼ばれる稲荷神社、東光寺や光専寺、西教寺があり、寺社では江戸時代以来の年中行事が今も行われています。

本展では、江戸時代の庄屋文書や寺社に伝来する文化財、遺跡の出土品や年中行事の写真を通じて、津之江地域の歴史や民俗を紹介します。

 会期:平成29年1月4日(水曜日)~2月26日(日曜日) 
 休館日: 月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日
 開館時間: 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
 会場:しろあと歴史館 企画展示室
 観覧料:無料 

皆さん、是非ご鑑賞ください。
とっつあんは2月1日の午前に当番です。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

明日1月5日(壬辰 みずのえたつ 先勝)
●「小寒(しょうかん)」
 二十四節気の1つで、寒さが最も厳しくなる前の時期です。
 天文学的には、天球上の黄経285度の点を太陽が通過するとき。
 この日を「寒の入り」と言い、節分(立春の前日)までを「寒中(寒の内)」と言います。冬の寒さがいちばん厳しい時期です。この日から「寒中見舞い」を出しはじめます。

●「囲碁の日」〇🔴〇
 日本棋院が、「い(1)ご(5)」で囲碁の語呂あわせから、囲碁の普及を進めるため提唱しました。

●「いちご(世代)の日」
 いちごの日は、「いち(1)ご(5)」の語呂合せから、果物のいちご(ストロベリー)ではなく、15歳という高校受験を間近にした人生の転機のひとつを迎えたこの世代を応援するために設けられました。
 1月15日も同じく「いちごの日」と呼ばれますが、これは全国いちご消費拡大協議会が制定したもので、文字通り「苺(いちご)」の日です。

●「新年宴会」
 1874(明治7)年から1948(昭和23)年まで行われていた、天皇が豊明殿に出御し、皇族・大勲位・親任官・勅任官および外国使臣を召して宴を賜った儀式です。
 民間でもこれにならって、この日に新年を祝う会が行われていました。

●「魚河岸初競り」
 各地の魚河岸で競りを開始します。
 新年の初物として御祝儀相場が付けられます。

●「初水天宮」
 毎月5・15日は水天の縁日で、一年で最初の縁日を「初水天宮」と言います。

●「伏見稲荷大社 大山祭(おおやままつり)」
 早朝、稲荷山七神蹟の外玉垣に注連縄を張る注連張神事が行われます。
 本殿祭のあと、宮司以下祭員・参列者は揃って御膳谷奉拝所に向かい、斎土器と呼ばれるかわらけに中汲酒を盛ったものを御饌石の上に供えて、五穀豊穣と家業繁栄を祈る山上の儀が行われます。
 続いて直会が行われ、一同「ひかげのかずら」を首にかけ、途中長者社で杉の小枝をかざし、七神蹟を巡拝します。
 伏見稲荷大社 京都市伏見区深草藪之内町68 TEL075-641-7331


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ 「にほんブログ村」ランキング参加中です。
今回は3699
話です。「よかった!」と思われたら「季節・四季」ボタンをポチッとお願いします。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お正月さま(^^♪歳神さまの依... | トップ | まだ間に合う初詣(^^♪初詣は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歳時記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。