日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

立夏の歳時記(^^♪端午の節句、♪やねよりたかい こいのぼり…♪ どうしてお母さんが出てこないの?

2017年05月05日 13時55分47秒 | 歳時記

清々しく気持ちのいい立夏の朝、曇り 時々 晴れ、最高気温26℃(0)、洗濯指数は80Tシャツなら3時間で乾きそう、との予報。
青く澄み切った五月晴れ、そよそよ吹く風も心地よい、快適で過ごしやすい一日となった北摂。

ウォーキングは山家街道を通り、春の例大祭が行われている高槻富田の三輪神社へ、その近くのお米屋さんでかしわ餅買って、先日オープンした富田の新名所おみやげ処笹井屋で水彩画を見て富田漬け買って、帰宅、8500歩。
ここ何日か食欲不振に息切れ動悸が激しい状況で、まあまあ頑張ったと思います、とにかく頑張りあるのみ!

端午の節句と言うことで、今日の1枚の写真は、薫風薫る青く澄み切った初夏の空に元気に泳ぐ「鯉のぼり」です。

「こいのぼり(鯉幟)」は元来、日本の風習で、江戸時代に武家で始まった端午の節句である旧暦の5月5日までの梅雨の時期の雨の日に、男児の出世と健康を願って家庭の庭先で飾られた紙・布・不織布などに鯉の絵柄を描き、風をはらませてなびかせる吹流しを鯉の形に模して作ったのぼり、と言うことだそうです。
皐幟(さつきのぼり)、鯉の吹き流しとも言います。

端午の節句には厄払いに菖蒲を用いることから、別名「菖蒲の節句」と呼ばれ、武家では菖蒲と「尚武」と結びつけて男児の立身出世・武運長久を祈る年中行事となりました。
この日武士の家庭では、虫干しをかねて先祖伝来の鎧や兜を奥座敷に、玄関には旗指物(のぼり)を飾り、家長が子供達に訓示を垂れました。

「竜門」の故事にちなんで、吹流しに鯉の絵を描くようになり、現在の魚型のこいのぼりは、さらにそこから派生したものです。
中国の正史、二十四史の一つである後漢書による故事で、黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を多くの魚が登ろうと試みましたが鯉のみが登り切り、竜になることができたことにちなんで鯉の滝登りが立身出世の象徴となりました。

本来は真鯉(黒い鯉)のみで、明治時代から真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)の対で揚げるようになりましたが、昭和時代からは家族を表すものとして子鯉(青い鯉)を添えたものが主流となっています。

 やねよりたかい こいのぼり
 おおきいまごいは おとうさん
 ちいさい ひごひは こどもたち
 おもしろそうに およいでる 

皆さんよくご存じのこの歌、どうしてお母さんか出てこないのでしょうか?

それには男の子の節句だから、世の風潮が家長制度が根強かった時代に作られた為、そして、5月5日はお母さんが体を休める日だからという理由が挙げられているそうです。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

明日5月6日(癸巳 みずのとみ 友引) 
●「ゴムの日」
 「ゴ(5)ム(6)」の語呂合わせから、ゴム製品のPRを目的に制定されました。 
 身の回りにあるゴムを使ったものを見直してみようという日です。
 ゴムには、天然のゴムの木から採取したラテックスを固めて作ったものと、天然ガスや石油などをもとに作ったものがあります。
 日常生活で使われる物の多くは後者です。
 ゴムの木を植えてからゴム生産用の樹液(ラテックス)を採取するまでに5年くらいかかるといいます。
 その後、ゴムの木は廃材として焼却されていますが、現在は再利用が進められています。

●「さくらパンダの日」
 東宝映画『余命1ヶ月の花嫁』のモデルとなった長島千恵さんの命日であるこの日を「さくらパンダの日」に制定したのは、映画を製作した“AprilBride”Projectです。
 長島千恵さんが伝えたかった「乳がん検診の大切さ」と「生きることの素晴らしさ」を多くの人の心の中に残るようにとの願いが込められています。
 記念日の名称は乳がんと闘う日々の中で、長島千恵さんを励まし続けたキャラクターの「さくらパンダ」にちなんでいます。

●「コロコロの日」
 日用家庭用品の製造販売などを手がける株式会社ニトムズが、自社で開発した粘着カーペットクリーナー「コロコロ」の商標出願(1985年)から25周年を記念して制定しました。
 日付は5と6で「コロコロ」の「コロ」の語呂合わせからです。
 「コロコロ」は楽にきれいに掃除が出来るツールとして、粘着カーペットクリーナーの代名詞となっているとか…。

●「コロッケの日」
 各種の冷凍食品の製造販売を手がけ、全国の量販店、コンビニ、外食産業などに流通させて、日本一のコロッケメーカーを目指す香川県三豊市の株式会社「味のちぬや」が制定した日です。
 日付は明治時代に登場して以来、庶民の味方として親しまれてきたコロッケを春の行楽シーズンに家族で食べてもらいたいとの願いと、5と6で「コロッケ」と読む語呂合わせからです。

●「鑑真忌,唐招提寺開山忌」 
 唐の高僧で、日本に渡って日本律宗を開いた鑑真の763(天平宝字7)年の忌日。
 なお、鑑真が開山した唐招提寺では、唐招提寺開山忌は、月遅れの6月6日におこなわれます。

●「春夫忌」
 詩人・小説家・評論家の佐藤春夫(さとうはるお)の1964(昭和39)年の忌日です。ラジオの録音中に急死しました。

●毎月6日は、「電話放送の日」「手巻きロールケーキの日」です。          


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ 「にほんブログ村」ランキング参加中です。
今回は3821
です。「よかった!」と思われたらポチっとお願いします

ジャンル:
文化
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高槻 まちかど遺産北部地区(... | トップ | 春から夏にかけての花(^^♪花... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
動悸と息切れ (motoko)
2017-05-05 16:38:50
とっつあんさん  今日は

5日はお母さんが休息する日・・・そうもいきません。
我が家は二人ですので、毎日忙しく過ごしています。

動悸と息切れは大丈夫ですか。
息切れでは酸素吸入をしなくては、と思ってしまいます。
私も朝方目が覚めると、ドキドキがしていて、脈拍を
測ってみてくださいと言われて、ドキドキしているときに
血圧を測っています。
とにかく頑張って歩いているとっつあんさんが、元気になろうとしている姿かと思っています。
お大事になさって、頑張ってくださいね。
Unknown (銭無のとっつあん)
2017-05-05 20:29:40
motokoさん

有難うございます。

酸素吸入はしていません、今は少し無理して我慢しながら歩いています。
これが、少しでも改善される方法かと…。
無理し過ぎないように、とにかく頑張るしかないでしょう。

庭のライラック綺麗ですね。
拡大写真の中に5枚花びらのラッキーライラック見つけましたよ。
興味がおありでしたら、探してみてください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歳時記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。