日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

「黒豆のパウンドケーキ」奮闘記(^^♪

2010年01月19日 14時18分21秒 | パンとお菓子

今日は、安威川で初めて「キセキレイ」を見つけました。
以前から、安威川にたくさんいるとは聞いていたのですが、とっつあんは一度も確認できなかったのです。
今年は、「カワセミ」は毎日のように、それも何羽も見ることが出来ます。

今日の1枚の写真は、とっつあんのブログにコメントをいただいている、葉月さんのブログ2010年1月5日の「黒豆のパウンドケーキ」ここをクリック)を真似したものです。
ホットケーキミックスを使って簡単にとはいかず…、2度目の挑戦で、一応写真は撮ったのですが…、まだまだ満足できるものではありません。

1回目は、生地が固く、出来上がりもパサパサ。再挑戦では、少し作り方も変えてみたのですが、パサパサ感はなくならない…。

ところが、調べてみると、出来れば、ラップなどで包み、1日~1週間ほど涼しい場所、もしくは冷蔵庫でねかせると、しっとりとする上、味が馴染むとか…。
と言うことで、ちょっと色々な作り方を調べてみて、再々度挑戦してみます。

☆パウンドケーキについての一口メモ
パウンドケーキ(英: pound cake)は、バターケーキの一種で、小麦粉、バター、砂糖、卵をそれぞれ1ポンドずつ使って作ることから「パウンド」ケーキと名づけられたそうです。
また、フランス語ではカトル・カール(Quatre-Quarts)といい、「四分の四」の意味で、これも小麦粉、バター、砂糖、卵の4つの材料を同量ずつ使うことに由来するとか…。

1ポンドと言われても具体的な分量はピンと来ませんが、1ポンドhな、大体453gとされ、本来は、これだけの量を使用してパウンドケーキは作られているそうです。
ただ、このままの量では、カロリーも高くなるので、現実的には、量は変えて作っているようです。

でも、食べられない代物ではなく、もう少しシットリすれば…、まあまあ美味しかったと思っています。

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
 明日1月20日(庚午かのえうま 大安)はこんな日です。
●「大寒(だいかん)」
 二十四節気のひとつです。
 小寒から節分までの「寒の内」の真ん中あたり、1年で最も寒い時期です。
 寒さ厳しい大寒の頃に、武道などの稽古をすることを寒稽古と呼びますが現在では冬の修業一般をさします。
 また、寒ぶり、寒さば、寒たら、寒しじみなど、「寒」の字がついた魚介類も多く、身がしまって脂がのり、美味なことで知られます。
 一方では凍り豆腐、寒天、酒、味噌など寒気を利用した食物の仕込みの時期でもあります。
 他にも、布の寒晒し、和紙の漉き込みなどに本の伝統を支える多くの作業も行われます。

●「二十日正月」
 正月の最後の日として納めの行事を行います。かつては正月の祝い納めとして仕事を休む物忌みの日でした。
 この日をもって正月の行事は終了します。
 正月の御馳走や餅などを食べ尽くす風習があり、正月に食べた魚の骨や頭までも食べ尽くすことから、骨正月・頭正月と呼ぶ地方もあります。

●「玉の輿の日」
 1905(明治38)年のこの日、祇園の芸妓お雪が、アメリカ政府の産業にまで強大な影響力を持っていた金融財閥モルガン商会創始者の甥、ジョージ・モルガンと結婚したことから玉の輿の日といわれています。
 お雪は「日本のシンデレラ」と呼ばれました。
 落籍料は当時のお金で4万円だったといわれています。

●「甘酒の日」
 日本の伝統的な飲み物であり発酵食品である甘酒の良さ、おいしさを多くの人に知ってもらいたいと、1969年から瓶入りの甘酒を販売してきた森永製菓株式会社が制定しました。
 日付は、甘酒は疲れを癒し、身体が温まる飲み物として大寒の頃がもっとも飲まれていることから。

●「海外団体旅行の日」
 1965年(昭和40年)のこの日、日本航空が海外団体旅行の「ジャルパック」を発売したことにちなみます。
 これが海外団体旅行ブームに火をつけたとされることから生まれた日です。

●「義仲忌」
 源義仲(木曾義仲)の1184(元暦元)年の忌日です。
 兄・頼朝の命を受けた範頼・義経の軍と近江・粟津原で戦い、敗死しました。

●「発芽野菜の日(毎月20日)」
 一般の野菜よりも数倍栄養が高く、生活習慣病の予防でも注目される発芽野菜(スプラウト)をアピールしようと、発芽野菜を手がける株式会社村上農園が制定しました。
 日付は20日をハツガと読む語呂合わせから…。

