ゆるゆる馬主日記

Record of my favorite horses

レッドリーガル 近況(11月)

2016年11月25日 | レッドリーガル
2016年11月2日 (笹田厩舎在厩)

本日は角馬場でハッキング調整でした。

笹田調教師コメント
ジョッキーは3コーナーでへぐってしまい焦ったと話していましたが、最後はうまく外に出してくれました。
メンバーに恵まれたとはいえあの内容なら上のクラスでも楽しみですね。
次走は今月19日の京都12R(1000万下/芝1400m)に福永騎手で向かう予定です。

助手コメント
レース当日は装鞍まではおとなしかったのですが、地下道からパドックに向かうあたりからテンションが上がり始めてしまいました
体も考えていたより減っていたように不安がなかったわけではないのですが、力を出し切って勝たないといけないレースを勝ってくれたことは大きいです。
馬には感謝しています。
競馬で擦り傷をつくってきたので、新潟競馬場で化膿止めを打ってもらいましたが、それ以外に目立ったダメージはありません
きょうは角馬場でごく軽いハッキングで体をほぐしました。
めちゃめちゃ傷んでいるようには感じませんでしたが、さすがにいつもよりは硬く感じました
乗っているうちに段々とほぐれていましたけどね。
きのう体重を量ったところ、476キロと思っていたより戻っていなかったのが気になりましたが、レース後は舎飼いと運動だけなので、そんなにたくさんエサを与えていませんから。
乗り出したのに合わせてエサを増やしていくので、これから日に日に戻ってくるはずです。
次走に向けてやりすぎず、やりなさすぎずという感じで進めていきます。

馬体重476キロ



2016年11月3日 (笹田厩舎在厩)

本日は坂路1本の調整でした。

坂路 助手 レッドリーガル 65.3-48.5-31.7-15.3 馬なり

助手コメント
2走前のレース後に坂路で乗り出したときはゆったりいけたのでそのイメージを持って乗ったのですが、思ったよりハミを噛んでしまいました
追い切っている馬に抜かれていたらさらに時計が速くなっていたかもしれません。
原因はきのう角馬場での調整がすごく軽かったので元気が有り余っていたから。
今週は坂路中心で調整する予定ですが、これでガス抜きができたので、あしたからは楽に乗ることができそうです。
体についてですが、運動中は相変わらず硬く感じましたが、左の背中が少ししんどいのでトモの動きが硬くなっているのだと思います。
前捌きも硬いには硬いけど、いつものことなので定期的に獣医師に治療してもらいながら進めていきます。



2016年11月9日 (笹田厩舎在厩)

本日はCウッドコースにて追い切りました。

CW 助手 レッドリーガル 52.9-39.4-12.5 馬なり

助手コメント
先週金曜日に角馬場で調整したときに歩様に違和感があったので大事をとって厩舎に戻り、すぐに獣医師に診てもらったところ、左の背中を痛がっているということでした。
競馬の疲れと木曜日に力んで走ってしまったことが影響したのかもしれません。
獣医師にその場で注射を打ってもらって、土曜日、日曜日はひき運動に留めて楽をさせた効果で患部を触っても気にしないくらいまで回復したので、きのうからは普段通り角馬場とCウッドコースで乗っています。
背中をこれ以上痛めないようきょうはCウッドコースで追い切り。
掛かると思ってソーッと行くはずがテンからグーッという感じに噛んでしまって結果的に速くなってしまいました
僕が構えたのが馬にも伝わったようですね、すみません。
背中は毎日マイクロでケアしていきますが、念のためきょうの午後にも獣医師に診てもらう予定です。



2016年11月10日 (笹田厩舎在厩)

本日はひき運動の調整でした。

助手コメント
追い切り後も変わりありません。
きのう獣医師に診てもらったところ左の背中に少し痛みはあるけど治療の必要はない程度のものなので、このまま進めていって大丈夫とのことでした。
一応、疲労回復だけ1本打ってもらいました。
きょうは厩舎周りのひき運動で疲れをとりました。
歩様は全く問題なく、いつも通りおとなしかったです。
馬体重は486キロと増えていましたが、楽をさせたし、牧草を与えていたからでしょう。
増えた分はレースまでに十分調整できますよ。
週末はCウッドコースで追い切る予定となっていて15で入ってしまいだけ伸ばすことになりそうです。

