totoroの小道

「挑戦することで、きっといいことがある」  http://www.geocities.jp/totoroguide/ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国語の授業で学級開きを行う「銀河」

2017-04-06 23:34:42 | 5年 国語
5年生の担任となった。初日から授業をしたいと思い準備した。取り組んだのは、国語の教科書の巻頭詩「銀河」 ただ、転任して誰一人知らない子どもたちを相手に授業ができるのかは不安だった。  前日黒板に あの遠い空にひとすじ、星たちが、ぶつかり合い、重なり合い、河のように光っている。「銀河」。牛乳をこぼしたようにも見えるから、乳の道」とも言うそうだ。どっちもいい名前だなあ。 と詩を書 . . . 本文を読む
コメント (1)

版画印刷の指示

2017-03-21 09:45:56 | 図工
版画って、せっかくいい下絵ができ、せっかく丁寧にほりあげても、印刷によって、ぜんぜん作品の善し悪しがちがってくる。 だからといって、教師が印刷するのはダメだと思う。印刷まで、自分で行って、自分の作品となる。 ただ、大勢の子供たちにいちいちきちんと印刷を教えるのは難しい。やってみて、始めて分かる子とも多いからだ。 そこで、掲示をつくって黒板に大きく貼る。一度、それを使って全体指導を行う。 & . . . 本文を読む
コメント (1)

野菜の絵手紙 4年生

2017-03-20 18:17:41 | 図工
本校では、給食週間に合わせて、全校で野菜の絵を描く。だいたいどのクラスでも、絵手紙ににしている。 私も、担任からたのまれて絵手紙に取り組んだ。 まず、よく見て下書きをする。多分こうだろうと、よく見ないで描いている子には、「私にはこう見えるよ。」と、目の前で私も描いて見せ、ほら、ここは尖っていて、ここはカーブしていて....子供たちは漫画が大好き。丸投げすると、漫画でいつも描いている漫画チックな . . . 本文を読む
コメント

リコーダを吹く私 ひとまずここまで

2017-03-15 23:29:26 | 図工
 出入りの図工(4年生)の子供たち、とても素直な子供たちでした。 教えると、ぐんぐん吸収して一生懸命に取り組んでいるので、ついつい丁寧にゆっくり作業させました。が、おかげで、授業時数内に全てを完成させることができませんでした。 でも、たとえ、部分的にしか彩色できていなくても丁寧に取り組んだ作品は、十分見栄えがするものです。 反対に良くないのは、さっと雑に、適当に、丸投げで取り組むこ . . . 本文を読む
コメント

リコーダを吹く私 より細かいところまで丁寧に

2017-03-15 15:31:00 | 図工
クラスみんなの集中が高まる。細かいところまで注意をはらってぬっていく。洋服も、どういう向きに塗ればいいのか考える。 「先生、服のしわってどう塗ったらしわらしくなるの?」 「○○さんのまねをして、手にかげをつけてみたんだけど。」 「先生、顔にもかげをつけてみたいんだけど。」「一度塗った絵の具が、乾ききったらかげの部分を二度塗りしてごらん。」「肌の色に、ちょっとだけ青をまぜてみるといいよ . . . 本文を読む
コメント

リコーダーを吹く私 集中する姿

2017-03-15 12:28:46 | 図工
だんだんと、教室の空気があつくなる。 息づかいまで、聞こえてくる。 ああ、いい姿だな!       . . . 本文を読む
コメント

リコーダーを吹く私 パレットの進化

2017-03-15 12:26:43 | 国語
友達の色作りを見る。すると、感化され試したくなる。   納得いくまで、色を作り、塗りながら試行錯誤が始まる。   . . . 本文を読む
コメント

リコーダを吹く私 見合う 教え合う

2017-03-15 12:22:09 | 図工
良い子を褒めマックっていると「先生、○○さんの色の作り方を見に行っていい?」と言い出す子がでてくる。 「ねえ、どうやったらこんなふうにいろいろな色ができるの? 見ていていい?」そう言いながら、友達が真剣に色を作るパレットをじっとじっと見る。   私に断らなくても、あっちでも、こっちでも色作りについて、塗り方について、教え合い、聞き合い、学び合う。   . . . 本文を読む
コメント

リコーダーを吹く私 (ほめまくる)

