totoroの小道

「挑戦することで、きっといいことがある」  http://www.geocities.jp/totoroguide/ 

リコーダーを吹く私 (ほめまくる)

2017-03-15 12:01:34 | 図工

教えるべき事は教えた。

後は、集中して根気強く、でも楽しみながら取り組んでいくことが大事。

だから、
「絵は、すぐには上手にはならない。だからどうしても、パット見て誰が上手か下手かはある。」
「でもね、丁寧に取り組むことは、うまい人でも下手な人でも、努力さえすればだれでもできる。」
「そして、それを積み重ねていくと、いつか大人になる頃にはきっと上手になる。」

「そのために、今、一歩一歩がんばろう!」
と声を掛ける。

それに応えて、丁寧に取り組んでいる子をみつけては、徹底的に褒める。
「この手の塗り方、ていねいだね。鉛筆をふまないでぬれているね。」
「それに、違う色でぬるために、ツメを塗らずにおいているね。すごい!!」

 

「このほっぺたの塗り後の残し方。うまいなあ。」
「ほっぺたが、高く見えるよ!!」

「洋服まで、塗る方向を考えていてすごい。同じ色なのに、膨らみを感じるね!!」

「個性的な塗り方だね。ふでの使い方がいいなあ!」

「見てみて見て!! ○○さんがこんなに工夫して塗れたこと、初めてだよね!!」
「どういう向きに塗ればいいのか、よく考えているんだね!!」

「絵の具の発色が良いね。パレットの使い方、水の使い方。ばっちり!!」

 

「水の使い方が良いね。絵の具のにじみ具合。微妙な色の変化がでているね。」

「下塗りの黄色を生かして塗れていて、きれいな色ができたな~」

「顔の、微妙な膨らみを理解して、筆の方向を考えていてすごい。!」

にほ  んブログ村 教育ブログ 小学校教育へ藍色と空色と  緑のページ浜松授業研究の会

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リコーダを吹く私【4年】 ... | トップ | リコーダを吹く私 見合う ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

図工」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL