the other side of SmokyGitanesCafe
それとは無関係に・・・。
 






GITANESで煙に巻いてしまえ。
それとは無関係に・・・。


某金融機関の営業マンの(おそらく)怠慢によって
ちょっと迷惑をかけられた。
知人によると「そんなもん、ちょっとどころじゃない!」と言うが
営業マン曰く『代案もなく、どうしようもありません・・・』
とのことなので、どうしようもないことに対して
いつまでも感情を留め置くことは無駄だし、私の中では終わったことだ。

それなのに、その営業マンと上司の人が夜
自宅を訪ねてきたらしい。二度。

二度とも私は自転車にのって徘徊していたので会えなかったが
翌日仕事場までやってきた。

この上ない謝罪の嵐である。

謝らなければならない人はもちろん辛いだろうけど
謝られる方もなかなかキツイものだ。そもそも面倒くさいし、
どうにもしようがないことなんだから。


聞けばその担当さんは30歳手前とのこと。
まあ気の毒なほど凹んでいた。
上司の人も平謝りだし、なんとも他の次元へ昇華できそうもない雰囲気だった。


私「しかし元気ないなあ、あんた。」
営業マン「はあ・・・なんとも申し訳なく・・・」
上司「昨日からこんな感じでして・・・」
私「そうか、まあお互いええ勉強になったちゅうことで、
  あとはしっかり上司さんに叱られなさいな。」

ということで散会した。

頑張れ営業マン。
あなたの職場の、他の大勢よりあなたは結構マシよ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESを私が吸い始めたとき、彼はまだ高校生だったはず。
それとは無関係に・・・。

ダニエルクレイグが実は年下だった
と知ったこの衝撃・・・。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESを吸いながら書斎にこもるという夢はまだ叶っていない。
それとは無関係に・・・。

あの運送屋さんの大変な状況については、自分にもかなりの責任が
あるんじゃなかろうか と思うほどの頻度で、あの運送屋さんが
アマゾンからの荷物を届けてくれる。

気になる本があったら買う。それだけのことだが
書斎に積まれた未読本は、多分数か月一冊も本を買わなくても過ごせるぐらい
あるのに、それでも買うもんだから大変なことになる。
結局は読みつくすのだろうけど、いつになるんだろうか。


「どうして本を読まなければならないのか?」との疑問を子供や
若い人が抱くという。
疑問の前提がそもそも間違っているような気もする。
「本を読まなければいけない」なんてことはないからだ。

しかし、「読んだ方がいい」ような気はする。

これから先、子供たちや若い人たちは
仕事でもなんでも、いろんな人を色々な形で説得し続けることになる。
相手は親かもしれないし、先輩や先生、友達、上司、部下、
取引先かもしれないし、恋人かもしれん。

自分がしたいことを通そうとするなら、誰かを説得することから
なかなか逃れられないし、
自分の思いを伝えなければ何も始まらない という状況にも遭遇するだろう。


その時に、「何が何でもそうしたいの!」だけでは、多分誰も理解してくれまい。

今自分が何を考えているのか、どういう気持ちなのか
相手に何を伝えたいのか という、自分の中にしかないものを
それにもっとも(限りなく)近い表現をしなければいけない。
そのためには多くの語彙があった方がいいし、表現方法も豊富な方が
「よりぴったりな表し方」ができるだろう。

そんなものが降ってわいてくるなら、それでOKだ。


待っていてもそんなものはやって来ないなら
暇つぶしがてら、本を読んでいればいい。

知らぬ間に色々な言葉が降ってわいてくるようになる。


さて、大人になって「本を読んでおけばよかった・・・」とちょっと後悔してる人、
「どうして本など読まなければいけないのだ?!」と未だに感じている人、

もう、ええやんか。




コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )






GITANESが美味いという人は、ほぼほぼいない。
それとはほぼほぼ無関係に・・・。


●私は何を隠そう50歳になったのだが(もうすぐもう一つ歳を重ねるが)
右手中指の、人差し指と接している部分がこのところ
ひんやり感じることが頻繁にあって「あれ?」と確認するも
別に濡れている訳でもないし、なんだかわからない という状況が
続いているのが、目下最大の関心事である。50歳なのにこの些末な
ことに囚われる小人物感。

