the other side of SmokyGitanesCafe
それとは無関係に・・・。
 





GITANES本体は白い紙に覆われているが
黄色いのもあって 略
それとは無関係に・・・。


○白いジーパンを2本持っていて、使いまわしている。
別に用途が違うわけではない。
白のジーパンは、当たり前だが汚れやすい(汚れが目立ちやすい)から
頻繁に洗濯するからである。
普通のブルーのジーパンの数倍の頻度で洗っている気がする。
とにかく尻、もも、ポケット周辺の色がどんどん変わっていく。
履き続けている白いジーパンは、どう考えてもみっともない。



○白いシャツが一体何枚クローゼットにあるのだろうと
数えてみた。
12着あった。無地だけでその数だった。
大いなる無駄であることはわかっている。でも私のシャツだ。
誰にとやかく言われる筋合いのものではない。
その中で最も気に入ったシャツは、もっとも古いシャツでもある。
15年ほど前に買った某ブランドのシャツで、それほど厚くなく
スケスケでもなく、ちょうど具合がいい。
かなり弱ってきている気がするが、かなり弱ってきている着方をするので
特に問題はない。
これだけは捨てられない。
というか、着られるんだから捨てないが。



○白いスニーカーに不具合が発生したので
思い切って買いなおした。
自慢じゃないが、白のスニーカーは1足しか持っていない。適正数だ。
しばらくは雨天での使用は控え、温存するだろう。
15年ぐらい履きたいが、革だから無理だろう。



○白い麻のスーツを作ろうか と毎年思うのだが
いつも断念している。
「それを着てどこへ行くねん?」と、頭の中で他人の声が聞こえるからである。
しかし、いずれは作ろう。
もっとジジイになったら着ようと思う。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


圧力  




GITANESを休止したのはどこからの圧力に負けた訳ではない。
それとは無関係に・・・。


そういう報道がこんな時期に出たのは、何かしらの圧力がかかったからです。

とか、

圧力がかかったせいで、こんなニュースが流されなくなった

という話は巷に溢れかえっている。



だから、「こんなところから、『あの記事を止めろ!さもなくばおまえのところを潰すぞ!』
という圧力がかかりました!」
という報道をやってください。
ぜひ観てみたい。



というよりも、権力側から圧力がかかった  という事実のほうが
ニュースバリューがあるはずだから、遠慮せずに暴露してください。
ぜひ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESは青い彗星の証(ウソ)。
それとは無関係に・・・。


ガンダムにはまったく思い入れもないし、
トヨタのオーリスに乗る気もまったくないのだが、
「シャー専用TOYOTAオーリス」というコンセプトには
非常にそそられるものがあるのはどうしてだろうか?


いや、それだけのことなんだけど。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESを吸うときは(イメージ的には)ネクタイを緩めたい。
それとは無関係に・・・。

初対面の銀行さん2名と会う予定があったので、朝からタイとスーツ着用。
と言っても綿スーツとニットタイだからそれほど固い装いではないのだが
普段よりはかなり商談向きの格好ではある。

ところが、先方二人もこちら側数名も
私以外誰もタイを着用していなかった。こっち側は十分想定内だったが
銀行さんが初対面の人間と会う場でもネクタイを巻いていないことが新鮮だった。
それぐらいクールビズは徹底され、浸透しているということだろう。
まあこっちも義務感でネクタイを巻いたわけではない。
そういう場面でもない限りネクタイを巻く好機がない訳で、いわば自分の好みの
格好をしただけなのだから、別に他の人がどのような状態でも一向に構わない訳だ。
ブルーのコットンスーツ、ロンドンストライプ・麻のシャツ、
ネイビーのニットタイ、ネイビーのベルトにネイビーの靴、白リネンのポケットチーフ。
涼しげに遊べた感じである。


夜、一部同業(競合)他社の責任者Y氏が突然会社を辞めると聞いたので
電話して話をしてみた。
彼とは6年ほど前に空港で3分ほど立ち話をしたことがあり、それがやり取りの
全てだったが、職場を去るということになれば緊急事態だ。これまでの付き合いの浅さは関係ない。


彼の話を要約すると早い話が、頭の中でいきなり整理がついてしまい
「辞める!」と宣言して、すぐに話が決まってしまった ということだった。
他社のことだからいろいろ詮索することもないが、いろいろあったのだろう。

おそらく違う形で似た業界に復帰されるだろうから、再開を約し電話で別れた。

出会いも別れも日常だなあ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESについて書くことはとっくに尽きました。
それとは無関係に・・・。



○投票や応援の自由などない!
 もし逆らったら一族郎党ともども破門!

