ゆるゆる馬主日記

Record of my favorite horses

レッドライジェル 東京8R 3歳上1000万下 芝1800m

2016年10月16日 | レッドライジェル

出走馬全9頭中6頭が単勝10倍を切るという、

オッズ上実力的には団子状態のメンバー構成で、

なぜか前走1.3秒差の12着惨敗を喫しているライジェルくんが、

白井特別で接戦の2着で好調そうな2番コスモナインボールと人気の接戦を演じ、
(パドックでも体の作りは2番の方がよさそうに映りました

最終的には4.2倍の1番人気に押されていました

それだけどの仔もこれはってものがなかったんでしょうし、

4.2倍で一番人気ってのが混戦であることを物語っていました。

ま・そういうことはどうでもいい話というか脇においておいて、

兎に角、薄いメンバーだろうが勝ちは勝ち、1勝は1勝なんで、

是非とも今回は1着という結果が欲しいと願っていたところ、

見事 勝ち切ってくれました

かなり際どい写真判定の辛勝でしたけどね~

判定結果出るまで、

遠目の映像では差し切ったように見えたけど、スローではアレっヤバイ?って思えて、

田辺くんそんな横見てないで真っすぐ追っとけや
(気のせいかもしれないけど、大地が前にノメリ込むような体制だったんで余計に)

なーんて思いつつ、最後には、

 「もう勝ってさえいたら同着でもなんでもいい

 (馬券の配当が低くなってもかまわない)

って結構ドキドキしながら待ってました

よーーーやく、今年3戦目にして通算4勝目で準OPに返り咲きです

今年の天皇賞秋に出てるんじゃないって年明けごろは妄想してたぐらいですから

ほんと長かった

 

先ほどレース前はとりあえず勝てればなんでもいいとはいいましたが、

勝ったら勝ったでまたいろいろ思うところが出てくるのが人の欲

さらに上を目指して欲しいからこそあえて言うんですが、

当然勝ってくれたこと自体は素直に嬉しいんですが、レース内容が・・・

ゲートをポンっと1歩目は出ても2歩目からはすぐに後ろへ。

善臣先生の馬も遅れ気味に出ていて、2頭が離れた後方追走

前半1000mが1分3秒6とかなり遅い流れで、

相変わらず後ろからいって上がり最速で追い込むという、

これまでとあまり進展が伺えないレースぶりでした

低クラスでは派手に勝って物凄く強いと思わされましたが、

正直上のクラスではよっぽど条件が合わなければ通用しなくなるんですよねぇ

今回勝てたのは田辺騎手が外に振らずうまく内を突けたのが勝因で、

ドン詰まりレースになるパターンが、9頭立てという頭数も味方した印象。

多頭数だとあんなにうまく前が空くことそうないですから。

もちろんライジェルくんも休み明けの初戦で良く走ってるし、

これから更に調子良くなってきてくれると期待したいんだけど、

こんな小頭数のレースばかりではないので、もし外に出すしか手段がないような場合、

この後方一気芸当は明らかに力が抜けていないと勝負できないんですよね

そりゃもっと成長して化け物級になれば話は違うだろうけど、さすがにそれはね。

なんでもう少しレースが上手くなってくれればなぁっと思った次第です

でも今日は期待通り勝ってくれて、ほんとうにありがとうライジェル

 

次走はどうでしょうねぇ

体調に問題がなく続戦なら、準OPのマイル以上の直近のレースとなると、

 10/29 京都 八坂S 芝1800m 定量
 10/30 東京 紅葉S 芝1600m ハンデ
 11/05 東京 ノベンバーS 芝2000m ハンデ
 11/13 京都 修学院S 芝2000m ハンデ
 11/19 京都 比叡S 芝2200m 定量
 11/27 東京 ウェルカムS 芝1800m 定量

このあたりですが、厩舎で調整続けるなら中2週のノベンバーS?

1、2週間のミニ放牧挟むならウェルカムSが有力でしょうか。

出来れば外差しが決まり始める馬場でやりたいので東京の5回開催で1度使いたいよね。

4回東京5日 8R 3歳上1000万下 芝1800m 天候:曇 芝:良

馬名 馬齢 斤量 騎手 タイム 着差 推定
上り
馬体重 単勝
人気
1 レッドライジェル 牡4 57.0 田辺裕信 1:50.6 33.3 446 -6 1
2 コスモナインボール 牡4 57.0 柴田大知 1:50.6 ハナ 34.1 474 ±0 2
3 エアピザレー 牡5 57.0 北村宏司 1:50.6 ハナ 33.8 484 +2 4
ハロンタイム 13.1 - 12.1 - 12.5 - 13.1 - 12.8 - 12.9 - 11.4 - 11.2 - 11.5
上り 4F 47.0 - 3F 34.1
2コーナー 2,5(3,6,8)4,7-1,9
3コーナー 2,5,8(3,6)(4,7)(1,9)
4コーナー 2(5,8)3,6(4,7,9)1

1:愛馬(勝ち馬)

コメント

田辺騎手
比較はできないですが、適度に気合いも乗って状態は良さそうでした。
今までの競馬を見ても前半は急かさない方が良さそうなので、出たなりで進めるつもりでした。
折り合いを欠くこともなく道中はスムーズでしたね。
下げて外を回す考えもあったのですが、かなりのスローペースでしたし、あそこから外に出しても間に合わないと思って馬群に突っ込みました。
上手く前も空いてくれましたが、スピードに乗っているので他の馬を気にする感じもなかったですし、いい脚を使ってくれました。
このペースなので目立たないですが、この馬自身かなりの脚を使っていますよ。
上のクラスの方がペースも流れて、この馬の決め手が生きる感じですね。
いい馬に乗せていただきありがとうございます。

藤澤調教師
春に無理しなかったのが良かったのか、だいぶ戻ってきていますね。
今日のような競馬ができたのも収穫でした。
まだまだ上にいけるはずの馬ですし、状態には注意しながら次を考えていきます。

 


←前走へ 次走へ→
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッドカイザー 新潟10R... | トップ | レッドブリエ 中央復帰へ向けて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。