●ほぼほぼ  って流行っているのか?
ほぼ よりも  もっと 手前 ということなのか?
そればっかり言ってる人は、ちょっとバカっぽいのでやめるように。

●初めて行った洋食屋で「ライスは中と小を選べます」
と言われ、中を注文したらどう見ても大が来て
小を頼んだ隣の人の小メシが中サイズだったときの、
喜びと後悔が食をさらに進ませるので、結局 中でちょうどよかった。

●ある講習のレポート提出を指示したら、
本当に小学生程度のレポートが某から出された。
同い年なのに。50歳なのに。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESさえあればすべて解決できるのに。
それとは無関係に・・・。


年末に亡くなった兄の奥さん(つまり義姉)から電話があった。
長男(つまり甥)がどうも転職を考えているらしいが、アドバイスをする
人間がいないので、話を聞くだけでも聞いてやってくれないか?
とのことだった。

もっと立派な人が周囲にいくらでもいる環境なのにと思うが、
そりゃあ身内からの話だから、聞くだけならなんぼでも聞く。


今の仕事は本人の第一志望の会社で、大概でかい会社だから
条件面では色々恵まれているのだろうが、それでも不満はあるんだろう。

まだ20代。おそらく今抱いている不満は
会社が変わってもそれほど解消できないと思うのだが
当事者としては大変だろう。
連絡が入り次第、対話することになる。


私は重要なことも重要でないことも、身内にも他人様にも相談してこなかった。
だから失敗もあったが、反対されてもどうせ言うことなんか聞かないから
「相談するだけ無駄だろう」という確固たる信念があったのだ。
親に相談しても予想通りの答えしか返ってこないし、兄や姉については
そもそも会話らしい会話もないんだから、相談なんて問題外だった。
オジやオバも疎遠だし、面白そうな身内はふざけた答えしか返ってこないし
堅実そうな身内からは予想通りの回答だろうし。

身近な他人で相談できるような人もいなかった。
というより、多分要らなかったのだろう。

それでもしウロウロ彷徨うようなことがあってもそれは
自己責任・というより「失敗しても己だけは恨まないだろうから、気がラク」なのだ。

ま、聞き手なら務まるか。


最近導入したお掃除ロボットは、タイマーによって早朝勝手に働いているらしい。
しばしば私の書斎に侵入して床掃除しようとして、あまりの乱雑さに書斎の中で
遭難して(何かにひっかかって動けない)そのままバッテリーが切れて遭難するのだ。
そりゃあ部屋の主の私ですら掃除を断念するほどの乱雑さなのだから
新参者にできる訳がないのである。


何かしらのセンサーで、何かしらの考えをもって床掃除するのだろうけど
やっぱり自分だけで判断していくとそうやって「遭難」してしまうのかも知れない。

でも、掃除機に
「ここをこんな感じに掃除していこうと思うが、どう?」なんて
相談されても困るだけだ。
というより、そんな機械は買わない。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


小石  





GITANESを街でまったくみかけなくなって久しい。
それとは無関係に・・・。


手首を曲げるたびに、腕時計の竜頭が手の甲に食い込んで
気になる。
もちろんそんなに痛い訳ではないが、食い込む。イライラはする。
おそらく時計の位置が悪いのだろう。
もっと腕の上部で巻けばいいのだろう。巻き方が悪い。
でも、直そうとしないのは性格なのだ。



例えばウォーキングしているときスニーカーの中に小さい石粒が
紛れ込んでいたら、もちろん私も人並みに気になる。
ああ、これは多分石だろう。この石がなかったらさぞ快適だろうなあ。
と思うが、じゃあ即座に停止してスニーカーを一旦脱いで石を取り除くか
と言うと、いやそんなに迅速ではない。

すぐにやればいいのに、やらない。これは性格だ。
どうしてだ?と悩むこともない。性格だからだ。


書斎の片づけをまったくやっておらず、電気を点けない状態では
必ず何かしらを踏んずけてしまう という状態でも
「じゃあ、気をつけて歩こう」と考えてしまう。性格だ。


そしてある日突然そういうのがまったく許せなくなって
発作的徹底的に整理する。これも性格だ。


でもその整理整頓は、けっこう詰めが甘い。
それも性格だ。



性格だ  という診断は
とても便利だ。

便利なものが好きな、性格だ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESを吸えないバス旅行なんて。
それとは無関係に・・・。


