ゆるゆる馬主日記

Record of my favorite horses

2017年度 募集馬検討 その3

2017年07月28日 | 全般
今回は下記の種牡馬の産駒。

ダイワメジャー(500万)
ジャスタウェイ(350万)
ハービンジャー(400万)
ヴィクトワールピサ(300万)
※()内は2015年時の種付け料

中でもやっぱり新種牡馬ジャスタウェイが注目でしょうか


ラピーダシャリナ16 牡


 父ダイワメジャー 母父Vicar
 生産:下河辺牧場
 誕生:2016年4月1日
 育成:ファンタストクラブ
 厩舎:昆貢
 募集価格:2,000万(一口50,000円)
 馬体重:470 体高:158 胸囲:177 管囲:21.5

お母さん10歳時の5番仔。

すでに470キロとデッカイですね~

まだ腰高にも見えるしどんどん成長しそうで、

デカくなり過ぎるとやや怖いかも

繋ぎの角度と長さがやや気になりますが、馬体は引き締まった感じに映り、

ダイワメジャーっぽさというかパワーは兼ね備えていそう。

お母さんは下河辺牧場の繁殖になりますが、

近親にエクリプス賞に選ばれたことのあるCurlinがいますし、

血統は良いと思うんですよね

以前書いた、

東サラ16年産募集 使いまわし系

でも触れたように走っている産駒はまだ少ないのですが、

正直言うと期待値ほどのものはまだ出ていないというか、

デキがそんなによくなくて売れなかったのかなんなのか、

そのまま下河辺名義で走らせていたり、

未出走だったりする仔がいる現状

可能性は秘めてる繁殖だという気もしているんですけどねぇ

長く頑張った東サラ馬スパーダの近親ですし、

ダイワメジャーなだけに仕上がり早ければマイラーとして面白そうです

あとは昆先生の愛馬ゼノンくんの扱いがちょっと微妙なのと、

育成がファンタストというその辺も加味しての出資判断かな。


スタイルリスティック16 牡


 父ジャスタウェイ 母父Storm Cat
 生産:ノーザンファーム
 誕生:2016年4月11日
 育成:ノーザンファーム
 厩舎:須貝尚介
 募集価格:3,000万(一口75,000円)
 馬体重:431 体高:153.5 胸囲:168 管囲:20.5

お母さん17歳時の11番仔。

以前の記事、

東サラ16年産募集 馴染みの血統

でも挙げたようにすっかり東サラ血統と認識された繁殖で、

今年の関西募集馬の中では字面を見た段階で、

わたし的に一番注目していた仔なんですが、

さすがにお母さんは高齢になってきています

逆にお母さんの仔に出資するチャンスが残り少ないというのもまた事実で、

わたし的には出資したい気持ちに傾いてきている今日この頃

新種牡馬ジャスタウェイなんで、3000万は割高感はあるかもしれませんが、

実績残している繁殖ですし、種牡馬として未知な感じはあるのですが、

ハーツの後継として楽しみでもありますしね。

そしてジャスタウェイを管理した須貝先生のとこという巡り合わせもね

まぁなにより叔父のG1馬ナサニエルを筆頭に活躍馬が並ぶこの血統に、

1度は出資してみたいというのが1番の理由かな

ただスタイルリスティックっ仔はいつも抽選で外れてきているんで、

今年もまた同じことになるのかも

アンシェルは気性的にも長めは無理ですが、

この仔は雄大さが感じられ芝の中距離向きになりそうな予感はあり、

馬体の感じはまだバランス的にも変わり身ありそうで、

これかの成長を楽しみにしたいといった感じかな

4月生まれで430キロ越えとこれからの成長見越しても、

適度な馬体になっていってくれるんじゃないかと、

将来的な期待度含めて出資候補です

出資するなら最優先にすべきかどうか。悩むところです


ワイオラ16 牝


 父ジャスタウェイ 母父Sadler's Wells
 生産:ノーザンファーム
 誕生:2016年2月27日
 育成:ノーザンファーム
 厩舎:中内田充正
 募集価格:2,800万(一口70,000円)
 馬体重:421 体高:148.5 胸囲:176 管囲:19

お母さん15歳時の8番仔。

以前、

東サラ16年産募集 セレクト5000万馬

の記事で書いたように昨年のセレクト当歳セッションで2200万(税抜き)した仔です。

たった600万の上積みなんで、かなり頑張った値付けになっています

一つ上の姉ミリラニ(父ハーツクライ)はサンデーRで2000万募集で同じ中内田厩舎。

中内田厩舎って昨年は31勝、今年もすでに26勝挙げていて、

ノーザンのバックアップがあり若手のホープといったところ。

そういった勢いのある厩舎ってのは魅力ある気はします。

厩舎の公式HPもあるようですね。

お母さんの産駒は、

'07 牡 The Tito Angel(父ロックオブジブラルタル) 23戦1勝
'08 牡 Approve(父Oasis Dream) 10戦3勝
'09 セン Cape of Approval(父Cape Cross) 16戦5勝
'11 牝 Colombatta(父Mastercraftsman) 2戦0勝
'12 牝 トレジャーステイト(父Oasis Dream) 14戦3勝
'13 牝 マカレア(父ダイワメジャー) 9戦1勝
'15 牝 ミリラニ(父ハーツクライ) 新馬
'17 牡 (父キンシャサノキセキ)

