ゆるゆる馬主日記

Record of my favorite horses

レッドカイザー 近況(4月)

2017年04月27日 | レッドカイザー
2017年4月5日 (寺島厩舎在厩)

本日は坂路1本の調整でした。
次走の鞍上は秋山騎手の予定です。

坂路 助手 レッドカイザー 64.8-46.9-30.6-14.7 馬なり

寺島調教師コメント
追い切りはあすを予定しているので、けさは普通キャンターで坂路を1本とゲート練習を行いました。
ゲートでは駐立と後ろ出しを確認しましたが古馬なのでさすがにどっしりしていて問題ありませんでした。
どういう馬かは角居調教師や厩舎スタッフのみなさんからお聞きしましたが、今のところ乗り手に従順でコントールも利きますし、反抗してパタッと止めてしまうようなことはありません
ビシッと追い切ったときやレースにならないとわかりませんが少しずつ去勢の効果が出てきているのではないでしょうか。



2017年4月6日 (寺島厩舎在厩)

本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
外チェイスダウン一杯に0.1秒遅れ

坂路 助手 レッドカイザー 54.2-39.0-25.5-12.7 一杯

寺島調教師コメント
追い切りに乗ったのは初めてでしたが、聞いていた通り最後は止めてしまうところがありました。
4F目に入ってもまだ動けそうな手応えが残っていたので、仕掛けて前を走る馬に並びかけたところで急にフッと気が抜けたような感じになってしまって。
馬がゴール板を理解しているようで、そこに近づくと乗り手が何をしても勝手に走るのをやめてしまうようです。
でも時計はそれなりに出ていて十分負荷はかかっていますし、どういう癖がある馬なのかを自分が乗って確認できたことはよかったです。
週末はラスト1Fだけ伸ばして、来週はCウッドコースで追い切る予定です。



2017年4月12日 (寺島厩舎在厩)

本日は坂路1本の調整でした。

坂路 助手 レッドカイザー 66.2-48.0-39.0-15.2 馬なり

寺島調教師コメント
ここまで変わらずにきていて、カイバも太りすぎに注意しないといけないくらいたくさん食べています
追い切りはあすの朝1番の予定。
Cウッドコースで長めからいって直線は併せようと考えていますが、先行させると抜かれたときに止めてしまうでしょうから後ろから追いかける形でやってみます
秋山さんが追い切りに乗るのは来週になるかもしれません。



2017年4月13日 (寺島厩舎在厩)

本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
外ピュアコンチェルト馬なりを6Fで0.5秒追走、2F併せで0.1秒先着

CW 調教師 レッドカイザー 84.9-68.1-52.6-38.7-12.4 G前一杯

寺島調教師コメント
僕が乗って追い切りました。
2馬身ほど追走し、4コーナーで並びかけました。
直線でびっしり叩くとじわじわ脚を伸ばし、ゴール板のところでは半馬身ほど先着。
相手に待ってもらった分、先着できたのかもしれませんが、カイザー自身も3Fを38秒7とまあまあの時計でまとめています。
ゴール板を過ぎてから1コーナー手前までしっかり追いましたが、追っている間はいいけど、ある程度緩めると自分でオッケーと完結しやめちゃう感じでした。
こういうタイプの馬ですから来週の追い切りはジョッキーに乗ってもらったほうがいいでしょう。
週末はラスト1Fだけ伸ばしておこうと考えています。



2017年4月19日 (寺島厩舎在厩)

本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
外ピュアコンチェルト馬なりを6Fで0.2秒追走、2F併せで0.2秒先着

CW 調教師 レッドカイザー 83.0-67.6-52.7-39.0-12.4 G前一杯

寺島調教師コメント
秋山騎手のスケジュールが合わずきょうも僕が乗りました。
後ろから追いかけて直線は内へ。
並びかけるまではステッキを入れて気合いをつけましたが、抜け出してからはハミを掛けなおすだけできっちり先着しました。相手は馬なりでしたけどね。
先週より3Fの時計は遅かったですが、反応が良くなっていましたし、最後まで手応えも余裕十分。
しっかり伸びてまじめに走っていました。
前走後も緩めず乗ってきたので状態はとてもいいですよ。
競馬で向こう正面から気を損ねないようジワジワ進められればいい勝負になるでしょう。



2017年4月20日 (寺島厩舎在厩)

本日はひき運動の調整でした。
今週23日(日)の福島競馬、川俣特別(芝1800m)秋山騎手で出走。

助手コメント
追い切り後もとくに変わりありません。
2週続けてハードにやりましたが、脚元に疲れは見られず、体もふっくら維持しています。
日曜日の競馬ですが、出発は土曜日に決まりました。
転厩初戦も調整はスムーズでしたし、もともと高い能力を持った馬ですから上位にくることを期待したいと思います。



2017年4月26日 (寺島厩舎在厩)

本日はひき運動の調整でした。

寺島調教師コメント
もったいないレースになってしまいました。
目立ったのは4コーナーから直線にかけて進路を絶たれたところでしたが、向こう正面でも手綱を引く場面があり、そのタイミングで馬がフワッとして気を抜いていました。
そういったことがありながら最後にもうひと伸びを見せたのは多少なりとも去勢の効果があったということでしょう。
疲れを見せていないので、あすから乗り運動を始める予定。
次走については京都、新潟の両方を視野にいれてきましたが、京都だと前残りの展開になることが多いですし、間隔が中1週になってしまうので、中2週の1回新潟6日の胎内川特別に向かうことにしました。
鞍上はもう1度秋山騎手に依頼します。次は決めてくれると思います。



2017年4月27日 (寺島厩舎在厩)

本日はひき運動の調整でした。

寺島調教師コメント
きょうから乗り出しました。
角馬場でハッキング調整でしたが完全にスイッチがオフの状態でリラックスモードに入っています。
体も少し緩んだ感じ。こういうオンとオフがはっきりしたタイプだから長く走ることができるのかもしれませんね。
背腰は思ったほど疲れていないようで獣医師もとくに治療は必要ないと話していたのでローションを塗ってケアしています。
あすから坂路入りしますが、時計を出すのは来週半ばからの予定。
使う前のモサッとした毛も抜けて体調もぐんぐん上向いているので、次はもっといいレースをしてくれると思っています。

2017年3月へ 2017年5月へ
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッドカイザー 福島12R... | トップ | レッドリーガル 近況(4月) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。