 という文書を発する、「自由」を冠する政党があるらしい(都議会)。
 すごい不自由。




○都知事選
 「わかんないけど、出ます。」という候補者が優勢という報道。

あれ、マスゾエさんは出ないの?
この顔ぶれならひょっとしてリベンジできたのでは?


○選挙スローガン「2/3阻止とは言ったが、何についての2/3か言ってない(から負けてない)」

すごい理論。でもこれはいろんな場面で使えそう。
学生も営業マンも使えるぞ。
天下の公党の代表者が堂々と唱えることなんだから。


○テロ多発

標的を何人も殺害する という目先の目的以外は決して達せられないと思うんだが。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


  




GITANESが短いのは気に入ってるのだが。
それとは無関係に・・・。


ここを読んでいる人ならご存知だろうが、
私はダンシャラない(断捨離しない)ことでは人後に落ちない。
とは言うものの、物理的な収納スペース不足には勝てないから
昨日もゴミ袋いっぱいに不要なシャツなどをギュウギュウに詰めて
処分した。
シャツを1枚買ったので、もう2年以上着ていないシャツを2枚捨てたり
パンツを2本買ったので、もう何があっても絶対に穿かない自信があるパンツを
3本捨てたりする。
このように書くと順当に衣料は減っていく気がするのだが、そう上手くはいかんものだ。



混沌としている衣裳部屋に、半ズボンはない。
いや、探せばあるのかも知れないが探す気がまったくないし
そもそも穿く気もない。

小学生のころに
「半ズボンはこどものズボン、長ズボンはおとなのズボン」と線引きして以来
ずっとそれが変わらないからだ。

ショートパンツとかナントカとか、呼び名を変えても半ズボン。
これからも穿くことはない。

そもそも穿こうとしたら、こんがり日焼けするところから始めないと
無様だし、そんな手間が億劫だ。


半ズボン、涼しいだろうなあ・・・。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


調査  




GITANESのシェア率調査を見てみたいが、結果はわかっている。
それとは無関係に・・・。


参院選の投票に、朝食前に行ってきた。
投票所まで徒歩5分をなめていた。もうすでに強い日差しで
着ていたシャツが汗ばんだ。


投票所はガラガラ。多分時間帯が早かったのだろう。

きっちり(誤読のないように)書いて間違いなく投票箱に入れた。



さて、会場出口あたりに佇んでいるスーツ姿の女性は
おそらく出口調査の人だろう。
投票が済んで建物から出て、そしてちょっと遠回りして
敷地から脱出した。
出口調査に答えるのが面倒だからだ。

面倒なのに、断るのがなんだか可哀想な気がしてしまう。
あっちも仕事なんだから、と考えるのだ。
でも、本当のことは言う訳にもいかんし、ウソを言うのもおかしい。
「答えません」と答えるのも申し訳ない。
だから、出会わないように遠回りする。



以前国政の投票に行ったときには
スーツ姿の女性が駆け寄ってきて
「朝日新聞になるんですが・・・」といきなり話しかけられた。

おそらく「朝日新聞の出口調査担当の者です」と言いたかったのだろう。

でも口から発せられたのは「朝日新聞になるんですが・・・」だった。
「おはようございます」でもなく「すんません」でもなく。

「朝日新聞になるんですが・・・」

「なったらええやんけ。(朝日新聞になるなら、なればいいではありませんか)」
と思わず答えてしまった。
尋ね方も悪いが、こっちの答え方も悪い。

だから今回は、そもそも声を掛けられないよう
遠回りしたのだ。



ごめんね。

今回はどこの人か知らんが、多分出口調査の人。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANES嗜好者のころは短感を書くため
マメにネタ探しをしたものだ。
それとは無関係に・・・。


○都知事選
都民ではないので関心も薄いのだが、結構混沌としてきたのか?
あの人があそこから出ているのに、あの人があそこから出たり
またあの人が出てきたり、それなのに出そうなあの人がまだ
出馬表明していなかったり。
それにしても、「野党統一候補なら出てもいい」ってなあ・・・。


○タイガース順位低迷
どういう訳か、
それでも昨年よりも面白いと感じるのは少数派なんだろうか?