母父サドラーで重めの血ではあるけど、コンスタンスに走ってはいて、

2番仔のApproveが2歳のG2レース、ノーフォークSとジムクラックSを勝っていて、

2歳G1のミドルパークSで3着って実績が目立つところですかね。

日本に入ってからの産駒はすべてクラブ馬。

 トレジャーステイトがシルク
 マカレアがキャロット
 ミリラニがサンデーR

そして今年の仔がセレクト経由で東サラ。

このセレクト経由っていうのが、

単純にノーザン系からのお下がりってわけではない気がしますが、

さてさてただの気のせいだったりするんでしょうか

あとは東サラアドバイザー鬼頭氏の相馬眼をどう信頼するか

バランスよく首筋から背中にかけてのラインが綺麗に思えます。

まぁセリで落として来ただけのものはあるのかもしれません。

産駒がまったく走らない繁殖ではないので、

牡馬のジャスタウェイ産駒だったらもっと興味持つんだけど、

この価格で牝馬という点を鑑みるとやっぱりプラス200万だけの違いしかない、

同じジャスタウェイ産駒の牡馬スタイルリスティック16をわたしは選ぶかな~

でも馬体は良さげには映るんで、走ってくるかも。


ビジュアルショック16 牡


 父ハービンジャー 母父Kingmambo
 生産:社台ファーム
 誕生:2016年5月4日
 育成:社台ファーム
 厩舎:松永幹夫
 募集価格:2,800万(一口70,000円)
 馬体重:430 体高:151 胸囲:174 管囲:19.8

お母さん9歳時の4番仔になります。

オーナー持ちとなった一つ上の半姉ブラックスビーチはスイートピーSの勝ち馬

ただ長女の愛馬カルディア姫は4000万した高額ディープ産ですが、

今現在500万クラスでもがいてます

お父さんがハービンジャーに変わりましたが、どうでしょうねぇ。

どちらかというとパワータイプ系に出そうな血統だし、

この仔の馬体見てもやっぱりパワー型に見えるんで、

ダートの方が合いそうでもあるんだけど、

ハービンジャーのダート馬ってのはどうもピンときません。

どっちかっていうとサンデー系の種牡馬をつける為の繁殖な気がするけど、

はじめての牡馬であり面白そうでもあるんですよね~

5月生まれで430キロ越え。もっと大きくなってきてくれそうで、

変わり身もありそうですけど、ハービンジャーでこの価格。

一番種付け料が高値の時の産駒(2017年は250万)で、

ちょっと最近の勢いに乗っけすぎな気もしないでもないけど、

はじめての牡馬というのも魅力は感じ、

良血で可能性を感じる繁殖なだけに、悩みどころ

来年以降も様子見できるといいんですけど。


ヴェイルオブアヴァロン16 牡


 父ヴィクトワールピサ 母父サンダーガルチ
 生産:ノーザンファーム
 誕生:2016年3月24日
 育成:ノーザンファーム
 厩舎:角居勝彦
 募集価格:6,000万(一口150,000円)
 馬体重:413 体高:156 胸囲:179 管囲:19.8

19歳時の13番仔。

お祖母さんがウインドインハーヘア。

つまりお母さんはディープの半姉。

それだけの良血なだけに値段も凄いです

角居厩舎ならディープ産の仔よりこちらの方が興味ありましたが、

残念ながら7月22日に募集取り下げとなってしまいました。


マチカネハヤテ16 牝


 父ヴィクトワールピサ 母父サクラバクシンオー
 生産:社台ファーム
 誕生:2016年5月6日
 育成:社台ファーム
 厩舎:友道康夫
 募集価格:1,600万(一口4,000円)
 馬体重:425 体高:156 胸囲:172 管囲:19.2

お母さん11歳時の6番仔になります。

全姉ウォーターピオニーは11戦2勝馬で、

セレクトセール1歳セッションで1700万だった馬。

2勝は芝のデビュー戦と3歳中は芝でパッとせず、4歳でダートで2勝目を挙げてます。

ピサ産らしいっちゃぁらしいのかな

そういう意味でもダートで潰しも効く血統で、この仔もコツコツやってくれるかも

初仔アライブの時も出資迷いましたしねぇ。

馬体の感じもトモなんか立派ですし、これからどんどん変わり身見せてくれそうな仔で、

その変わり身次第では今年の関西募集馬の中の、

穴的存在と見ているんですがどうでしょうか

母父からも馬体からもどちらかというと短めを主戦場とする仔かな。

あとこの仔の顔が好きな感じなんですよねぇ

ただ友道厩舎ってのがわたし的にはどうも

昨年愛馬ファルダくんが4歳になったばかりのこれからって時点で、

転厩させられるというよくわかんない扱い

向き合い方が薄過ぎません?って思っちゃったのがねぇ

コツコツタイプと見てる仔ですし、正直またこれからって時に、

同じような目にあうかもと思うと踏みとどまってしまいます



出資するつもりはあまりなかったんですけど、

ヴェイルオブアヴァロン16の突然の募集取り下げは残念でしたねぇ。

この中ではワイオラも良さげに映りますが、やはり価格的な面と血統的な面からは、

スタイルリスティック16が候補筆頭でしょうか

あとはビジュアルショック16がどんな成長を見せてくれるのか見守りたいところ。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッドオーガー 近況(7月) | トップ | 2017年度 募集馬検討 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

全般」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事