ODちゃんねる

Bikers support
人生を楽しむTOOLのひとつに加えてみては?

丸ハンへのこだわり

2017年08月04日 | おすすめアイテム

こんにちは!

今日はスタッフ秋山のひとり言的なブログです。

 

突然ですが、私はある悩みからロードバイクのハンドルに対してこだわりがあります。

その悩みとは、

「下ハンを握った時にブレーキレバーに指が届きにくい」

というものです。

 

私は手が小さく、さらにひとさし指が短いです。

妻の手と比較しても手の大きさはほぼ同じ、

ひとさし指に関しては妻より短いです(´・ω・`)

 

その為、ハンドルを選ぶ際に一番こだわるポイントは

「下ハンからレバーまでの距離が短いこと」です。

その条件に合い、小柄な方におすすめなハンドルを見つけたのでご紹介いたします。

 

「fizik Cyrano R3 Snakeハンドル 380mm」¥10,702(税込)

 

 

 

見てのとおり、丸ハンです。

昨今流行りのアナトミックシャローと呼ばれる形状ではなく、いわゆる昔ながらのハンドルです。

 

ですが、ただの丸ハンではありません。

このハンドルはハンドル幅によってリーチ量とドロップ量が調整されています。

 

 

左が380mm、右が400mmです。380mmの方がリーチ、ドロップ共に小さくなっています。

小柄な方でも握りやすいように設計されているのがオススメポイントですね。

 

試しにレバーをつけてみました。

 

 

おお!

この時点で明らかにレバーまでの距離が短そうですね。

 

 

 

握ってみました。

私の短小ひとさし指でも余裕で届きます。

 

当店の試乗車のハンドルも握ってみました。

完成車についてくる、ありふれた形状のコンパクトハンドルです。

 

 

ぐぬぬ・・

fizikと同じような角度で握るとレバーにギリギリ指が届くといった所です。

もちろんハンドルのもっと上を握ればレバーに届きますが、

そうすると手首の角度が窮屈になる為、今度はハンドルが握りづらくなります。

 

調整ネジを締めて、レバーの位置を手前に持ってくるという方法もありますが・・。

レバーの引きしろの量が減ってしまい細かいブレーキタッチがやりづらくなるので、私はあまり好みません。

 

今まで丸ハンを使ったことが無くて、私と同じような悩みを持っている方には是非とも試してほしいアイテムです。

 

 

ちなみに私が使っているのはRitcheyのEvoMaxRoadという丸ハンドルです。

紹介したfizikのハンドルよりリーチ、ドロップ量はさらに少ないのですが、ハンドル幅400mm以下がありません。

肩幅が39cm以上ある方は、こちらのハンドルもオススメです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧モデル 店頭在庫完成車 ... | トップ | あしたからお盆やすみです »
最近の画像もっと見る

おすすめアイテム」カテゴリの最新記事