●「ワインの日(毎月20日)」
 1994年(平成6年)に日本ソムリエ協会が、フランス語でワインを「ヴァン」といい、数の「20」と同じ発音であることにちなんで毎月20日を「ワインの日」に制定しました。

●「城南宮湯立神事」
 御釜の湯を浴びて、無病息災、願望成就を祈願する、禊(みそぎ)神事です。
 本殿前にて神職の祭典が執り行われた後、拝殿にて神楽女による扇の舞・鈴の舞、そして巫女による湯立てが行われます。
 湯立て神事は、杓取りの儀(天から水を汲む)、御幣の舞、笹の舞からなり、笹の舞では米・塩・酒を大釜に入れて笹でかき混ぜてから笹の葉を勢い良く振りかけます。
 神事終了後、大釜の周りには湯気に当たって御利益を受けようとする人で一時ごった返します。また、神事で使用された笹(一部は、清められたもの)は、有料にて授与されます。
 大釜は1824(文政6)年の物で、都度補修を加えながら現在もなお使用されているます。
 城南宮 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7 TEL075ー623-0846 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ「にほんブログ村」ランキング参加中です。
    私のブログに興味を持たれた方、「ポチッ」とクリック、応援お願いします。

『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント (19)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茨木市のマスコット(^^♪「茨... | トップ | 安威川の野鳥(^^♪ 「キセキ... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も作ろうと・・・ (Sera)
2010-01-19 19:03:15
とっつあんさん、私もお正月に黒豆入りパウンドケーキを作ろうと材料は買ってあります。
でも家事が忙しく作れませんでした。本当は孫に作ってやりたかったのです。
近いうちに作りますね。見ていたらよだれが・・・
緑に黒豆がポイントに! (めぐ(みん))
2010-01-19 20:29:32
パウンドケーキの由来、初めて知りました。
(何気なく、意味も解らず使っていて・・・
     ・・・横文字も苦手なので・・・。)

このケーキ、緑に黒豆がおいしそうですね~!

それと、先日のハイジの白いパンは、
画面に映るパンを指で触ってみたくなりましたよ!
Unknown (葉月)
2010-01-19 20:32:44
こんばんは~

パウンドケーキの紹介ありがとうございます
パサパサ感が、そんなにありますか?
私は、そんな感じがしないのですが
これはお好みでしょうかねぇ~(苦笑)
黒豆がキレイに切れていますね

Unknown (銭無のとっつあん)
2010-01-19 21:49:12
Seraさん

「黒豆のパウンドケーキ」作り方のコツを教えてください。
アップ、楽しみにしています。
Unknown (銭無のとっつあん)
2010-01-19 21:56:28
めぐみんさん

抹茶の渋みとと黒豆の甘味がちょうどいい感じで味は問題ないと思うのですが…。
また、近々再々挑戦してみます。

白パンは、素朴な生地の味が「パン」といった感じで良かったですヨ。
Unknown (銭無のとっつあん)
2010-01-19 22:03:44
葉月さん

どういたしまして。
こちらこそレシピを教えていただきありがとうございます。m(__)m

1日置くと、少ししっとり感は出ていました。
もう1回、少し作り方を変えて挑戦してみます。

切るときは、ロールケーキなどと同じように、包丁をお湯で温めて、水分を拭き取り切りました。
こうすると少しは面が綺麗に切れます。
Unknown (焼き物屋)
2010-01-19 22:15:53
パウンドケーキ、うまくできるといいですね。
パウンドの由来通りに作るととてつもなく高カロリーになるだろうなとおもっていたので納得です。
美味しいもの美味しく作る、当たり前のようで難しいですね。
パウンドケーキ (姫)
2010-01-20 02:29:22
こんばんは!

とても美味しそうな黒豆のパウンドケーキですね~
グリーン色も綺麗で食をそそりますね

簡単に出来るのなら私も作ってみようなぁ~

私も昨年は「かわせみ」を見ることが多かったです
綺麗な羽根に心奪われますね

20日は甘酒の日なんですねぇ~
子供の頃、除夜の鐘をきいた後の初詣から帰ってストーブの上で温めた甘酒と白菜の漬け物を食べるのが年明けでしたぁ~
結婚してからはそんな事も無くなりました
懐かしいなぁ~
甘酒を作って飲みたくなっちゃいました
阿修羅 (iina)
2010-01-20 08:55:13
「黒豆のパウンドケーキ」の色合いが食欲を誘います。
再挑戦と上昇志向をおもちなので、次にバウンドアップしてください。自己満足
が一番と思います。

阿修羅が戦闘の神とは知りませんでした。その血生臭さに顔をしかめていた
のでしたか。
そのインドに、2つの顔をもつ赤ちゃんが生まれました。神の化身と騒がれて
います。
ブログに追加したのでご覧ください。m(__)m
Unknown (ブドリ)
2010-01-20 09:14:23
パウンドケーキの由来は1ポンドだったんですね。
イギリスでは家庭料理の一つでみんなで分けあったのでしょうね。

