the other side of SmokyGitanesCafe
それとは無関係に・・・。
 

  




GITANESの先から魔法の煙が出る。
それとは無関係に・・・。


魔法使い という設定なのに杖(スティック)を使うのはどうしてだ?

という素朴な疑問を持っていた知人がいる。

彼の言い分は、
「魔法使いという設定のヤツがいて、魔法を操れるのに
どうして杖がいるのか?杖を持っていないと魔法が使えないのなら
結局魔力は杖に依存していて、魔法使い自身は大したことないんじゃないのか?」

ということらしい。

なので、
「数字に強いとされる公認会計士さんでも『電卓』は使うだろう。同じことだ。」
と言うと、

「お前のそのしょうもない喩えに納得しかけてしまう自分がいつも悔しい。」
と言われた。


私は間違っていない。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


チク  




GITANESって今いくらするんだろうか?
それとは無関係に・・・。

昨年、インフルエンザの予防接種を受けようと
よく知っている病院に車で向かっていたら
診察時間中にたどり着けなくなり、目の前にあった病院に飛び込み
予防接種してもらった  とここに書いた。

今年は初めからその病院へ向かった。

診察待ちらしき人もいたが、たまたまタイミングがよく
予防接種待ちの人が次々と診察室に通され、ほぼ待ち時間なしで
接種を受けることができた。



子供のころから注射が大嫌いである。
インフルエンザの予防注射を受けるのは
「インフルエンザに感染したらもっと注射をしなければならない」ような
自己暗示をかけた結果なのだが、
よく考えるとインフルエンザの治療はもう飲み薬の時代なのだから
注射嫌いが注射を避けるために注射される  というのはおかしいのだった。

ま、でも縁起物だから
と 別の暗示をかけているところである。


そう言えば先週の健康診断の採血の方が「いやな注射」だ。
この年齢になってもまともに凝視はできない。

凝視する必要もないんだけど。


皆さんはもう予防接種を受けられましたか?

早く「インフル予防も飲み薬でOK」という時代が来ればいいですな。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GFITANESも究極まで細かく分類すれば
無になる。
それとは無関係に・・・。


炭水化物。
この、字面的にはまっくろけなイメージの、
どこで区切っていいかもよくわからないまま使っている言葉。
素敵な言葉である。



最近は
「炭水化物の重ね食べはダメ!」なんてことが声高に言われている。
「この人、炭水化物に炭水化物食ってるよ!」なんて揶揄される場面も多いだろう。

いや、炭水化物を過剰に摂ったら太りまっせ  というのは意味がわかる。
痛いほどわかる。

しかし、炭水化物に炭水化物を重ねること自体をNG化する風潮はおかしいと言わざるを得ない。

うどんにおにぎりはおいしいではないか。
お好み焼き食ってたらごはんが欲しくなることも多い。

それが「炭水化物に炭水化物を重ねる」と短絡的に言うが、
誰も「見たまま炭水化物という物質」に「みたまま炭水化物という物質」を食っている訳ではない。

お好み焼きとごはんとうどんは、誰が考えても違うものではないか。


お好み焼きをお好み焼きとして、うどんをうどんとして見ることができずに
「でもそれらはぁ、炭水化物でぇ」などとほざく奴は
「じゃあ、どんな食い物でももっと突き詰めると『分子』ではないか!
『あ、お前、分子に分子を重ねて食ってるな。あろうことか飲み物も分子だぜ!』と
言われたらどうすんだ?!」
と訊きたい。






さて、
炭水化物かどうかにかかわりなく、お好み焼き・ごはん・うどんなどを同時に組み合わせて
食べるのは控えた方がいい。
太るからだ。




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






GITANESさえあれば掃除中も快適なのに。
それとは無関係に・・・。

突然「あかん!掃除せなあかん!!」と思い立ち、
シューズクローゼットを掃除した。

数回履いただけであちこちの革が破れたブーツや
着色に失敗した古い革靴、日常的に履き込み過ぎて非日常的なビジュアルに
なってしまった靴など、合計6足ほどを捨て
空箱5つほどを同時に捨てた。

そうしてみると、実際に活躍している靴が案外少ないことに気づいてしまった。

黒の革は内羽根ストレートチップが1足のみ、ショートブーツが1足。
茶の革靴は1足(モンク)のみ。
スウェード1、バーガンディのスリップオン1
その他はすべてスニーカーだった。


黒いシャツだけでも用途別に4着もクローゼットにぶら下がっているぐらいの
無駄なものコレクターなのに、靴がこれではいかん!

