誓球の空 to the victory - since 2001 -

未来に羽ばたく使命を自覚するとき、
才能の芽は急速に伸びる。
ガンバレ創価、目指せ甲子園、願いは一つ誓願の旗

epilogue 2017 箱根駅伝(一)

2017年01月03日 | 青藍の譜

最後の箱根路で雪辱を果たした。
2日の東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)往路(5区間107.5キロ)で
創価大のセルナルド祐慈主将(4年/富士宮西高出)が
4区(平塚-小田原、20.9キロ)で区間5位の力走を見せ往路9位に貢献した。

初出場した2年前は5区最下位でチームも総合最下位に終わり、
昨年は予選会で敗退
2年分の悔しさを込めた。

4年前、箱根駅伝の出場経験がなかった創価大に入学し、2年時に初めて予選会を突破した。
だが、初挑戦は個人、チームとも常連校との実力差を痛感

根拠のない自信だけだった。
このままではいけないと意識を変え、3年秋の主将就任後は先頭に立って引っ張ってきた。

7位で襷を受け、序盤から飛ばした。
13.2キロ地点で駒沢大の中谷圭佑選手(4年)に追い付き、追い抜きざまに背中を軽くたたいた。
3年夏に武者修行で参加した、駒沢大の合宿で友人になった。
レベルの高さに刺激され、今の自分がある。

中谷は尊敬する選手
苦しそうな姿を見て、一緒に上がっていこうぜと鼓舞した。
2人を抜いて5位に浮上、屈辱の2年前から成長した。

卒業後は富士宮市役所に就職し、第一線を退く。
3日の復路は学生駅伝の集大成
仲間を信じていると悲願のシード権(10位以内)へ声援を送る。


                                          心の琴線に触れる記事を見つけた。
                                          [ 2017.01.03 静岡新聞 ]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第93回 箱根駅伝(復路・総合) | トップ | epilogue 2017 箱根駅伝(二) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

青藍の譜」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。