会社の某無人施設がある地区の自治会から連絡があり
「2年に一度の親睦旅行があるからどなたかよかったら
参加してください」
と言われ、会社では担当が私だから私のところへ話が回ってきたが、

温泉に興味なくバス旅行が嫌いで、そもそも親睦を深める気がまったくないから
断るしかないのだが、断るという行為がなんとも申し訳ない気がするのが
どうも口惜し寂しいのはなぜなんだろうか。

ひょっとして自分は、とても気遣い症で神経が細やかなんじゃないだろうか。
なかなか人間味溢れるナイスガイ?

と一瞬思った後、すっぱり断った。
だって行きたくないんですもの。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESの煙がまっすぐ上がり、桜の花とぶつかった。
それとは無関係に・・・。

さくらのシーズンだ。

自宅庭に桜を植えようかどうしようか と思案したこともあったが
植木屋さんに
「近くに神社があるんだから、眺めるならそれで済ませた方がいいよ。
なんといっても毛虫だらけで呆れることになるから。」
と制止された。
それでも、それほど影響のない個所へ植えときゃよかったかな
と思わないでもない。
それほどサクラには特別感がある。


私が勤める会社の店舗では、新人(でもないけどキャリアの浅い人)が
ラッピングの練習をしていた。
空箱を新聞紙で包む練習だ。本人はなかなか思う通りに行かず
イライラしているようだが、まあ焦ることはない。


28年前の今日は私の初出勤(社会人デビュー)だった。
ラッピングの練習やったっけ?と考えたが、そういえばやってないなあ。
だから未だにまったくできない。
あの頃は掃除と商品整理、先輩・上司の缶コーヒーやパン、ハンバーガーを買いに走る
なんてことばかりやっていた。

掃除や商品整理はともかく、他人の缶コーヒーを買いに行くことが
何の役になっているのか考えるが、思いつかない。

「自分の買い物は自分で行こう。」と考える人間には
なった。
あ、それも良い効果のひとつか。



春だ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANES嗜好者ど真ん中のころだったなあ。
それとは無関係に・・・。


そろそろ始まるお花見シーズン。

会社勤めが長いにも関わらず、まだ「正しい花見」に参加したことがない。
正しい花見というのは、

会社関係で、
新人が無駄に早くから場所取りをして、
ブルーシートやレジャーシートに車座で座り
飲んだり食べたりして
ネクタイを頭に巻く

というスタイルの花見を指し、それを私が
決して正しいと思っている訳ではないので誤解しないように。



20年ほど前に一度だけ、そういう機会に遭遇しそうにはなった。

どうしてもやりたい とある部長が言い出し(よく登場する、クビになった人物)
バタバタと決まった花見だった。
近くのお城で夜7時過ぎからやるという。寒いのに。

結局その人は「他人のカネで酒が飲めさえすればいい」のだが
「花見」とかそういう名目がなければなかなか会社持ちにできないから
言い出したのだろう。

酒は飲まないし、参加する部署20人以上がそれほど喜んでいないし
寒いだろうし、そもそも部長嫌いだし といういろんな要素が重なった。
でも「花見に参加しない」と表明するのは、他の「本音では参加したくない」
という人々に対して申し訳ない。
結局「じゃあ、その日お休みにすればいいんだ!」と名案を思いつき
実行した。
と言っても、「なんで休みなんですか?」と問われ
「花見に行きたくないからね」と答えてしまったが。

結局一人除き全員が震えながら冷たい缶ビールを飲みながら
嬉しそうにくだらない冗談を言う部長を眺めていたようだ。



翌年も同時期に「今年もやろうぜ!」と部長が言い出したらしいが
「一人でやったら全員幸せになるのにね。」という世論を耳にしたようで
結局うやむやになった。


その後も正調・花見の経験はない。そして今後もないだろう。
愉快。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESが怒りで折れる日もあった。
それとは無関係に・・・。

忖度したのではないか、忖度があったのではないか?!

