ゆるゆる馬主日記

Record of my favorite horses

君子蘭賞の特別登録を眺めて。

2017年03月21日 | レッドコルディス
いやぁ~昨日のフラワーCのファンディーナのパフォーマンスは圧巻でしたね

戦前から2戦の内容からモノが違うかもとは思っていたけど、

こうもまざまざと見せつけられると恐れ入りましたというほかありません

是非、桜花賞でソウルスターリングとの対戦を見せて欲しい

それにしても浦河のディープ産でこれだけの馬が出てくるとはほんとこの先楽しみ

さてそんなファンディーナの良きライバルとして名を挙げられるかどうかはともかくとして、

今週コルディス女史がオークスを目指し出走を予定している君子蘭賞。

14頭の特別登録となっていますが、

今週は3歳500万クラスの芝中距離戦が、

 3/25 中京 大寒桜賞 芝2200
 3/25 阪神 君子蘭賞(牝) 芝1800
 3/25 中山 ミモザ賞(牝) 芝2000
 3/26 中山 3歳500万下 芝1800

と4鞍もあるので、頭数の変動があるかも

ミモザ賞とダブル登録しているのが、

 ウインシャトレーヌ(大久保龍二)
 キャスパリーグ(浅見秀一)
 シャドウマリア(角居勝彦)
 ピスカデーラ(池添学)
 フレーバー(奥村豊)

の5頭でミモザ賞、大寒桜賞にトリプル登録しているのが

 モズカッチャン(鮫島一歩)

の1頭。

複数登録しているのはみんな栗東の馬なので、

ひょっとすると増減なく14頭立てのままかもしれないのかな


君子蘭賞に登録している仔たちの一言メモ

○カワキタエンカ
POGで指名しているディープ牝馬です。
前目に付けられるのは武器だけど、切れるタイプではないんですよね。
なので前残りを警戒すべき存在で、チューリップ賞でもよく5着に残していました。
行きたがるタイプかもしれないので距離延びてどうかなんですよね。
今日は雨が降りましたが、明日以降は週末まで雨は降らない予報なので、
馬場も完全に乾いて 使ってきているとはいえパンパンの良馬場で、
馬券的には抑えたいタイプかな

○ウインシャトレーヌ
NHKマイルCの覇者ウインクリューガーの姪っ子。
東京の新馬戦で末脚33秒8を繰り出しレースぶりには見どころがありました。
(その時キタサンブラックの半妹テーオーメーテル(次走大敗)を破っています)
ただ勝ち時計は東京芝1800mで1分51秒4なので、
そこまで目立った時計ではなかったようなんで次が試金石だと思われます。
先週の坂路での追い切り時計が全体で50秒台を出していてなかなか優秀なんですよねぇ。
ダイメジャ産で阪神の坂もおそらく問題ないだろうし、
コルディス女史と同じ1戦1勝馬でわたし的にけっこう気になる存在。
フラワーCを予定していたようですが相手関係をみて回避してこちらに。
新馬戦をウチパクさんで勝ってるんで、ミモザ賞にいってくれないかな~

○チャレアーダ
ダーレー生産のディープ産駒。
君子蘭賞と同コースの未勝利戦でアリオンくんの妹レッドオルガも出走していて、
わたしも現地で見ていたレースで、既走馬相手にデビュー勝ちを収めた1戦1勝馬。
あまりいいスタートでなく後ろからのレース運びでしたが、しっかり差し切り勝ち。
ディープ産だしこのコース舞台は合うんでしょうねぇ。
底を見せていないという点ではコルディス女史やウインシャトレーヌと同じく侮れなさそう

○ピスカデーラ
ここ2戦は6着と今一つな感じは否めないけど、戦ってきた相手の名には、
 スワーヴリチャード(共同通信杯)
 ウインブライト(スプリングS)
 アドマイヤミヤビ(クイーンC)
 リスグラシュー(アルテミスS)
等々なかなかのメンツが並び、2歳時だったとはいえ接戦も演じていますので、
力はあると思うんですよね。
2ヵ月程度の休み明けで立て直されていたら怖い存在

○ヤマカツグレース
先々週の金鯱賞を勝ったヤマカツエースの半妹。
ファンタジーS、フィリーズRと1400mを使ってきて今回は1800m。
血統的に距離が延びても問題ないだろうし、坂のあるコースの方が合いそうで、
叩き2戦目なだけにグッと変わってくるかも
人気先行型であまり馬券的には入れたくないタイプです。

○キャスパリーグ
2歳時に芝1400mで勝ち上がって、OPやこのクラスでも続けて好走しているんですが、
3歳になってからパッとしないからか中距離へ路線変更?
気性が若そうなタイプなだけに、距離延長が未知

○シャドウマリア
前走中山のレースでは出遅れ気味に後方からとちょっと残念なレース運びとなってましたが、
末脚はナンバー1の34.5を繰り出しています。
ゆったり運んでそれなりの脚が出せるタイプではないかと思うんで、
この距離は特に問題ないと思うんだけど、そこまで怖さは感じないかな

○ワールドフォーラブ
新馬勝ちしただけに、素質はあるんだろうと思うけど、
チューリップ賞では2.1秒差の11着惨敗。
お祖母さんがオークス馬エリモエクセルで血統的には中距離があっていそう。
ここで変わるか

○モズカッチャン
3つも特別登録しているけど、どれに出るんだろう?
ハービンジャー産駒なんで馬券はありかもだけど、熱発明けなだけに。。。

○プリンセスルーラー
同コースで勝ち上がったんですが、次走は凡走。
現状でなにか目につくものはないかな。

○トーホウビスカヤ
小倉のスプリント戦で勝ち上がったストリートセンス産駒。
母系も短めのようだし、ここに挑む理由がよくわかんないんですけど。。。

○フレーバー
ラフィアンのアイルハヴアナザー産駒。特に気になることはないかなぁ

○ラントシャフト
ラフィアンのステゴ産駒。特に気になることはないかなぁ


コルディス女史も勝ち上がった新馬戦からはや5ヵ月は過ぎていますし、

久しぶりの実戦なだけにどんなパフォーマンスをみせてくれるのか、

この期間で成長してくれているのか、それとも。。。

楽しみでもあり不安でもあるってとこでしょうかね

今週の最終追い切りとその後の状態に要注目です
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッドアランダ デビュー予... | トップ | レッドアランダ 14年産の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。