いや、いかんことはない。しかし、いかん!

ということで、靴を買う必要があると
自分に暗示をかけている最中です。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANES嗜好者に戻ったとき、GITANESの価格がひと箱1万円だったとしても
買うよ。
それとは無関係に・・・。

ニュースによると、
技術研修制度を利用して中国から日本へ入った人のうち
過去5年間で1万人ほどが行方不明らしい。


すごい。

中国の人口は13億7462万人(昨年度)いるらしいから
1万人どこかへ行ってしまっても、別に大したことはないだろう。


日本側から見ると問題だ。
1億人ぐらいしか人口がないところへ、
「1万人ほどのトンズラ外国人が潜んでいる」ということになる。

それはそれですごい。


どうしていいかもわからんけど、大問題であるような気はする。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


通知  




GITANESも買わないから、ほんとに「現金」を使う局面が減った。
それとは無関係に・・・。


銀行から通知がきた。
通帳未記帳の取引が増えており、●月●日までに記帳しないと
入金も出金もトータル金額しか印字されなくなるぞ・
おまけに、500件に達したらATMが使えなくなるぞ
という内容の通知である。


どうしてそうなるのか、どうしてATMまで使用停止になるのか
メカニズムがわからんが、とにかくそういうことらしい。
未だにそんな通知がくるということは、未だにその件で
「勝手に取引履歴が消えた!どうしてくれるんだ!」という苦情が
発生する ということだろう。

私はそもそもその銀行のネットバンキングを利用しているので
随時入出金記録を見ているし、必要ならスクリーンショットでも撮っておけば
記録にもなる。
それで十分だと思うし、せめてネットバンキング利用者については
「古い取引記録は勝手に消えます」という契約にしておけばいいのになあ と感じる。

ただ、記録のスクリーンショットでは「裁判沙汰になったときに証拠にならない」
なんて事情があるのかも知れないし、と書いていたら急に不安になってきたので
潔く記帳に行こうかと思っております。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


  




GITANESの形に見慣れるのにはしばらくかかった。
それとは無関係に・・・。

新しいプリウスを後ろから見ると、
非常に先進的な炊飯器に見える。
いや、だからと言ってなんてことないのだが。


何かと話題にのぼる「げす」なミュージシャンの
肩幅・あごの線・髪型がどうにもまあ、
いや、だからと言ってなんてことないのだが。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





GITANESはちょっとミニマな雰囲気。
それとは無関係に・・・。


ミニマリスト  という言葉がますます市民権を得ているらしい。
必要最小限のモノで生活していく(ことを目指す・実践している)人のことのようだ。

しかし、人によって「必要」の規模は異なるだろうし、
ここからがミニマリスト という基準もないだろうから
「目指すこと」に意義があるんだろう。

私もある種のミニマリストを目指すことにした。
というよりもう達成している。
というのは、以下の理由による。


知人Hは何年も前、ミニチュアダックスを買った。
非常に可愛らしい子犬だったらしい。


ほどなくしてその子犬は急成長を遂げた。
可愛さは損なわれることはなかったが、成長は止まらなかった。
結果的にその犬は現在
「お前のどこがミニチュアやねん」と誰もが突っ込む成犬になった。
私はその犬を
「世界最大のミニチュアダックス」と認定した。



というわけで、
私は世界で一番モノをもっているミニマリストになろう。
あるいは、もうなっている。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESを嗜好していると、持ち物に赤が入り込む余地がない。
それとは無関係に・・・。


今日はレザーの赤い靴を履こう。

と決めてしまっていたので、そこから逆算していき
服装は決まっていくのだが、最後に「腕時計」はどうしようか
となって、そうなると赤のGショックしか手元にないし
で結局それを付けたんだが、これがまた「何時かわからん」ほど
文字盤が見にくいので、何時かわからんし
それでも何も不自由がない  ちゅうことは
腕時計要らん ちゅうことや。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESを吸いながら乗っていたころが懐かしい。
というか戻りたい。
それとは無関係に・・・。

