南部吟遊詩人の写真館

「南部」は岩手県の旧地名。盛岡に住む自称・吟遊詩人の私が、自分で撮った写真で詩情を語ります。

春といえばこの風景。

2017年03月07日 03時43分35秒 | 岩手山

ふるさと  室生犀星

雪あたたかくとけにけり
しとしとしとと融けゆけり
ひとりつつしみふかく
やはらかく
木の芽に息をふきかけり
もえよ
木の芽のうすみどり
もえよ
木の芽のうすみどり


【撮影日:2017/3/5】

引用元HP「春夏秋冬・四季の詩~有名詩人のおすすめ作品集~(本当にありがとうございました!)
  ↑超、いいサイト。

この小岩井一本桜も開花時期のGWには人がすんごい押し寄せます。それこそ全国区になっちまった。風景撮りに来てんだか、人撮りに来てんだかわかんなくなるくらい。まあ、人撮ってる人いないんだけど(笑)。みんながみんなここの前に群れまくってすんごい人口密度になるんだからたまんないよね。こういういい景色って人のいないところだから一層にいいんだけど…複雑な気分になってしまう…。まあ、その人だかりの一人に私もなるのですが…。かなり早朝から行かないと、場所は取れないなあ…、あ、はしごも持って行かなきゃ。←おい







『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抜けるようなコバルトブルー... | トップ | 春の岩手山2017(もうすぐ春... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

岩手山」カテゴリの最新記事