かぐや姫

たいした記事ではないけれど。

美術館に行きますか

2016-10-14 14:09:52 | 日記
お題「美術館へは行きますか?」に参加中!

かみさんのお供でなら行きます。自分から積極的にはいきません。過去にはいろいろな美術館に行きました。鳥取博物館。

中に美術コーナーがあります。渡辺美術館。日本刀や鎧が印象的。島根の足立美術館。庭園や横山大観。岡山のオリエント

美術館。確かミイラの展示があったような。そして倉敷の大原美術館。覚えているのは大理石の女神。その白い肌が美し

かった。美術館の一番印象が深いのがその時たまたま開催されていた、島根美術館のヨハネス・フェルメールの特集。

その絵は今でも脳裏に焼き付いている。青いターバンの少女。真珠の耳飾りの少女。呼び方がふたとうりあるみたい。

フェルメールは真珠を見てほしかったのかもしれない。私はどうしてもターバンを見てしまう。その色がその青が

凄く印象的。青臭い少女を象徴している。助六さんの江戸紫の鉢巻きに通ずる印象。際立って見える。もしまた近くの

美術館に青いターバンの少女が来るようなら、出向いてみたい。鳥取の美術館は移転を考えているみたい。こないだアン

ケートが郵送されてきた。島根に負けない立派なものを作ってほしい。砂の美術館もあるから。砂丘がいいかも。ちょいと

難しいかな。砂丘にするならこういうぐわいにしなしゃんせ。具体的なアイディアが望まれる。やっぱり博物館か。

砂で作った怪獣。ポケモン。キャラクター兵馬俑。展示してはどうかな。発想の転換で、砂の像を作って、写真をとって

ぶっ壊す。美術館から外れるか。彫塑、彫刻の流れでどうだろう。青いターバンの少女なら作ってみたい。殿堂入り?無理

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄 | トップ | パンダジャッキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。