ここで何度も何度も何度も書いたことではあるが、
オープンカーというのは冬の乗り物である。
これは体験的感想であるから間違いない。

真夏の昼間ににオープンカーで走ってごらんなさい。
ほどなく暑さで気を失うだろう。
「風を受けていたら大丈夫でしょ?」と指摘されることもあるが
時速60キロで風がずっと顔やら体やらに当たっていることが
不快でなければやればいい。高速道路なら100キロ近い風だ。

大体、ドアのガラスを立てて、風巻き込み防止のパーツを稼働させたら
風は入ってこないのだ。
だから、冬でも大丈夫。
もちろん防寒着は着た方がいい。当たり前だ、冬だから。
そしてヒーターを効かせる。
風は頭上を通り抜けるばかりで、足元は温かくなってくる。
ホームこたつに入ったまま、時速60キロで走っているという想像が
できればもうあなたはオープンカーに乗る資格がある。


信号待ちで隣に並んだ原付のおっさんに
「寒いやろ?!」と言われたこともあったが、
「お前よりマシじゃ!」と本気で返事できる。
そう、バイクよりずっとマシだ。
「マシ」な程度なんだけど。

桜が散りそうなシーズンに、夜中その下をゆっくり走るのもいい。
夏でもかなりはやい時間帯、例えばゴルフ場に向かう早朝なども快適だ。
でも、好奇の視線さえ気にしなければ、冬の曇天(もちろん好天時も)は
意外なほど快適なのだ。


ディーラーから
「まもなく発表するオープンカーのお披露目と試乗会をやるから
いらっしゃい。」と電話があり、ついでにDMまで届いた。

まったく買う気がないのだが、そういう雑談をしていると
私の周囲にいる素敵な女性陣は
「買っちゃいなさいな。」なんて、渡り鳥の胸毛ほどの軽さで言い放つ。
「赤がよろしくってよ。」と付け加えられ、確かに買うなら赤だろうなあ
と、色に関しては同意しかけるが、
そもそも50のおやじが2座の真っ赤なオープンカーに乗ること自体が
いかがなものか、というよりついでにそもそも、買う気ないんだからな。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


70  



GITANESを吸いながら観たことはなかったが。
それとは無関係に・・・。

昔、鶴瓶上岡パペポテレビというテレビ番組があった。
熱心に観ていたし、録画までして繰り返し観たものだ。


ずっと後になり、いろいろ便利な世の中になってきた。
いま私の携帯機器には、その番組の音声データが山ほど入っている。
それを聴きながらトレーニングするし、チャリトレにもでかけるし
洗い物をするときもあるし、料理をするときもある。


とにかく、毎日毎日聴いている。繰り返し繰り返し。
つい数時間前も、ウォーキングにでかける時も聴いていた。

そのとき聴いたのは、鶴瓶氏上岡氏が自分たちの弟子について
面白おかしく寸評していた放送回だった。

自分の弟子の一人を評して、上岡氏は
「あいつはまあ、70歳ぐらいになったらオモロなるんちゃうか。」
とのことだった。もちろん冗談だっただろう。




数時間後、つまりついさっき、その弟子「テント」氏の死去(事故死)をネットのニュースで知った。

65歳だったという。

あと5年、あと5年後を観たかった。

ある意味、もうあれを超えるような芸人は出ないだろう。



※追記
ニュースに接したのはウォーキングの後だったが、実際に事故発生は
それより前だったようだ。
テント氏が亡くなったことを知らずに、PAPEPOのその放送回を聴いたことになる。
どちらにしても、イヤなことには変わりない。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESで連想するのはアランドロンか、紅の豚か?
それとは無関係に・・・。

このシャツを着たときは、ちょっと襟の後ろを立ててみよう
と思うと、必ず「レンホーみたいだな・・・」と連想してしまう。

このローファーは素足で履こうか と思うと、
必ず「ジュンイチみたいだなあ・・・」と考えてしまう。

あれをやってみようとしたら必ず彼を思い出し、
あれはどうだろうかと考えると、必ずあの女性を思い出す・というような例は他にもある。
どれも悉くネガティブな方向だ。


どういう訳なんだろうか。

レンホーもジュンイチもかっこいいのになあ。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESは「夜汽車」の時代なら吸っても良かったんだろう。
それとは無関係に・・・。