2017-03-15 12:01:34 | 図工
教えるべき事は教えた。 後は、集中して根気強く、でも楽しみながら取り組んでいくことが大事。 だから、「絵は、すぐには上手にはならない。だからどうしても、パット見て誰が上手か下手かはある。」「でもね、丁寧に取り組むことは、うまい人でも下手な人でも、努力さえすればだれでもできる。」「そして、それを積み重ねていくと、いつか大人になる頃にはきっと上手になる。」「そのために、今、一歩一歩がんばろう! . . . 本文を読む
コメント

リコーダを吹く私【4年】 影をつけてみよう

2017-03-01 06:09:08 | 図工
 混色を品がら彩色していく。すると、似た色でも、濃い薄いを作れることに気付きます。そして、影を付けてみようと思い立ちます。 この子は、袖から出ている腕の部分に影があることに気付きました。「すごい。よく影に気付いたね。」と褒めてから、ほら、指と指の間にも影があるよ。とちょっと大きな声で話します。 すると、近くにいた数名がその影をのぞき込んで、まねをしようと思います。  . . . 本文を読む
コメント

リコーダを吹く私【4年】 線を踏まない

2017-03-01 05:55:12 | 図工
絵はだれもが、上手く書きたい。 しかし、どうしても上手い子と、そうではない子の差は見えてしまう。 私は、「上手い、上手くないはあるかもしれない。」「すぐに上達できる人と、上達するのに時間が掛かる人がいるからだ。」と話す。「でもね、上手くてもそうで無くても、丁寧に塗ることは誰にでもできるよ。」 と話す。 例えば、絵の具が着きすぎたとともったら、余計な絵の具をすぐにぞうきんで、トントン . . . 本文を読む
コメント

リコーダーを吹く私4年生 塗り跡が命

2017-02-28 23:06:28 | 図工
 塗り跡が命そのために、1 パレットで作る色は、少量ずつ(十円玉一つ分ずつ)2 水の量の調整 水の量が多いと正確に塗れない 少ないと下の色が透けて見えない3 余計な水や絵の具はぞうきんでとる4 筆は穂先だけを使う5 筆の向きは、一方通行 しかも一度に塗る長さは、1~2cmぐらいずつ  これだと、ちょっと絵の具が濃いせっかく、下に太陽の黄色を入れたのに、透けて見えなくなる。やは . . . 本文を読む
コメント

リコーダーを吹く私 パレットと筆の指導

2017-02-27 22:34:11 | 図工
彩色にとりかかる。 最初に指導するのは、パレットの使い方。この指導をせずに、彩色を子供に丸投げすると、すぐにパレットに大きな色水の水たまりができる。大量に同じ色ができると、その部分は全て同じ色で塗られる。全て同じ色で塗られると、平面的に感じるしペンキで塗られたようで水彩画らしい瑞々しい華やかな感じがなくなる。  自分だけの、リアルな肌の色を作ってみよう。チューブから出した絵の具と . . . 本文を読む
コメント

リコーダを吹く私 (絵画)太陽に当たった健康的な肌色!

2017-02-27 09:26:28 | 図工
版画作成のために、一時中断していた、リコーダを吹く私の絵画作成の続きに取りかかりました。 せっかく下絵を頑張ったし、版画も丁寧に取り組んだので、時間がありませんが絵画の方も完成できるとうれしいです。 「子供たちには、こんなふうに話します。」 まず、肌の部分に黄色を塗ります。どうして黄色を塗るかというと、紙の上で混色をしたいからです。わたしたちの肌は、肌色ですが、どうして肌色と見えるかというと . . . 本文を読む
コメント

リコーダーを吹く私(版画 その2)

2017-02-23 22:04:54 | 図工
下絵とできた版画を比べてみる。 下絵の雰囲気を、版画に生かせているだろうか?小学生レベルでは、才能もあるだろうが、多くはどれだけ集中して丁寧に取り組んだかが大きな要素だと思う。 下絵の段階で、一生懸命に見えない線をさがしている子思い込みでなく、まずは部分部分のありのままの姿を見ようとしている子そんな子達は、掘りの技法はつたなくても、よい版画になっている。 やはり、版画の 7割は下絵で決まる。 . . . 本文を読む
コメント