ゆるゆる馬主日記

Record of my favorite horses

レッドカルディア 近況(1月)

2017年01月26日 | レッドカルディア
2017年1月4日 (角居厩舎在厩)

本日は坂路にて追い切りました。
次走は1月21日(土)中京12R(西尾特別/牝・芝2000m)に菱田騎手で向かう予定です。

坂路 助手 レッドカルディア 1/2 58.8-43.5-29.0-14.7 馬なり
坂路 菱田J レッドカルディア 1/4 56.2-41.7-27.7-13.5 馬なり

助手コメント
帰厩後のカイバの食いはボチボチといったところですが全体的に丸みがあって雰囲気はとてもいいですよ。脚元も今のところ心配いりません。
本格的な追い切りはきょうが1本目。
レースで騎乗する菱田騎手に乗ってもらいましたが、菱田騎手は
『無理はせず馬任せで走らせましたが休み明けなのでまだ緩いし、気持ちも乗っていない感じでした。来週、再来週としっかりやればピリッとしてくるはずです』
と話していました。
週末も含めると4本できるのでレースまでに態勢は整うと思います。



2017年1月11日 (角居厩舎在厩)

本日は坂路にて追い切りました。

坂路 菱田J レッドカルディア 51.7-38.0-25.4-12.9 仕掛け

助手コメント
先週の追い切りも乗りましたが、そのときより気が乗ってピリッとしていました
時計を見てもテンから出していったわりにラストも12秒台で踏みとどまっていたので上々と言っていいでしょう。
ただ、去年北海道で乗ったときは、もう少し手足が軽かった記憶があるので、休み明けでまだ完全に動き切れてはいないようです。
きょうやったことで来週はもっと素軽くなっていると思いますし、息も整ってくるはずです。



2017年1月12日 (角居厩舎在厩)

本日はひき運動の調整でした。

助手コメント
追い切り後も特に変わりありません。
運動中は音に過剰に反応して激しく暴れることもありましたが、1歩1歩の踏み込みは結構力強かったです。
脚運びなんかを見ていると洋芝など力のいる馬場が合っていそうですよ。
馬体重は460キロ。カイバは完食とまではいきませんがたくさん残しているわけではないですし、必要な分は食べています。
休み明けでもいい成績を残せるようしっかり準備しておきます。

馬体重460キロ



2017年1月18日 (角居厩舎在厩)

舎飼い。

助手コメント
けさ調教前に馬体をチェックした際に右前脚の球節が腫れていました
急患で獣医師に診てもらいましたが、獣医師は『痛みも感じているし、歩かせても回るときに気にしている。レントゲン検査で骨に異常はないこともわかっているので、脚元の小さな傷から細菌が入り込んで炎症を起こすフレグモーネでしょう』と話していました。
その場で抗生剤を投与するなど治療をしていますが時間が経つにつれて腫れの範囲は広がっています
しばらくは調教を控え、治療を優先することになるので大変申し訳ありませんが、予定していた今週のレースへの出走は見送らせていただきます。
今後については経過を見ながら判断します。



2017年1月19日 (角居厩舎在厩)

舎飼い。

助手コメント
朝昼晩の3回、抗生剤を投与しています。
治療の効果で腫れはきのうより引いていますが、完全にすっきりするのは運動を始めてからになりそうです。
いつから乗り出せるかのメドは立っていないので今後のこともはっきりとは決められませんが、次走は早くても再来週以降になると思います。



2017年1月25日 (角居厩舎在厩)

本日は坂路1本の調整でした。
次走は2月11日(土)小倉7R(4歳上500万下牝/芝2000m)に菱田騎手で向かいます

坂路 助手 レッドカルディア 59.3-43.0-28.4-14.2 馬なり

助手コメント
日曜日から乗り出しています。
腫れは調教後の午後に少しだけボーッとする程度
乗ってすぐはすっきりしているので、ここからは日にち薬だと思います。
調教は毎日ちょっとした時計になっていますが、理由はハミに乗っかって走っていて、そこから最後までハミが抜けないので止めようにも止まらないところにあります。
ブレーキが利かずもう危ないくらいですよ。
常歩でもダクの感じも相変わらず硬いですし、トモの使い方もまだまだ
余裕がないので勝手に走ろうとしてしまうのかもしれません。
時間はかかりますが、修正できるところは修正していきます。



2017年1月26日 (角居厩舎在厩)

本日は坂路1本の調整でした。

坂路 助手 レッドカルディア 60.9-45.7-30.6-15.4 馬なり

助手コメント
久々に乗りましたが以前より力をつけてたくましくなっています
きのうまで乗っていた助手が、コントロールしやすいよう毎日少しずつ修正してくれたようで、きょうは問題なく止められました
脚元の腫れはまだ完全に治まっていませんが、それほど心配する必要はありません。
どちらかというと以前から腱が太い馬なのでそっちを注意して進めていったほうがよさそうです。
きょう乗ってみて500万クラスならあっさり突破できそうな感触だったので、まずは無事にレースに送り出したいです。

2016年12月へ 2017年2月へ
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年の愛馬たち 続き | トップ | レッドゼノン 近況(1月) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レッドカルディア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。