と大問題になっている忖度問題。

忖度が罪になるとは思わなかった。
そりゃあ、忖度し過ぎたり勝手なレベルまで斟酌すると
問題にもなろうが、それ自体が悪ということになったら
一切の気働きができなくなる。
まあ、その方がみんな気楽なんだろうけど。

陳情も、どういう訳か悪の象徴みたいに取り沙汰されているようだ。

前にも書いたことがあるが、
一度仕事に絡んで陳情というか口利き依頼をしたことがあった。
相手は国会議員の地元秘書で、当方が困っていることについて
ある人物がサッとその秘書に繋いでくれたものだった。

その秘書から事務所に電話が入り、
私「はじめまして。どうもこのたびはお手数をおかけして・・・」
と挨拶をしかけたら

秘書「そういう前置きとかあいさつは要らんのよ。こっちはちょっと忙しいんだから。」
と言われた。

こういう局面では人一倍切り替わりの早い私。
私「あ、そう。じゃあ要らん。何の世話も要らん。元々自力でやるべきだった。忙しいんでしょ。まあ頑張ってください。」
秘書「いやいや、ちょっとそういう訳では・・・」
私「いや、要らんとなったら要らんのです。わざわざ電話までくれて申し訳ないが、
  なかったことにしてください。ありがとうございました。」


で、まったく違う民間ルートでまともにお願いしたら、あっさり話しがまとまった。
私「これこれこういう感じで国会議員秘書Mに言われまして、難儀してます。」
先方「そりゃ大変でしたね。その秘書はアホやね。先生にばれたら怒られるよ。
   よっしゃ、その仕事の件はお任せください!」という民間パワーだった。

後でまたその秘書から電話が入ったり、事情を聴きたいと関係する会社の人が
何人かで押しかけてきたりしたが、


ああ、まどろっこしい。全部すっきり書いたらわかりやすい話なのになあ。



ということで、最近は陳情もあかんのか?







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANES嗜好のころよりポケットの膨らみがなくなり
何よりだ。
それとは無関係に・・・。

そろそろ各企業には新人(フレッシャー)が働き始めるシーズンだ。
私が勤める洋服屋にもそういう境遇の人から「どんな格好で会社に行けばいい?」
という類の相談が寄せられることもしばしばある。
それはその会社に直接尋ねるのが手っ取り早いし確実な情報を得られるのだが
まあいろいろ事情があるのだろう。

全て個人の考えだが、そういう業界に30年近くいる人間(私だけど)
からのアドバイスを授けよう。結構まじめな内容なので真に受けてもいいし
でも個人的な考えだからどう捉えるかは自己責任ね。

●スーツ
週に5,6日スーツで仕事するなら、最初から3着揃えること。
え、いきなり「そんな金ない」?
卒業旅行なんかのレベルを落とせばよかったね。

同じスーツを2日連続して着ないこと。だから3着必要。
これを守るとスーツの寿命は確実に延びるし、「あいつは結構お洒落かも」という
好意的なレッテルを貼ってもらえる場合がある。

色は、何はなくとも「濃紺無地」が1着要る。
これは無難だからではない。もっともドレッシーでもっともかっこいいからだ。
あとはチャコールグレーとミディアムグレーか、紺をもう一着でいい。

最低条件は「サイズが合っている」こと。ズボンがきれいに「プレスされている」ように
見えること。
ズボンはパンツハンガーで「逆さに吊るして2日休ませ」れば、シワが少なくなり
折り目も復元しやすい。

上着前釦のいちばん下は留めない。


●シャツ
週に5,6日シャツを着るなら、5,6枚を用意すること。
ここで「どんなシャツを揃えたらいい?」と尋ねる人がいるが、
「いろんな色柄を揃えなければ」と思い込むことこそが誤解。
全部白でいいじゃないか。
「いや、海外では白シャツは特別な日しか着ないらしいから」という情報もあるが
それはその国に行くときに心配しなさい。
日本では基本は白シャツ。そして、何より白シャツはかっこいい。
ちょっと慣れてきたらストライプなどに手を伸ばせばいい。
会社で許されるなら、淡いブルー系のシャツは便利ではある。
カラーは、ネクタイの結び目を自由自在に(大きさや形)できるまでは
レギュラーカラーが便利。まあ、何度も結び直す前提でワイドスプレッドでもいいが。
ボタンダウンシャツにネクタイで「成功している」人をあまり見たことがないので
確固とした信念と意図を持っていないなら止めた方がいい。
また、襟に太い太いステッチが入ったシャツにネクタイを巻くのは
クソダサいのでやめなさい(※個人の感想です)。

