ゆるゆる馬主日記

Record of my favorite horses

レッドリーガル 近況(10月)

2016年10月27日 | レッドリーガル
2016年10月5日 (笹田厩舎在厩)

本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
内ドルチェリア馬なりに0.3秒遅れ
※次走の鞍上は小牧騎手の予定です。

坂路 助手 レッドリーガル 52.1-38.4-25.1-12.7 G前流す

助手コメント
1週前追い切りなのでテンからしっかり出して負荷をかけることになっていました。
道中はメチャメチャ手応えがあり行きっぷりも良かったのですが、ペースが速すぎると思って我慢していました。
ところがラスト1Fを切ったところで右のアブミ革が千切れてしまったので掴まっているのがやっとの状態に。
もうひと追いしたかったのですがあの状況ではどうすることもできませんでした。すみません。
とはいえ全く負荷をかけられなかったわけではないですし、アクシデントがあったなかでこの時計ですからね。
週末、来週で微調整をしてレースに臨めればと思います。

笹田調教師コメント
新潟も考えましたが、京都にもちょうどいい番組があるのでこちらを選択しました。
追い切りはモニターで見ていましたが急にもたれ始めたので故障でもしたかと思ったほど
事故につながらなくてよかったです。
調整に影響はないですし、状態も上向きつつあります。



2016年10月6日 (笹田厩舎在厩)

本日はひき運動の調整でした。

助手コメント
50分ほど運動して疲れをとりました。
歩様もスムーズでとくに変わった様子はありません。
カイバはいつも完食していて、十分な量も摂取していますが、馬体重は478キロと先週からマイナス4キロ。増えやすいと聞いていたんですけどね。
見た目はすでに仕上がっていて今週でも使えそうなくらいですが、まだ1週あって輸送も控えているので、最低でも4キロか6キロは増やしておきたいです。
きのう獣医師に診てもらったところ背腰に少しだけ疲れがあるということでした。
ちゃんとした効果を得るために全休日前の月曜日に治療してもらおうと考えています。

馬体重478キロ



2016年10月12日 (笹田厩舎在厩)

本日は坂路1本の調整でした。

坂路 助手 レッドリーガル 67.1-49.7-32.5-15.5 馬なり

助手コメント
月曜日に4Fから時計を出してしまいもしっかりできました。
追い切った後の獣医師のチェックでは左側の背中が疲れているということだったので針で治療してもらい全休日だったきのう1日は静養させることができました。
きょうの乗った感じではバランスよく走れるようになっていたのでだいぶマシになっているようです。
追い切ったからか涼しくなったからかはわかりませんが、ボケっとしたところがなくなり少しピリピリしだしたように気持ちも入ってきているようです。
明日の追い切りはしまいだけ強めにやることになりそうです。



2016年10月13日 (笹田厩舎在厩)

本日は坂路にて追い切りました。
今週15日(土)の京都競馬、3歳上500万下(芝1200m)小牧騎手で出走。

坂路 助手 レッドリーガル 51.9-37.9-25.0-12.5 仕掛け

助手コメント
2F目が速まってからはさらにペースを上げていくしかありませんでした。
ラスト1Fで肩ムチを入れて合図してピッと伸ばしましたが、仕掛けたからといってすごく反応したわけではなくワンペースでバテずという感じ
でもこの馬としてはトモも使ってバランスのいい走りだったのではないでしょうか。
担当し始めた時と比較すると息遣いだってだいぶ良くなっています
久々の競馬なのでまずはしっかり権利を取って次に繋げていきたいです。

笹田調教師コメント
2週続けてしっかり負荷をかけることができました。
いつも動く馬ですがきょうもしっかり動いていました。
休む前と同じような競馬ができればチャンスでしょう。



2016年10月19日 (笹田厩舎在厩)

本日は角馬場で調整しました。

助手コメント
輸送の影響で体重が想像していたよりも減っていましたし、装鞍所を出てから力み始めてずっとダクでチャカチャカしていました
このままだとレースで折り合いを欠くのではないかと不安でしたが、小牧騎手の話ではしぶいくらいだったとのこと。
馬がよく頑張ってくれました。このクラスであれば安定して走れそうですね。
レース後の回復は早く、きのうで484キロまで戻っていました。
きょう角馬場で乗った感じも普段通りでとくに痛んでいるところはないように感じました。
あすから坂路入りする予定ですが、次は中1週の可能性が高いのでやり過ぎないよう注意しながら進めていきます。

笹田調教師コメント
次走は10月30日(日)の新潟7R(芝1200m)に向かう予定です。
スピードはあるけどスタミナがない感じなので1600mではなく1200mを選択しました。
ジョッキーについては調整中です。



2016年10月20日 (笹田厩舎在厩)

本日は坂路1本の調整でした。

坂路 助手 レッドリーガル 72.1-52.8-34.1-16.4 馬なり

助手コメント
様子見がてらゆっくり坂路を上がりました。
元々の硬さはありますが痛んでいるところはありません
テンションは坂路に近づくにつれて上がっていく感じですが、ちょっとだけダクになってしまうくらいで心配するほどのものではないですよ。
もちろん競馬を控えているので落ち着いてもらうのがベストですが真夏じゃないので体力の消耗は考えなくていいと思います。
週末は坂路で15-15を消化する予定です。



2016年10月26日 (笹田厩舎在厩)

本日は坂路にて追い切りました。
今週30日(日)新潟7レース・3歳上500万下(芝1200m)に吉田隼騎手で出走を予定しています。
想定から除外はありません。

坂路 助手 レッドリーガル 52.5-38.2-24.7-12.1 馬なり

助手コメント
調教師からはしまい重点でとの指示。
時計は全体で54秒か速くても53秒後半とイメージしていました。
抑えることに専念するためステッキを持たずに追い切りへ。
3F目から抑えていたのを少しだけ譲り、ラストでフワッと放しただけで12秒1
正直スピード感が全くなかったのですが、きのうの雨で馬場が固まっていたこともあり、この速すぎる時計になりました
でもなに一つ無理はしていませんし、やる気になっている馬のリズムを優先したものなので問題ありません。
硬さもダクでほぐれるくらいで、帰厩当初より真っすぐ走っているようにだいぶ乗りやすくなっていますよ。
治療も欠かしておらず、日曜日の追い切り後に腰に注射を1本きょうの追い切り後にも左の背中の疲れを取るため1本打ってもらいました。
心音など内面は前回より良くなっているということでしたよ。
レースまであと4日あるのでしっかりケアしておきます。



2016年10月27日 (笹田厩舎在厩)

本日はひき運動の調整でした。
今週30日(日)の新潟競馬、3歳上500万下(芝1200m)吉田隼騎手で出走。

笹田調教師コメント
新潟のように平坦で直線が長いコースは合っていると思います。
きのうの動きも抜群に良かったですし、休み明け2戦目で上積みも見込めます。
チャンス十分でしょう。

助手コメント
ひき運動中は普段通りで追い切ってから硬くなったとかテンションが高くなったということはありません
馬体重は478キロですが、今の体つきがベストだとみています。
出発はあすの予定なので新潟で2泊することになります。
滞在馬房はチップではなく藁が敷かれているのですが、それを食べすぎて太ってしまいレース当日に大幅増なんてことがないように口カゴを忘れずに持参して対応します。
中1週でしたがやれることはやったので前回以上の結果を期待しています。

馬体重478キロ

2016年9月へ 2016年11月へ
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッドライジェル 近況(1... | トップ | レッドオーガー 近況(10月) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。