日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

和菓子教室「重陽の節句 ねりきり(菊、紅葉)ときびぜんざい」

2008年09月04日 13時47分14秒 | パンとお菓子

昨日は月一の和菓子教室でした。
今月のテーマは「重陽の節句」と言うことで、秋らしく、「ねりきりの菊と紅葉」そして、実習はないのですが「きびぜんざい」でした。

写真は先生の見本です。
上品な甘さのしっとりとした秋のねりきりです。

ねりきりというのは、練り物の一種で上生菓子といわれるもので、和菓子の代表的なお菓子です。
あんを作るとき、よく錬ることが名称の由来です。
白あんに砂糖を加え火にかけてよく錬り、つなぎにみじん粉、ぎゅうひなどを加えて作った錬り切りあんをいろいろな形に彫刻した木型に押し付けたり、細かい手細工をして造形的な美しさを出します。
色彩も豊かで四季の感じを盛り込んだものが多く、古くから祝儀や茶の湯の菓子として用いられたきました。
季節にあわせた形や色を作る技は、和菓子の心髄と言えるのでは…。

でも、なぜかあまり好み出ない「ねりきり」…。

「きびぜんざい」は、淡い黄色でやさしい甘みの椀物です。
よく洗った、もちきびを電子レンジで10分加熱、全体を混ぜて、切り餅を上に乗せてさらに2分加熱。塩を少々加えて餅が全体になじむまで混ぜます。
こしあんを水で溶き、温めたものをそのきび餅にかけたものです。

以前京都で食べたときには、あまりにも甘すぎて、胸焼けしましたので、もうこりごりって感想でした。
ところが、今回のぜんざい甘みも上品にやさしい甘みになっていたので、見直しました。
自分で作れるのなら、甘みの調整は自由にできますネ。

明日は「石炭の日(クリーンコールデー)」です。
1992(平成4)年に通商産業省(現在の経済産業省)の呼びかけにより、日本鉄鋼連盟・電気事業連合会・日本石炭協会等8団体が「ク(9)リーンコ(5)ール」の語呂合せから制定しました。
エネルギー源としての石炭のイメージアップを図り、ほかの化石燃料に比べて二酸化炭素の発生量が多い石炭をクリーンなエネルギーとするための技術開発に取り組んでいることをPRする日です。
火力発電所の一般公開等が行われるそうです。

また「国民栄誉賞の日」です。
1977(昭和52)年のこの日、2日前の9月3日に通算ホームラン数の世界最高記録を作った王貞治に日本初の国民栄誉賞が贈られたことに因みます。
この賞は内閣総理大臣表彰のひとつで、前人未到の偉業を成し遂げ、多くの国民から敬愛され、夢と希望を与えた人に贈られる賞です。
現在までに王貞治・古賀政男・長谷川一夫・植村直己・山下泰裕・衣笠祥雄・美空ひばり・千代の富士・藤山一郎・長谷川町子・服部良一・渥美清・吉田正・黒澤明・高橋尚子など、スポーツ界や芸能界を中心に贈られています。

さらに「みゆき族の日(フリーファッションデー)」です。
1964年(昭和39年)の9月5日、夏休み明けの最初の土曜日、東京・銀座のみゆき通りにズダ袋を持った若者たちの一群が現れました。
みゆき族の出現です。自由な服装で街を歩く、そんな日としています。

そして「金田投手、三振奪取の世界新」を記録した日です。
1962年9月5日、プロ野球の金田正一投手(国鉄スワローズ)は、後楽園で行われた対巨人戦で通算三振奪取3509個の世界新記録を樹立しました。
通算三振奪取記録は4490個でした。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ「にほんブログ村」ランキング参加中です。
    「ポチッ」とクリック、応援お願いします。私のポイントが上がります。

『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四国ブランドは「讃岐うどん... | トップ | 「青春18きっぷ」で名古屋へ! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きれいですね~ (kiko)
2008-09-05 10:05:21
ウヮ~ 

きれいなお菓子ですね (^^♪

季節を感じる色ですね~

食べるのが勿体ない・・・ (^^ゞ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。