●ネクタイ
とりあえず無地。5本あればいい。
ネイビー、ライトグレー、ブルー、ワインなど。
もちろんストライプもいい。小紋もいい。あ、何でもいい。
だって、無地ネイビースーツに白シャツなんだから、そんなに失敗はない。

●ベルト
シンプルなもの。革の黒と茶があればいい。
穴が5個ほど空いているだろうから、その真ん中を使うべし。


●靴
黒内羽根ストレートチップは一足要るだろう。礼装にも使うから。
あとは濃いブラウン。こっちもヒモがいいが、モンクストラップでもいい。

●靴下
固く考えすぎないように。
でも、白ソックスはダメ。ダサいから。
ショートソックスもダメ。ノーソックスは論外。
多色使いも失敗しやすい。あれもダメこれもダメ。
はい、黒や濃紺、ダークグレーの長いヤツがいいです。


●腕時計
新人と言っても飛び込み営業や得意先訪問はあるだろう。
そのときに携帯電話をおもむろに取り出して時間を確認する勇気があればいいのだが、
「その行為は、実は勇気が要ることなのだ」と早期に気づくといいね。
ということで腕時計は、あったほうがいい。
革のベルトがドレッシーだが、金属バンドでも問題はないだろう。
Gショックなんかを腕に巻いていたばっかりに商談の席で大問題になった なんて
話しは聞いたことがないから、それほど心配する必要はないと思うのだが
問題は貴方の上司がどんな人か による。そっちの方がうるさいだろう。
でも、多分新人さんの飛び込み営業マンが200万円ぐらいの腕時計を巻いていたら
ごっつい腹立つからやめるように。それに、セールスの泣き落とし作戦が効きません。


●カバン
リュックでなければなんでもいい。リュックを持つぐらいならランドセルの方がいい。

これで、腕時計を除いて
探せば大体30万円弱ぐらいで揃うだろう。

もちろんこれで全て足りた訳ではない。
名刺入れ 手帳  ペンも必須だし
礼服と黒ネクタイも用意しておくべき。
数か月後にはコートも要る。


デビューって、金がかかるなあ。
頑張れ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESパッケージが雨に濡れたら悲惨。
それとは無関係に・・・。


ミンティアの、
小さい取り出し口の、
角が最近尖っていて

チクチクして痛いんじゃ!





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






GITANESは春になると味が落ちる(※個人の感想です)。
それとは無関係に・・・。


春ですな。

春になると、重いコートを着る訳にはいかないし
軽くてももちろん防寒具を着こむ訳にはいかない。
そうする訳にはいかない職業に就いているからだ。

いやもう、寒さを我慢している感覚はなくて
充分温かいので助かる。夜の帰宅時は少々冷えるが
それもクルマのヒーターが効き始めたら解決することだ。


シャツ好きな私としては、春は待望のシーズンでもある。
これに今ならホップサックのジャケットを着るか、もうちょっと
カレンダーが進んでくると、もう麻のジャケットを着てもおかしくなくなる。


春ですな。

長ーい行列に並んで食パンを買おうとしている人たち。
調子はどうですか?

おいしいよね、その食パン。

でも、食パンの味よ?







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





GITANES休憩さえあれば、なんてことない時間。
それとは無関係に・・・。

故あって確定申告。
税務署で2時間並び、作成・入力に30分以上。

いやあしかし、会場の係の人はみな親切なのに対し、
申告に来ている人の中には、かなりのわがままや無理を言っている
奴もいた。

「何にもやりたくないから(書くことも入力することも)やってくれ。」
「老眼鏡ないから、何にもやる気にならん。」
「源泉徴収票?家に置いてきた。えっ?できないってどういうことだ?!」

などなど。

大変な苦労だなあ。お察しします。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


  




GITANES嗜好を強要されたら、それはそれは苦痛だろう。
それとは無関係に・・・。


あれを歌えと強制されて
その歌が好きになるんだろうか?
国歌でも社歌でもなんでも。

私なら、まず嫌いになるだろうなあ。

いや、ふと思っただけであります。はい。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