○テロ頻発
やはりこういう状況下で「海外に行こう」という
淡い思いは確実に萎える。それも目的の一つなんだろうか。


○梅雨
西と東で降雨の差が激しい模様。
そう言えば先週1週間は雨が降らなかった。
それでも梅雨なのか。
誰かが「梅雨じゃない」と宣言しないと梅雨は終わらないのだなあ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESはTシャツの胸ポケットに収まらない。
それとは無関係に・・・。

ヘンリーだ、ボートネックだと前回書いたが、
ところで無地のTシャツって、どんな感じなんだろうと
有名(紳士専門)ファッションビルへ行って物色してきた。


まず、気になっていた(価格も事前に調べていた)某ブランドの
3パックTシャツ。
何気なく手に取り、サイズがXSばかりだったので
がっかりどころか少し安心していたところ、店員さんが近づいてきて
「店頭に出しているものがXSばかりですが、サイズはすべて取り揃えております」
とのこと。
ちなみにこのTシャツは3枚入りで27000円。
一枚当たり9000円。背中にワンポイントの目印はあるが
それ以外は無地Tシャツ。
3パックでその値段と書いてしまったら、「某」なんて無意味だろう。
PRADAだ。


他を見てみる。

某ブランド。よく見ないとわからないワンポイントつき
17000円(一枚)。


その隣のブランド、18000円。


その隣 18000円。

上階に移動して、某ブランド19000円。


大体そのぐらいの価格帯が多かった。たまたま横並びなんだろう。

これらを某 としているのは、どのブランドがどの価格だったのか
忘れてしまったからだ。他意はない。
ニールバレット、バレンシアガ、トムフォード、BOSS、アレキサンダーマックイーンなど見て回る。
「無地Tはありません」というブランドや、好みではない生地のTシャツしか置いていないブランドもあった。

某ブランドでは
「昨日入荷したばかりでまだ店頭に置いてませんが、よければ持ってきます」と
バックヤードから持ってきてくれた、白無地と黒無地のクルーネックTシャツ。
これがなかなかいい感じだった。
ただし、価格が一枚38000円以上だった。衝動的に買える価格帯ではない。



結局、PRADAの3パックTを買おうかどうしようかと
考えながら歩いていると、いつの間にか店外に出てしまっていた。
心の奥底の経済的リミッターがなんとか機能したんだろう。





無地のTシャツばかりみていたので、目の保養にもならなかった。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





GITANESは冷静に考えるとそう旨くはない。
それとは無関係に・・・。

急に暑くなった。

休日だから洗車でもしようかと思っていたが
どう考えても無理だ。
さて、どう過ごそうか。

ひるめしも一人で食べることになったし、
何か簡単なものを作ることさえ面倒なので
コンビニへ行くことに。こういうとき、本当にコンビニは
文字通りコンビニだ。


ヘンリーのTシャツを着て、免許証とケータイだけ持って
コンビニまで原チャリで走る。


これが意外に快適だった。

普段あまりTシャツ姿で出歩くこともないし
原チャリに乗る際はほぼTシャツ一枚ということはない。

だからか、Tシャツで乗る原チャリはなかなか快適だ。
特に木陰が続く細い道は。


で、少々広い道に出て木陰もなくなり、おまけに信号待ちで
停車したときは、蒸しタオルのような空気が体にまとわりつき
快適とは程遠くなった。

ということで、平均すると
「快適と言っても、それほどでもない」という結論に至った。



ヘンリーネックのTシャツは好きなほうで、ずっと常備しているが
そろそろ一枚新調しないとかなり草臥れてきた。

某ブランドのヘンリーが好きだったが、首のデザインが微妙に
変わってから買うのをやめ、それから新たに購入していない。

この夏はボートネックで乗り切って、その間に新たなヘンリーネックTを
探そう。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


