日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

秋の七草 最終章(^^♪藤色で桜餅のような香りの「藤袴(ふじばかま)」

2016年10月14日 14時17分39秒 | 歳時記

ヒンヤリ気持ちの良い秋の朝、曇り のち 晴れ、最高気温24℃(+3)、洗濯指数は100ジーンズなど厚手のものもOK、との予報、薄曇り空から柔らかい光が差し、少し暑さを感じる一日となった大阪。

ウォーキングは、摂津富田駅まで歩き、少し調べたいことがあったので高槻の上宮天満宮へ。
ついでに、駅前デパートのガス展に寄ってくじ引きでスパゲティ―貰って…要はハズレ、8500歩。

今日の1枚の写真は、やっと咲き始めた秋の七草の最終章、藤色で桜餅のような香りの「藤袴(ふじばかま)」の花です。


「秋の野に  咲きたる花を  指折り(およびおり)かき数うれば  七種(ななくさ)の花」山上憶良(やまのうえのおくら)『万葉集』一五三七 巻八
「萩の花  尾花葛花  撫子の花 女郎花(おみなえし) また藤袴(ふじばかま)  朝顔の花」山上憶良(やまのうえのおくら)『万葉集』一五三八 巻八 

「藤袴(ふじばかま)」は『万葉集』では山上憶良の詠んだ一首だけとか。
『源氏物語』の藤袴の巻には夕霧が玉鬘(たまかずら)に贈る花として登場します。
川原などの自生地を奪われ絶滅危惧種に指定されています。

「藤袴(ふじばかま)」は、菊(きく)科フジバカマ属で、川の土手などに多かったそうですが、最近は自然のものは少なくなったということです。

小さいピンク色の花がたくさん咲き、この花の色が藤(ふじ)色で、花弁の形が袴(はかま)のようであることからこの名前になったそうです。 

全体に桜餅のような香りがし、この花を身につけて邪気をはらう意から中国ではかんざしにしたそうです。
平安時代の女性は、これを干した茎や葉っぱを水につけて髪を洗ったり、防虫剤、芳香剤、お茶などにも利用したそう…。

花言葉は「躊躇」「遅延」です。                                    

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

明日10月15日(庚午 かのえうま 大安)
●「きのこの日」
 秋といえばきのこ、その需要は10月がピークとのこと。10月はきのこ類の需要が高まる月で、日本特用林産振興会が1995(平成7)年5月の総会で、10月の真ん中である15日を記念日にしました。
 椎茸をはじめとする、今が旬のきのこ類の消費PRし、おいしいうちにどんどん賞味してもらおうというのが狙いです。

●「たすけあいの日」
 1965年(昭和40年)12月に開かれた全国社会福祉会議で制定されました。
 日常生活での助け合いや、地域社会でのボランティア活動を積極的な参加を呼びかける日です。

●「人形の日」
 日本人形協会と日本玩具及び人形連盟が1965(昭和40)年に制定しましたが、1972(昭和47)年に「抜本的な検討を加える必要がある」として、積極的な活動を休止しました。
 しかし、一般には普及し、この日に因んで全国各地で人形供養や人形感謝祭等が開催されます。

●「すき焼き通の日」
 すき焼きに関する本『すき焼き通』(向笠千恵子著・平凡社新書)が刊行されたことをきっかけに、すき焼き店とすき焼き愛好家で結成された「すきや連」が誕生。
 すき焼きの美味しさと楽しさをアピールする日にと『すき焼き通』の刊行日(2008年10月15日)を記念日としました。

●「女人禁制破りの日」
 婦人運動家が提唱。
 1867(慶応3)年、イギリス公使ハリー・S.パークが、夫人同伴で、当時女人禁制だった富士山に登りました。

●「グレゴリオ暦制定記念日」
 1582年、ローマ教皇グレゴリウス13世がそれまでのユリウス暦に代わってグレゴリオ暦を制定しました。
 この暦は「グレゴリオ暦」と呼ばれ、現在わたしたちが使っているものです。
 日本では1872(明治5)年12月3日(新暦1873年1月1日)に東洋の独立国ではじめて採用・実施されました。
 現在では世界中のほとんどの国でグレゴリオ暦が公式の暦法として採用されています。

●毎月15日は「お菓子の日」です。

●「新聞週間15日~21日」
 アメリカで1930年代から行われていた新聞の重要性、必要性を多くの人々に知らせる運動が1940年には全米に拡大しました。
 日本では新聞の普及と教育のためにGHQが新聞週間を提唱し、1947年(昭和22年)に愛媛新聞が初めて実施し、日本新聞協会が翌年から実施しました。
 当初は10月1日からの1週間でしたが、台風シーズンと重なってしまうために1962年(昭和37年)から現在の日程に変更されました。

●「御船祭(みふねまつり)」10月15日・16日
 毎年秋に行われる熊野路の秋を彩る行事。新宮市にある熊野速玉大社の例大祭は「御船祭」と呼ばれ、祭のクライマックス早船競漕は、いにしえの熊野水軍の雄姿を表わすといわれ、また地区対抗の「ボートレース」としても人気を集めています。
 熊野三山の中心に座す神々の来臨の様子を厳修再現する特別大祭で、祭の開幕は、「本殿大前の儀」から始まります。フィナーレを飾る「早船競漕」は約1000年以上の歴史のある勇壮な神事です。
 熊野速玉大社 和歌山県新宮市 TEL0735-22-2533
  

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ 「にほんブログ村」ランキング参加中です。
今回は3616
話です。「よかった!」と思われたら「季節・四季」ボタンをポチッとお願いします。

ジャンル:
文化
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高槻ええとこクイズラリー第... | トップ | 高槻ええとこクイズラリー第... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hazuki)
2016-10-15 15:38:21
こんにちは~

朝の気温が一桁となりましたが
今日と明日は、とてもいい秋日和とのこと
日中は上着がいらないほどの暖かさでしたが
やはり午後からは風も出てきて上着が必要です

藤袴の花。。。キレイですねぇ~ ♪
Unknown (銭無のとっつあん)
2016-10-15 16:44:17
hazukiさん

こんにちは!

今日は少し暑さが戻ってきているのですが、やっぱり秋です。
日当たりは暑いですが。、総体的にサラッとしていて、日陰ではヒンヤリ。

長そでシャツに上も羽織っていますよ。

そう言えば、今年、秋のバラ見てなかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。