タダの感想文です

感動したことについて思い立ったら書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

村山聖さんを追いかけて

2017-06-15 23:53:08 | 日記
昨年2016年の8月にテレビで伝記を見て以来惹かれ続けている、
村山聖さんについて、自分の思ったこと。
自分の経験とも照らし合わせてのことだが、会ったことがないわけだから、もちろん想像でしかない。

迷惑を掛けない。
とにかく、他人に迷惑を掛けることが嫌だった。自分の病気のせいで、周りの人が不幸になることは耐えられなかった。優しい人柄や、とかく人をもてなす心を持っていたのは、その現れだと思う。亡くなる数か月前には、自身の財産の整理も、弁護士の方に手伝ってもらって全てすませていたという。よほど人に対して気配りのできる人だったのだろう。

加藤昌彦さんとのケンカ。
加藤さんが、好きでしようがなかった。ストレートにそんなことを言える性格ではないことは、よく理解できる。このエピソードを聞いたときは、暴力に対して、自分の気持ちが引いてしまったが、ケンカのあと、加藤さんの名前を呼びながら泣きじゃくっていた、という話を聞くと、本当は、好きでしようがなかったのだろう。そうとしか思えない。

将棋と、周囲の人への感謝。
癌の痛みは、本当に想像もつかないくらい、壮絶なものだったと思う。自分は死ぬ、苦しい、でも将棋はぜったいに捨てない。将棋のおかげで、生きてこれたから。周りの人への心からの感謝の気持ちも、そこにはあったと思う。なにがあっても、将棋だけは捨てない。将棋で生きていくことができるようにしてくれた、周囲の人への感謝も忘れない。

天才。
羽生善治さんが七冠を取られた頃、羽生さんは将棋に集中しているとき脳波が落ち着き、得に右脳が安定している、という分析を、テレビで紹介していた。羽生さんは目で見たものとっさに覚えてしまい、それが見えなくなったあとでも正確に思い出すことができる。村山さんは、本を読むのが異常に早かったという。それは、おそらく、読んでいたのではなく、見ていたのだと思う。羽生さんと同じく、視覚による記憶力、思考力がずば抜けていて、本も字を見て追うだけで理解できたのだと思う。

昭和44年生まれ。
自分と同い年。もし生きていれば、昨日で48歳。
二十歳まで生きられると思わなかった、と言って喜んでいた人が、その九年後に亡くなってしまったのは、本当にせつない。

現在の世の中で、悲しまずにすますには、
かつて村山さんがされていたことを、自分もする以外にないだろう。
「将棋の弱い自分」にできることをすることで、村山さんを追いかけて行こうと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンフー・パンダ -- 師匠と弟子 | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。