短報  




GITANESって今いくらするの?
それとは無関係に・・・。

○いくつかの店舗と関わっていると
 「●●さんが辞めます」
 「○○君が退職するそうです」
 「××が辞めたいって。」
 なんて報告が年がら年中入ってくる。
 まあそれぞれの人生だ。いいんじゃないか。
 思いとどまるように説得することなど余程のときだけだ。
 行く人がいて、来る人がいる。
 その方が自然だ。


○玄関先と裏庭にローズマリーを大量に植えている。
 当然花が咲くことを期待してのことだ。
 ところがこれがほとんど咲かない。
 花が咲かない大量のローズマリーは、単にくねくね曲がった茎と細い葉が
 やきそばのように絡み合った得体の知れない群れだ。
 これで鶏肉を焼いたらそれなりに美味いが、そんなものではまったく減ることもない。
 どうするんだ、このローズマリーの
 花のないやつ。


○そこそこの大人になったら
 それなりに見えるそれなりの時計を買うべし。
 直接誰かに言われたこともあるような気がするし
 いろんなところで語られたり書かれたりすることだ。
 気がつけば、もう私はそこそこの大人という域を超えてしまっている。
 そしていまだに手許には、それなりに見える腕時計などない。
 でも、腕時計を身につけることでそれなりに見えるってのは
 腕時計がそう見えているだけなんじゃないのか?というシンプルな疑問に
 いつも行き着く。
 というと、身につけるものはすべてそうだ。
 おお、自分の職業をほぼ否定的に捉えることになるなあ。


○付箋
 付箋にちょっと書いて、用が済んだらすぐ捨てる。
 それが付箋の役割だし、情報整理のコツだろうけど
 付箋を捨てるのって、すごくもったいない気がするのは
 私だけだろうか。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


doya  




GITANES嗜好者のころは、PCのモニタがえらいことになっていた。
それとは無関係に・・・。

一日に何十回もフリーズする私の仕事用PC。
このままでは、私はリセットボタンを押すために会社へ通っているようなものだ。

とりあえず、いつもメルマガを寄越す某メーカーのサイトを見る。
会員になっている人はこちら   というから、そっちへ行き
メールアドレスを入力するものの
「そんなアドレスは知らん」的な表示が出る。何度も何度も。

諦めて質問フォームへ
「宣伝メールをいつも貰っているから会員になっているはずなのに
弾かれる。どうしてでしょう?」と送ってみた。
会員価格が魅力的なのだ。



数時間後、見慣れぬ番号から着電。

そこの営業オペレーターだった。
彼はかなり自分のペースでぐいぐい来る。

営「例えばどれが気になる商品ですか?」
私「(いやいや、会員登録のことを知りたいんだけど)例えばA という商品が・・・。」
営「おお、あれはもう廃盤間近で処分する商品ですね。あっちの最新商品はどうですか、
  私結構その商品については値引きの権限持ってますので・・・」
私「(いやいや、会員登録の・・・)え、そうなんですか?」
営「はいそうなんです。アレは要りますか?アレは付けますか?アレは要りませんよね?」
私「(いやいや、会員登録の・・・)そうですね、あれは要りますね」
営「はい、ではホームページ上では○○円になってますが・・・。はい、●●円でいかがでしょう?」
私「(いやいや、会員登録の・・・)え!あ、じゃあそれで。」
営「ありがとうございます。ではメールでお見積もりを送ります。その後の手続きもメールで。」
私「はい、よろしく。」

結局、会員価格なんて関係ないぜ!おりゃ、どうだ!
という人物だった。

そうだ、安くなるなら会員登録があろうがなかろうがまったく気にならない。



なんだか、不思議な買い物をした。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


短報  




GITANESが短いこととは関係ない。
それとも無関係に・・・。


○ジロ

ほとんど接客はしないが、洋服屋の店頭に立つことがある。
そのときに来店されたお客様に「ジロッ」と一瞬で全身を
チェックされることがある。
これは今のところよい材料として捉えている。
少なくともそのお客にとっては「一顧だにする価値もなさそうな奴(いでたち)」
ではない ということだからだ。