馬体重486キロ



2016年11月16日 (笹田厩舎在厩)

本日は坂路にて追い切りました。

CW 助手 レッドリーガル 11/13 59.9-43.4-12.5 馬なり
坂路 助手 レッドリーガル 11/16 54.6-39.8-25.7-12.5 馬なり

助手コメント
週末はCウッドコースで追い切りました。
テンを15で入ると全体が速くなり、背中を痛める可能性も高くなるので、テンは遅くなってもいいというくらいの気持ちで乗って、しまいだけ伸ばしておきました。
追い切りのあとに獣医師に左右両方の背中を針で治療してもらいましたが、レースに支障はない状態とのことだったので、ちょうどいい負荷をかけられたようです。
レース後に背中の疲れを言い訳にしたくないので、言い訳できないくらいの状態にどうにかして持っていきますよ。
きょうの追い切りは坂路で。
テンは元々15の予定でしたが、ちょっとずつペースを上げていって、最後に手綱をバッと放すとスーっといい感じに伸びていました。
馬体重は多少プラスで出走することになるかもしれませんが、476キロか478キロほどの理想的な数字で臨めるはず。
角馬場でほかの馬に抜かれそうになると蹴りにいくなど気が入っていますし、そういったものをうまい具合に闘争心に変えられればいいですね。



2016年11月17日 (笹田厩舎在厩)

本日はひき運動の調整でした。
今週12日(土)の京都競馬、3歳上1000万下(芝1400m)福永騎手で出走。

助手コメント
きのう午後、腰を治療してもらいましたが獣医師によると問題ない、大丈夫とのことでした。
けさは1時間ほど運動しましたが、いつもと変わった様子はありませんでした。
馬体重は482キロと先週からマイナス4キロ。
あすは牧草を与えないので、さらに4キロから6キロは減らせるので前回と同じかちょっとプラスで出走させられるでしょう。
マイナスになることはないはずです。
今後のためにもレース後、福永騎手に距離適性などについて聞いてみたいです。

笹田調教師コメント
1400mの方が競馬をしやすいですし、前回の内容を見ると昇級しても通用するでしょう。
最後は堅実に脚を使うタイプで乗り難しい馬ではありませんが、福永騎手にレースVTRだけはしっかり見ておいてほしいと伝えておきました。
まずはメドを立ててもらえればと思っています。

馬体重482キロ



2016年11月23日 (笹田厩舎在厩)

本日はひき運動の調整でした。

笹田調教師コメント
レースはもう一つ前のポディションで進められればよかったのですが、1番の馬が下がってきたことでリーガルも後ろに下げざるを得なかった分の差だと思います。
スムーズだったらもっと上の着順に来ていたはず。
それでもこのクラスで十分やれることがわかったので、疲れを癒して来年また頑張ってもらいましょう。
今のところあす、ノーザンファームしがらきに移動する予定です。

助手コメント
競馬後はひき運動で疲れを取っています。
レース後はすぐに息が入ったし、帰ってきてからもいつも通りカイバを食べるなど元気な様子です。
ただ、きのうも背中周辺にブラシをかけただけで強く反応を示していました。
レース中に手綱を引くシーンがあったのでダメージがあるだろうと思っていましたが、思っていたほどではないにしても傷めているには傷めていますね。
でもここで休養に入るので牧場でケアしてもらえば問題ないでしょう。
次また担当させてもらえるのかはわかりませんが、自分のところに戻ってきたときには精一杯やらせていただきます



2016年11月24日 (ノーザンファームしがらき)

本日、ノーザンファームしがらきに移動しました。



2016年11月25日 (ノーザンファームしがらき)

マシンのみ。

牧場スタッフコメント
きのう入場したばかりですが、見た目では疲れているようには感じません
食欲も旺盛なので体重はすぐに回復するでしょう。
ただこれまでも背腰に疲れが溜まりやすいタイプだったので、来週半ばまでマシンでの運動で疲れを取り、獣医師に診てもらって低周波などで治療することになりそうです。

馬体重487キロ

2016年10月へ 2016年12月へ
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッドカイザー 近況(11月) | トップ | レッドルグラン 近況(11月) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。