キセキレイは数回見たことあります。
ハクセキレイと違って人の近くにはなかなか寄ってこないので撮影も難しいです。
カワセミも都心で増えつつあるようです。ただ、カワセミいるところには超望遠レンズを構えたバードウォッチャーが必ずいて結構邪魔なんですよね。すこし遠慮してほしいなと思ったりもします。
黒豆のパウンドケーキ (motoko)
2010-01-20 16:52:35
今日は。
ホットケーキミックスで作れるのは、
魅力的ですね。
抹茶の色も、とても美味しそうです。
次回は、シットリできると、よいですね。

甘酒の日とは知りませんで、酒粕で甘酒を
作ったところです。
まだ飲んでいませんが、ショウガを入れて、
飲む予定です。
Unknown (銭無のとっつあん)
2010-01-20 17:51:15
焼き物屋さん

何でも同じと思うのですが、簡単そうに見えても、モノづくりの奥は深いですネ。

わたしのは、焼き物屋さんと違って、お遊びなのですが、それでもチョッピリ真剣になります。
Unknown (銭無のとっつあん)
2010-01-20 17:56:38
姫さん

パウンドケーキは簡単だと思うのですが、なかなか思うようには…。
是非作って、コツを教えてください。

甘酒と白菜の漬物ですか。
関東では、鉢いっぱいの白菜の漬物がお茶受けで出ますね。
その感覚なのですね。
なんか、話がはずみそうですね。
Unknown (銭無のとっつあん)
2010-01-20 18:06:45
iinaさん

確かに、抹茶の緑が食欲を誘ってくれます。
それなりに美味しいのですが、もうひとつすっきりしないのです。

阿修羅像も、興福寺のものが人気があるのであって、他のものは、もっと怖いものもあります。

神の女の子見せていただきました。
ヒンズー教の神の子かも知れませんネ。
Unknown (銭無のとっつあん)
2010-01-20 18:16:55
ブドリさん

イギリス料理ってあまり聞かないのですが、イギリスパンとかイングリッシュマフィーンといったパンは聞きます。

パンだけ食べていたわけではないでしょうが、名前は日本にも伝わっていますね。
安威川には、カメラをぶら下げて人はいますが、通行の邪魔をしたり、我が物顔でふるまっている人はいませんヨ。

お寺などで、三脚禁止と書いてあっても平気で立てているのがいますね。
たまに注意することはありますが、影が見えなくなると、また同じ…。
Unknown (銭無のとっつあん)
2010-01-20 18:23:42
motokoさん

ホットケーキミックスは、便利ですね。
抹茶は、良い緑を出してくれて、食欲を誘ってくれるのですが…。
でも、それなりに美味しかったです。
甘酒は温まりますね。ショウガも風邪予防に効果的だそうです。
美味思そう!! (あやや)
2010-01-21 08:35:55
おはようございます。
あんパンと云い、この抹茶と黒豆のロールケーキ
なんておいしそうなのでしょう。

先日UPされていました真田幸村の最後の地安居天神には興味があります
歴史上の人物では信幸、幸村兄弟と上杉鷹山が
好きで、池波正太郎さんの真田太平記は何度も読み直しました。
また今の政治家に鷹山のような人物がいたら日
本はもっとよくなっていくだろうなどと・・・
思ってしまいます。

私は皆さんのようにまめに更新していませんし
コメント欄も閉じていますが、お暇なときにでもお立ち寄りいただければ嬉しいです。
失礼しました (あやや)
2010-01-21 08:38:50
パウンドケーキをロールケーキと入力してしまいました。
大変失礼いたしました。
Unknown (銭無のとっつあん)
2010-01-21 15:54:07
あややさん

あんぱんは確かに、黒豆のパウンドケーキも、それなりに美味しかったです。

上杉鷹山は、私も興味を持っています。
今の政治家に求めるのは、無理かも知れません。
皆さん、口では、良いことを言っていても、結局、政治家ではなく政治屋さんばかり…。
自分の痛みは人一倍感じるのに、人の痛みは全く関知せず、ましてや、彼のように倹約して財政を立て直すなんて…。
話題の事業仕訳あれをみているとよくわかります。

ハート形ワッフル、生クリームでなく、ヨーグルトが甘くなくて良いですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
蒸しパン (気まぐれ写真集)
とっつあんさんのブログに「黒豆のパウンドケーキ」が掲載されていました。私も孫に作ってやろうと年末に材料を揃えておいたのですが、孫はまだ玉子も牛乳も口にしていないと言うので作るのを見合わせました。それでそろそろ作ろうかなと思っていた矢先でした。黒豆はもう...