○選挙

日ごろ偉そうな態度をとる秘書の人も、選挙少し前から非常に
声も大きく明るく丁寧になる。
でもなあ、
「あのね、こっちも忙しいんだから用件だけ言って。」と電話で言われたことは
忘れられるものではない。
別に望んで頼みごとをしたんじゃないんだから。
おせっかいな人に繋がれただけ。

『あなた方の力なんぞ借りなくても別にまったく問題ないので。じゃあお邪魔でしょうから
電話切るよ。』と言って切ってから1時間後に関係者からお詫び電話が3回ほど入りました。
いい人ですね。




ブーゲンビリアはブーゲンビレア というのか。
それを植えた。
今のところどんどん蔓を伸ばしている。
植えて初めて知ったのだが、すごい棘だなあ。
いつか刺さるだろうという、変な自信がある。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESの復活はまだだが。
それとは無関係に・・・。


久しぶりに短感を再開させてみようかと思いまして。


○英国国民投票・EU離脱について

どれだけの人が、どれぐらい考えた末の投票になったのか
もちろんわからないんだが、結果を後悔している人も少なからずいる
という報道がある。結果を後悔するということは
「離脱にYESと投票したが、この結果を受けて後悔している」ということだろう。


「自分は離脱に投票したが、全体としては残留の結果が出るだろうなあ」
「どうせ残留だろ?じゃあちょっと離脱に投票してみようか」
という人もいくらかはいただろう。


昔銭湯通いしていた時期は、
「まさかこんな時間帯に混んでいるわけないだろう。」と、
テレビの超人気番組が流れている時間帯などを狙って銭湯に行くと
意外に同じ考えの人が多くて超満員だった
という事態を何度か体験したが、ちょうどそれと似た現象か?
いや、違う。わかってます。



○鳩山元首相、AIIB顧問就任へ。

ほんとに、中国って色々深い思惑があって
いろんな工作をしているんだろうか?  って思う一端。
AIIBに忠告申し上げるが、
彼が「腹案はある」という場合、「あ、ちょっと思いついた」程度のことなので
気にしないように。



○ 元AのO出版局長、慣れない仕事に疲れ気味

そりゃあそれだけシフトに入ってれば飽きるだろう。



○ 私の仕事場パソコン、一日に30回のフリーズ。

やる気がないのなら、せめて煙を噴き上げるとか
分かりやすい兆候を見せてくれ。


○ タイガース、順位がどんどん下降

でも、何か面白い。どうしてだろうか?






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANES攻撃をお見舞いしたい。
それとは無関係に・・・。


また始まる選挙(参院選)。
選挙はぜひ必要なことだから、それにとやかく言うことはないんだが
「うるさい」「邪魔」な状態だけは何とかならんもんか といつも思う。

道路の渋滞などまったく関知せず「事務所開き」する。
いや、おそらく交通量が多い方がいいんだろうから、わざわざ渋滞が起きるような
立地・時間帯で事務所開きするんだろう。

寝ていても、病人がいても、電話中でもお構いなく
大音量を撒き散らす選挙カーがまもなく攻撃を開始するのだろう。


せめてこういう習慣から脱却できないものかと思う。


まあ、立会演説はあってもいいだろう。
嫌なら聞かなければいいし(自宅の前でやられるとキツイが)。


10年近く前の衆院選では
勝手に会社の敷地内に入って演説し始めた候補者が2人いた。
彼らはライバル関係だった。

Aは「ここは私有地ですので、申し訳ないですが場所を移してください」と申し入れたら
「申し訳ないです。」と、すぐに場所を移した。

Bは、「ここは私有地ですので、申し訳ないですが場所を移してください」と申し入れたら
「はいはい」と言いながらそれからもまだたっぷり演説をぶってから満足気に立ち去った。


その選挙ではAは落選し、Bが当選した。

Bぐらいの厚かましさが要るのかも知れない。





そういえば、Bは会員制の某店舗に来店し、
「恐れ入りますが、まず会員登録を・・・」と告げると
「私が誰か知らないのか?!」とカウンターの従業員を恫喝した。



でも、名前入りタスキをかけて活動しているときはすごーく低姿勢。

よかったね、SNSが未発達な時代の出来事で。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