南部吟遊詩人の写真館

「南部」は岩手県の旧地名。盛岡に住む自称・吟遊詩人の私が、自分で撮った写真で詩情を語ります。

山口といふ景色

2011年10月22日 21時49分43秒 | 遠野小景

遠野の里の東のはじは「山口」という土地です。

ここでは、ある有名な人物の生家(「せいか」・生まれた家のこと)があります。

↑↑↑これでピンと来た人はすごい!


佐々木喜善(『遠野物語』の語り手)の生家です。
「聖地」ってのが笑える(爆)ホントかいな……。


ちなみに、ここ山口には「デンデラ野」というのがあります。

いわゆる「姨捨山」(「おばすてやま」または「うばすてやま」とも。)です。

こんな何もない平地に昔は老人が捨てられていたなんて…
しかし、長野県なんかの「姨捨山」はホントに山の中に捨てて、後は野となれ山となれで、全く世話もしない、完全放置の世界だったから、それに比べれば、マシと言えばマシかもしれないが…。

この平地の中、土を掘ったら、ガイコツとかでるのか知らん。


デンデラ野からみる景色は物悲しく映ります。


次にご紹介するのは、「ダンノハナ」

おそらく漢字で書くと「壇の鼻」。
壇=首切りのための土を盛った場所。
鼻=山肌の斜面の地形 
そんな感じであろうと思われます。

少し、山道を行くと、

こんな感じの、山の斜面に造られた共同墓地に出ます。
斜面の上からは、先ほどの「佐々木家生家」も見えます。

例の佐々木喜善氏のお墓も、ここにあります。(南無阿弥陀仏……)(合掌)





それと、もうひとつ、

ここには水車もあります。

往年の形を残しているのでしょう。

中はまだ、動いています。

いまでも、お仕事ができそうです。

水車小屋の中には、「とうみ」や「千歯こき」などの昔の農機具が…。



この水車小屋の先に行くと、アスファルトが途切れ、山道になり、どこにも通じていません。
いわば、ここ「山口」は本当のどんづまり。

遠野の奥座敷とも言える場所でしょう。


今回はうまく写真で表現しきれない部分もあり、その雰囲気が伝えきれていないのがもどかしいですが、
ここ山口は農村部の風景が色濃く残る、なんだか空気の濃密な場所です。

そんなわけで、このページは未完です。後でもう少しいい写真をもっと加えたいと思います。

↓↓↓この写真のあたり↓↓↓

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな紅葉 ~2011の秋が暮... | トップ | 天女の機織り伝説~光明寺の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。