「夜汽車に揺られて」という言い回しがある。
よく聞く言葉でもある。
冷静に考えると「夜汽車に揺られる」のは、非常に限定的な
状態なのに、それでもよく耳にする言葉だ。

夜じゃなくても汽車は揺れるだろうし、電車でも揺れる。
しかし、「朝電車に揺られて」という言い回しはしないし
決してそんな表現が根付くことはない。



最初にこの言葉を使ったのが誰だったのかは知らないが
それほど昔のことではないだろう。
少なくとも、「汽車」が発明されたとき以降の話だ。
蒸気機関車の発明は1800年ごろだったらしいから、
約200年以内ということか。


実生活で「夜汽車に揺られて」と口にしようとするなら
文字通り夜汽車に揺られる必要があるのだが、これから先そんな
可能性があるのだろうか と考えてみたのだが、
どうもこれは実現しなさそうな気がする。

最大の理由は近くに汽車が走っていない。
揺られたくても、どこで乗っていいかわからないのだ。


次に、「夜汽車に揺られ」ようと思ったら夜のうちに出発という
ことになる。
到着してもまだ夜だったら、そんな時間帯にどこでなんの用があるのだ?
ということだ。
また、到着時はもう朝になっているとしたら、眠くて何もできない気がする。
そもそも、夜汽車に揺られるということは目的地は国内だろうから、
一番早い飛行機で行けば、夜汽車に揺られながらやっと到着するような
距離に一足飛びでたどり着けるはずだ。

と、諸々を考えると「夜汽車に揺られる」のは、夜汽車に揺られるために夜汽車に乗った場合
である可能性が限りなく高い。
手段と目的が入れ替わってしまっている。


過去、一度だけ夜汽車に揺られたことがあったなあ と思い出したが
あれは電車だった。
でも、それなりに揺られた。
だからって何も感じないのは、そもそも鉄道になんの興味もないからだろう。

じゃあなんで夜汽車に揺られる問題 なんてことを書き始めたのかと問われると、
まったく自分でもわからない。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESがなくてもパーティーで苦しくないなんて
慣れるもんだなあ。
それとは無関係に・・・。


会社のVIP退任パーティー。
夕方からのパーティーだったが、その時間帯ではまだまだ
各拠点では仕事の真っ最中なので、人選して30名ほどで集まる。
某レストラン貸し切りでドレスコードは
「女子は自由にオシャレする。男子はダーク系スーツ、ドット(水玉)タイ着用。
チーフ必須、色自由。送る側・ホスト側であることを忘れない。」と決めていた。
一応洋服関係の会社なので、こういう時には統一できる。
洋服で特別な「縛り」をかけられ、それに応えるのが仕事上での技量でもある。
手持ちがなければ自社で買えばいい。

ドット(水玉)の意味は、「惜別の涙」という設定だ。



いいパーティーだったと思う。

あのように送られる人物は、しばらくいないだろう。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESをまだ吸ってたなあ、あの頃は。
それとは無関係に・・・。

結構ユニークな人物を輩出しつづけることで
(私の中では)定評のある某信用金庫。

今日所用でその本店へ入ろうとしたら、入れ違いで出てきた人に
声をかけられた。

「あ、SGCさん?」
「あ、Iさん。お久しぶり!」

10年以上前に融資の件でお世話になり、その後彼の異動で疎遠になっていた
職員さんだった。

Iさん「最近ここへ異動してきたんです。お顔をお見かけしてたんですが、
    なかなかご挨拶するタイミングがなくて・・・。」

と、現在の名刺もいただいた。

私「あ、そうですか。じゃあ、最近お世話になっていたKさんは?」
Iさん「Kは異動で、ちょっと遠方へ行きました。」
私「ああ、そうでしたか。」


いろいろとお世話になったKさんは異動で、出身地の支店へ
異動したとのことだ。

私「じゃあ、これからはちょっとお聞きしたいことなんかあったら、
  あなた(Iさん)に尋ねたらいいですね?」

と何気なく尋ねると

Iさん「うーーーーーーーーんんん・・・・」
と盛大に首を傾げられた。



あのなあ、そんな超ややこしい無理難題をふっかけるようなこと
今までもやったことないでしょうが。

やり取りがいやなら、スルーしてくれればよかったのに。
名刺はなぜ渡したのか?


いやあ、さすがに人材の宝庫。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