the other side of SmokyGitanesCafe
それとは無関係に・・・。
 





GITANESを吸いながら書斎にこもるという夢はまだ叶っていない。
それとは無関係に・・・。

あの運送屋さんの大変な状況については、自分にもかなりの責任が
あるんじゃなかろうか と思うほどの頻度で、あの運送屋さんが
アマゾンからの荷物を届けてくれる。

気になる本があったら買う。それだけのことだが
書斎に積まれた未読本は、多分数か月一冊も本を買わなくても過ごせるぐらい
あるのに、それでも買うもんだから大変なことになる。
結局は読みつくすのだろうけど、いつになるんだろうか。


「どうして本を読まなければならないのか?」との疑問を子供や
若い人が抱くという。
疑問の前提がそもそも間違っているような気もする。
「本を読まなければいけない」なんてことはないからだ。

しかし、「読んだ方がいい」ような気はする。

これから先、子供たちや若い人たちは
仕事でもなんでも、いろんな人を色々な形で説得し続けることになる。
相手は親かもしれないし、先輩や先生、友達、上司、部下、
取引先かもしれないし、恋人かもしれん。

自分がしたいことを通そうとするなら、誰かを説得することから
なかなか逃れられないし、
自分の思いを伝えなければ何も始まらない という状況にも遭遇するだろう。


その時に、「何が何でもそうしたいの!」だけでは、多分誰も理解してくれまい。

今自分が何を考えているのか、どういう気持ちなのか
相手に何を伝えたいのか という、自分の中にしかないものを
それにもっとも(限りなく)近い表現をしなければいけない。
そのためには多くの語彙があった方がいいし、表現方法も豊富な方が
「よりぴったりな表し方」ができるだろう。

そんなものが降ってわいてくるなら、それでOKだ。


待っていてもそんなものはやって来ないなら
暇つぶしがてら、本を読んでいればいい。

知らぬ間に色々な言葉が降ってわいてくるようになる。


さて、大人になって「本を読んでおけばよかった・・・」とちょっと後悔してる人、
「どうして本など読まなければいけないのだ?!」と未だに感じている人、

もう、ええやんか。




コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« ほぼほぼHOBOHOBO SGCニーサンと... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (風信子)
2017-04-22 21:46:54
本を読むと最低限語彙が増えますよね。
そして本を読むと、追体験という意味での
体験が増えます。
面白いから読む、というのが
一番いいのではないかと思うのですが、
最近本を全く読まなくなった私。
好きな村上春樹の本でさえ、読み切れなくなりました。
原因は字が小さいっていうのが、割と大きなポイントだったりして。
今、webライターという仕事をしようと思って、色々チャレンジしていますが、
ライターとしての基準が高い(報酬も高い)所での仕事をしたいと思ったものに関して感じたことは、
やっぱり自分の中での本でもいいからそのことについて述べるだけの知識と語彙、
その集積がないとまずはダメ、というか、私が今後の人のためにそう思うのかもしれませんが、
後は自分の実経験から言える言葉ということになりますね。
でも実際問題、本を読むのが視力的に辛くなってきているのは確かです。
石坂浩二の使ってる眼鏡るーぺを買おうかと思う昨今です(すみません、少し酔ってます)
 
 
 
Unknown (風信子)
2017-04-22 22:20:59
本を読むと最低限語彙が増えますよね。
そして本を読むと、追体験という意味での
体験が増えます。
面白いから読む、というのが
一番いいのではないかと思うのですが、
最近本を全く読まなくなった私。
好きな村上春樹の本でさえ、読み切れなくなりました。
原因は字が小さいっていうのが、割と大きなポイントだったりして。
今、webライターという仕事をしようと思って、色々チャレンジしていますが、
ライターとしての基準が高い(報酬も高い)所での仕事をしたいと思ったものに関して感じたことは、
やっぱり自分の中での本でもいいからそのことについて述べるだけの知識と語彙、
その集積がないとまずはダメ、というか、私が今後の人のためにそう思うのかもしれませんが、
後は自分の実経験から言える言葉ということになりますね。
でも実際問題、本を読むのが視力的に辛くなってきているのは確かです。
石坂浩二の使ってる眼鏡るーぺを買おうかと思う昨今です(すみません、少し酔ってます)
 
 
 
Unknown (SGC)
2017-04-26 17:19:23
お久しぶりでございます。
文章を書いてなにがしかの対価を得る というのは
ずっと憧れておりましたが、きっと私には無理なんでしょう。
「これはこれだからこうだ!」と書ききるには、
それに対する知識と一般的な見識、そして勇気が
要るのでしょう。
どれも私にはなさそうです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。