誓球の空 to the victory - since 2001 -

未来に羽ばたく使命を自覚するとき、
才能の芽は急速に伸びる。
ガンバレ創価、目指せ甲子園、願いは一つ誓願の旗

epilogue 2016 箱根駅伝予選会(一)

2016年10月16日 | 青藍の譜

1秒をけずれ! 最後まで諦めるな! 監督やコーチの檄が飛ぶ。
選手が顔をゆがめながら、限界突破の力走を見せる。

澄み切った秋空が、青春の挑戦を見守っていた。
実力拮抗の大混戦といわれた今年の箱根駅伝予選会
2年ぶり2度目の箱根出場を決めた創価大学の駅伝チームは、レース前半から上位に食い込む展開だった。

20キロの勝負の中で、タイムを意識して走る選手、集団走で順位を維持する選手など、
各人がそれぞれの役割を果たした。
3位という結果は、日頃の猛練習で培ったチーム力の成果だ。

結果発表が行われた広場には、昭和記念公園のシンボルであるケヤキの大樹がある。
広々とした野原に1本、堂々とそびえ立つが、その幹は複数の幹が合体したようにも見える。
個性が生かされ、合わさった時に最高の力が発揮される駅伝競技の醍醐味を象徴するかのようだ。

予選会は気温16.7度の無風だったが、真冬の本戦では烈風も厳しい坂も待っている。
だが、創大が誇る抜群のチーム力で新たな歴史を開いてほしい。

本戦まであと78日
明年1月2日、東京・大手町のスタートラインに立つ赤と青の縦縞のユニホームを楽しみに待ちつつ、
私たちも人生の最高記録に挑んでいきたい。


                                            心の琴線に触れる記事を見つけた。
                                            [ 2016.10.16 聖教新聞 (名字の言) ]  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第93回 箱根駅伝予選会 | トップ | 2016年 秋季東京都高校野球大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。