かぐや姫

たいした記事ではないけれど。

背中

2016-09-18 19:32:39 | 日記

ふう。やっと一息ついた。今日は朝から卓球の試合。朝の7時から起きて会場の体育館に行く。駐車場がすくないので集合

時間の1時間前につきました。誰も来ていない。ちょっぴり不安。おお。きたきた。おねいさん。こないだ2次会で歌を

歌ったおねいさん。呼びもしないのに私を見つけて乗り込んでくる。おはよう。早いね。いい車乗ってるじゃん。おせじ。

どういうことでしょう。あと1時間もあるから、デートしましょう。言っとくけど私よりも歳が多いいおねいさん。まあ。

適当に話し合わせて集合時間となりました。わたしはたばこするから先に行っといてください。うん。わかった。勇んで

向かうおねいさん。言ってくれよね。わたしは初心者。集合して肩慣らしの練習があるなんて知らないよ。取り残された。

試合では瞬殺されました。つまりすぐに負けたってこと。さあ終わった帰ろう。まだまだ試合がありまする。待っては

ゲーム。待ってはゲーム。疲れ果てました。いよいよ終わって帰ってもよいとのお許しが出たので、車に乗って出かけると

またまた朝のおねいさん。打ち上げのコーヒーを飲みに行こう。慌てて彼女の後を追う。集合したら大半は帰って

しまって、たったの3人。2人のおねいさんの話を延々と2時間聞く羽目になった。犬の散歩を理由に解放されて

大変なデートだったと帰宅する。楽しくなかったわけではない。長いのがきつい。そういえばこのウエアも少しきついか

などと思いながら脱衣すると、あら大変。町の道を歩き喫茶店の2時間。私はみんなに所属と名前をさらしていた。

それも大きな字で。なんと背番号をしょっていた。ゼッケンが付いているよと言ってくれ、おねいさん。道理で受け付け

の女の子が笑ってた。私を見て笑ってた。水を取りに行く私を笑ってた。同僚を呼び寄せひそひそ。そして笑った。

まあいいけど。言ってくれよ。おねいさん。背中に名前がついている。デスノートみたいじゃないか。必死の一日でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレッシャー | トップ | 聞く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。